• トップ
  • リリース
  • 横浜信用金庫 × 静清信用金庫 × 株式会社ココペリ-WEBプラットフォームサービスで地元中小企業の経営を支援-

プレスリリース

  • 記事画像1

横浜信用金庫 × 静清信用金庫 × 株式会社ココペリ-WEBプラットフォームサービスで地元中小企業の経営を支援-

(PR TIMES) 2018年12月25日(火)17時40分配信 PR TIMES

神奈川県と静岡県で広域連携

横浜信用金庫(神奈川県横浜市 理事 大前 茂 (以下、「当金庫」という。))と、静清信用金庫(静岡県静岡市 理事 佐藤 徳則(以下、「静清信金」という。))および、株式会社ココペリ(東京都千代田区 代表取締役 近藤 繁(以下、「ココペリ」という。))の3者は、平成30年12月21日(金)に連携協定を締結し、WEBサービス「経営支援プラットフォーム Big Advance」(以下、「Big Advance」という。)を活用した広域連携を開始しました。
 これにより、当金庫と静清信金は「Big Advance」を通じて共通のサービスの利用が可能となり、WEB上でビジネスマッチングなどが行えることとなります。
 また、当金庫が本サービスについて他金融機関と連携するのは今回が初めてとなります。
当金庫はこれからも地域金融機関として、金融サービスを通じて地域社会の発展に貢献し、中小企業の経営支援を行ってまいります。
[画像: https://prtimes.jp/i/31872/8/resize/d31872-8-869188-0.jpg ]

■「Big Advance」について
本サービスは、当金庫とココペリが中小企業をトータルサポートするWEBプラットフォームサービスとして共同開発したもので、当金庫では「Yokohama Big Advance」として平成30年4月より取扱いを開始しました。
「金融サービス革命で地域を幸せに」をコンセプトに、中小企業の成長を全面的にサポートする新たな価値提供を目指して開発したものです。
今後は、企業情報などから成約率の高いマッチングを自動提案するAI技術を導入するなど、既存の概念に捉われず一歩先を行く取組みを行ってまいります。

以上
【横浜信用金庫 概要】
横浜信用金庫は、神奈川県横浜市に本店を置く信用金庫で、1923年に有限責任神奈川県在郷軍人信用組合として設立されました。人口374万人(平成30年11月末現在)の大都市横浜の地域金融機関として、神奈川県及び東京都に61の本支店を構え、「日々の業務を通じ地域社会の発展に貢献する」「顧客、会員に常に感謝し、真に地域社会に親しまれる金庫を造る」を基本方針として掲げています。

金庫名:横浜信用金庫
所在地:神奈川県横浜市中区尾上町2-16-1
設立:1923年7月
代表者:理事長 大前 茂
総資産:1兆8,805億円(平成30年3月末現在)
役職員:1,257人(平成30年3月末現在)

【静清信用金庫 概要】
静清信用金庫は、静岡県静岡市葵区に本店を置く信用金庫で、1922(大正11)年3月に有限責任信用組合静岡共同金庫として創業。「地域社会の繁栄に貢献する。お客様の信頼にこたえる。よき信用金庫人をめざす。」を経営理念として掲げ、創業以来実践してきた健全経営、長年のコンサルティング業務で培った『相談力』を発揮し、地域のお客様との揺るぎない信頼関係を築いています。

金庫名:静清信用金庫
所在地:静岡県静岡市葵区昭和町2-1
設立:1922年3月
代表者:理事長 佐藤 徳則
総資産:8,017億円(平成30年3月末現在)
役職員:629人(平成30年3月末現在)

【株式会社ココペリ 概要】

会社名:株式会社ココペリ
所在地:東京都千代田区二番町8-3 二番町大沼ビル2階
設立:2007年6月
代表者:近藤 繁
事業内容:金融機関向けAI融資審査モデル「FAI」の開発
・金融機関向け次世代CRMツール「SHARES for BANK」の開発・運営
・金融機関連携プラットフォーム「Big Advance」の開発・運営
・専門家相談プラットフォーム「SHARES」の開発・運営
URL:https://www.kokopelli-inc.com/

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る