プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

春満開、お花見&新茶イベント静岡県各地で開催!

(PR TIMES) 2017年03月07日(火)17時42分配信 PR TIMES

日本五大桜“狩宿の下馬桜”、静岡県で最も早い“一番茶”を楽しめる
【桜の開花時期】3月下旬〜4月下旬/【一番茶の収穫期】4月下旬〜5月下旬

静岡県内では、毎年3月下旬〜4月下旬にかけて、桜(ソメイヨシノ)が本格的な見頃を迎えます。毎年この時季には、日本五大桜のひとつ “狩宿の下馬桜”を楽しめる「狩宿さくらまつり」や、静岡最大規模の桜イベントである「伊豆高原桜まつり」、桜とSLがコラボレーションした景観が楽しめる「かわね桜まつり」など、春の桜を楽しめるイベントが各地で行われます。

また、桜が新緑に変わり始める4月下旬〜5月下旬には、茶の生産量日本一を誇る静岡県の“一番茶”のシーズンが到来。うま味成分を多く含み、年間で生産されるお茶の中で最も品質の良いお茶とされている“一番茶” を味わえるのはこの季節ならではです。特に、静岡県最南端の茶の名産地として知られる御前崎市では、香り高くさわやかな味わいを持つ新茶を静岡県で最も早く味わうことができます。満開の桜と茶畑の新緑に彩られる春の静岡へ、ぜひおでかけください。



満開の桜に彩られる、静岡県春のお花見イベント3選


■狩宿さくらまつり(富士宮市)
樹齢800年以上!日本五大桜の一つ“狩宿の下馬桜”

[画像1: https://prtimes.jp/i/11635/9/resize/d11635-9-573876-3.jpg ]

狩宿の下馬桜は樹齢800年以上と言われ、日本五大桜の一つです。さくらまつり期間中は、見ごろを迎える下馬桜を愛でながら、舞台公演、お茶会、狩宿狂言、草鹿(くさじし)の巻や地元特産品の販売など、さまざまな催しを楽しめます。

【期間】4月8日(土)・9日(日)
【会場】狩宿の下馬桜周辺 ※草鹿の巻は白糸の滝特設会場にて開催
【問合せ】富士宮市観光協会 TEL:0544-27-5240


■伊豆高原桜まつり(伊東市)
伊豆高原の春の象徴!桜並木が作り出す春の芸術

[画像2: https://prtimes.jp/i/11635/9/resize/d11635-9-286452-1.jpg ]

今年第40回目を迎える桜まつり。伊豆高原駅から約3kmにわたって続く桜並木は、伊豆高原の春の象徴です。桜まつり期間中には、コンサートや出店ブースなど様々なイベントも実施。

【期間】3月25日(土)〜4月2日(日)
【会場】伊豆高原桜並木・伊豆高原駅前(3月25日(土)〜31日(金))、さくらの里(4月1日(土)・2日(日))
【問合せ】伊豆高原桜まつり実行委員会(伊豆急行内)TEL:0557-53-1116(9:30〜18:00 土・休日を除く)

■かわね桜まつり(島田市)
桜色に染まる川根の町並み!SLとのコラボレーションも楽しめる

[画像3: https://prtimes.jp/i/11635/9/resize/d11635-9-540407-0.jpg ]

桜の名所として名高い川根町家山。大井川鐵道沿いの桜トンネル、家山川沿いの緑地公園桜並木、野守の池のしだれ桜、牛代のみずめ桜などが一斉に開花します。

【期間】 3月25日(土)〜4月9日(日)
【会場】島田市川根町家山地区
【問合せ】島田市観光協会川根支所TEL:0547-53-2220
島田市商工会川根支所TEL:0547-53-2170



静岡県で最も早い一番茶を楽しめるおすすめお茶イベント


■静岡県で最も早い一番茶、「御前崎つゆひかり」を楽しめる「つゆひかりカフェ」開催

[画像4: https://prtimes.jp/i/11635/9/resize/d11635-9-581854-5.jpg ]

