プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

特定非営利活動法人Malaria No More Japan

モスキート・ウィーク2016(Mosquito Week2016)開催

(PR TIMES) 2016年07月28日(木)10時48分配信 PR TIMES

蚊が運ぶ病気を知ろうと日本のNGOが企画


認定NPO法人Malaria No More Japan(事務局:東京都千代田区、代表理事:神余隆博、以下MNMJ)は、マラリアをはじめ、デング熱、ジカ熱など「蚊が運ぶ病気」について知り、予防や海外渡航の際の注意を喚起しようと「モスキート・ウィーク2016」を開催することを発表しました。


[画像1: http://prtimes.jp/i/10063/9/resize/d10063-9-463615-2.jpg ]

この「モスキート・ウィーク2016」は、毎年8月20日が「世界蚊の日」であることにちなんで始まったもの。20日を中心に約3週間かけて、イベントや情報発信などを集中的に実施し、情報発信と意識啓発に努めるもの。2年前のデング熱の流行とそれに伴うパニックは記憶に新しいですが、蚊が運ぶ病気は何か、そしてどうしたら予防できるのか、感染した際の対応策などわかりやすく紹介します。

「モスキート・ウィーク2016」第1弾は長崎大学、琉球大学による子ども向けの「蚊」を紹介するイベントへの協力。8月にそれぞれの大学が開催する「蚊」にまつわるイベントをサポートします。

MNMJでは8月後半にかけて情報発信や広告配信を通じて、「蚊が運ぶ病気」への意識喚起を行います。

[関連リンク]
MNMJ: www.mnmj.asia
長崎大学:http://www.nagasaki-u.ac.jp/ja/about/info/event/event701.html
琉球大学:http://www.med.u-ryukyu.ac.jp/category/meeting-information

[画像2: http://prtimes.jp/i/10063/9/resize/d10063-9-223350-1.jpg ]


【本報道資料はご自由に引用ください。】



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る