プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

一般社団法人SLUSH ASIA

Slush Tokyo 2017 にカルロス・ゴーン氏が登壇決定!

(PR TIMES) 2017年03月23日(木)11時33分配信 PR TIMES

ルノー・日産アライアンス会長兼CEOのカルロス・ゴーン氏が『自動車の先端技術がつくる新しい時代』をテーマに登壇することを決定しました。

Slush Tokyoは、3月29日、30日(水・木)に東京ビッグサイト(〒135-0063 東京都江東区有明3丁目11−1)で『Slush Tokyo 2017』を開催し、ルノー・日産アライアンス会長兼CEOのカルロス・ゴーン氏が『自動車の先端技術がつくる新しい時代』をテーマに登壇することを決定しました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/13477/9/resize/d13477-9-969716-2.jpg ]


ゴーン氏はイベント2日目の3月30日10時より、メインステージでオープニングトークを飾ります。

ゴーン氏は日産自動車株式会社とフランスのルノー・グループのCEOおよび三菱自動車工業株式会社の会長を兼務し、これまで自動運転、コネクテッド・カーといった未来の自動車技術や持続可能なモビリティが社会にもたらす恩恵について提言してきました。ゴーン氏はグローバル規模の自動車会社を最も長い期間率いており、現在の自動車会社のCEOとしては唯一の新興市場出身でもあります。

ゴーン氏の登壇後にはQ&Aセッションも行う予定です。

Slush Tokyo にはその他にゲストスピーカーとして、Uberの創業者のガレット・キャンプ氏、ラクスル株式会社代表の松本恭攝氏、ラピュータロボティクスのCEOガジャモーハン・モーハナラージャー氏、株式会社ジーンクエスト代表取締役の高橋祥子氏等が登壇致します。

この他、Slush Tokyoの理念に共感したリクルート、PwC Japan グループ、DMM.com、アクセンチュア、ノキアなどのパートナー企業がスタートアッププログラムや新技術を紹介予定です。


<Slush TokyoのCEO Antti Sonninenのコメント>

「Slush Tokyoのミッションである『日本国内外の架け橋』をゴーン氏は世界的に成功している日本企業の代表として体現しています。私自身もセッションをとても楽しみにしています。」


<Slush Tokyo 2017について>

[画像2: https://prtimes.jp/i/13477/9/resize/d13477-9-615699-1.jpg ]


Slush Tokyo(前Slush Asia)は今年で3回目を迎える起業とテクノロジーの祭典です。
今年は起業家、投資家、メディア、学生を含めた5,000人以上の来場者を見込み、ゲストスピーカー約60人の著名人が登壇することが決まっています。他にも、 参加企業・スタートアッフ゜によるテ゛モ展示、スタートアッフ゜80社によるヒ゜ッチコンテストか゛開催されます。また、投資家とスター トアッフ゜の架け橋となるようなマッチンク゛システムを導入し、スムース゛にミーティンク゛か゛て゛きるエリアを提供します。チケットの購入はホームページにて当日まで可能です。


■Slush Tokyo 2017開催概要

日時:3月29日、30日(水・木)10:00~18:00

会場:東京ヒ゛ック゛サイト(〒135-0063 東京都江東区有明3丁目11−1)

ホームページ: http://tokyo.slush.org


<Slushについて>

Slushはヘルシンキにて2008年に始まり、2015年にアジアでは初めての開催として東京にやってきました。現在では、 世界に熱いスタートアップムーブメントを広げるため、シンガポールや上海などで開催しています。 Slush Tokyoは夢 を掴もうとする国内外の才能あふれる若き人材のチャレンジ精神を応援し、イノベーションを生むオープンなコミュニ ティを作ります。

<イベントの取材に関して>
Slush Tokyo 2017にお越しになられる報道関係者の方は、以下のリンクからメディアパスにご申請お願い致します。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdri3S7g4Tqzp52xxUc9c59wv7pwLZ6f7q7vrJkg6G8pO78gg/viewform?c=0&w=1



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る