【開催期間】4月29日(土・祝)〜5月14日(日)
【開催概要】市内外の飲食店や茶園、約20店舗が期間限定のカフェを開設し、御前崎市産のお茶「御前崎つゆひかり」とスイーツが味わえる。
【参加方法】参加者は、最初に訪れた店舗で500円にてスタンプカードを購入し、参加店舗によるおもてなしを受けるとスタンプ1つを押印。スタンプが3つ集まればつゆひかり商品を10%引きで購入できる。
【問合せ】御前崎市茶業振興協議会 TEL:0537-85-1125  


「御前崎つゆひかり」とは?
日本屈指の日照量、雪を知らない海洋性気候。周囲を大海原に囲まれた岬まちである御前崎市は、静岡県最南端の茶産地です。地勢、気候などの環境がお茶の栽培に適しており、古くからお茶の名産地として知られ、茶どころ静岡の中でも最も早く新茶の摘み取りが可能です。最も早く新茶の味わいを楽しめる御前崎茶の特徴は、香りのよさと味のさわやかさ。海とともに生活を送る人々に、愛されてきました。その中でも、早生品種の「つゆひかり」は、早場のメリットを最大限に生かすことができる品種で、渋味の少ないさっぱりとした味わいと、色あざやかな緑の水色(すいしょく)が特徴。「御前崎つゆひかり」は御前崎茶の主力ブランドとして人気が高まっています。


<静岡にはこんなお茶もあります!:高級ボトリングティー>

[画像5: https://prtimes.jp/i/11635/9/resize/d11635-9-983114-4.jpg ]

高級感あるボトルに詰められているのはワインではありません。実は「ボトリングティー」と呼ばれる緑茶なのです。低温抽出を基礎とした独自製法で、ペットボトルのドリンクにない茶のうま味や繊細な香りを最大限に引き出した緑茶ドリンク。ボトリングティーを県内で唯一製造するBenefitea(ベネフィッティー)では、15社から静岡県産地別茶葉を提供していただき独自抽出技術製法で、注文を受けてから生産・販売しています。1本約2万円程度と高価ながら、「どこでも誰でも楽しめる」「手土産にもおすすめ」と注目を集めています。都内では日本橋三越本店で商品を取り扱っています。 [HP] https://benefitea.amebaownd.com/



桜、お茶だけじゃない!春の静岡おすすめ情報


■田んぼをつかった花畑(松崎町)
広さ東京ドーム以上!農閑期の田んぼに6種類のお花が咲き誇る

[画像6: https://prtimes.jp/i/11635/9/resize/d11635-9-488062-6.jpg ]

約62,000m2 (東京ドーム以上)という広大な農閑期の田んぼに6種類(アフリカキンセンカ、るりからくさ、姫金魚草、つましろひなぎく、ひなげし、矢車草)のお花の種が撒かれ、3月上旬から次々に咲き出します。辺り一面見渡す限りの花畑を演出し、訪れる人達を楽しませてくれます。5月1日(月)から5日(金・祝)までの期間中は無料で花摘みができます。

【開花期】3月上旬〜5月5日(金・祝)
【お問い合わせ】松崎町観光協会 TEL:0558-42-0745


■天空のチューリップ祭り(裾野市)
世界遺産・富士山の春を彩る、21万球の美しいチューリップ

[画像7: https://prtimes.jp/i/11635/9/resize/d11635-9-917321-2.jpg ]

裾野市須山の遊園地「ぐりんぱ」で、世界遺産・富士山をバックに約150品種・21万球のどこまでも広がるチューリップ畑を鑑賞できます。春の代名詞の一つチューリップの魅力を存分に感じられる花の祭典です。

【開催期間】4月22日(土)〜5月21日(日)
【お問い合わせ】遊園地ぐりんぱ TEL:055-998-1111


■浜名湖花フェスタ2017(浜松市)
梅から始まる浜名湖の花のリレー!浜名湖周辺は見どころいっぱい


「はままつフラワーパーク」と「浜名湖ガーデンパーク」の2会場を中心に春の訪れを告げる梅から、6月の花しょうぶ・あじさいに至るまで、期間中に次々と見頃を迎える浜名湖周辺の “花のリレー”を楽しめます。また、浜名湖周辺の46の観光施設が参加するお得なクーポンや、ビンゴなどの企画も開催します。

【開催期間】3月18日(土)〜6月11日(日)
【お問い合わせ】浜名湖花フェスタ2017実行委員会 TEL:053-487-0152



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る