• トップ
  • リリース
  • 11/22はいい夫婦の日。47都道府県別家事シェア力ランキングを発表!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

大和ハウス工業株式会社

11/22はいい夫婦の日。47都道府県別家事シェア力ランキングを発表!

(PR TIMES) 2018年11月20日(火)15時40分配信 PR TIMES

家事シェア力ランキング 1位「兵庫県」 2位「岡山県」 3位「静岡県」--- 47位「長崎県」 46位「青森県」 45位「佐賀県」

47都道府県別20代〜40代の共働き夫婦9400人に一斉調査!
家事シェア力向上、3つのポイント:「話を聞く」「情報シェア」「ねぎらいと感謝の伝達」
栃木の餃子や香川のうどんが“名もなき家事”の原因に? 発掘!ご当地版“名もなき家事”
大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市)は、家事をシェアしてハッピーになる「家事シェアハウス」を2016年11月から提案しています。家事シェアハウスの展開に際し、家族、とりわけ夫婦間の家事実態の調査を行い、夫婦の家事分担意識のギャップや、 妻に負担が大きい“名もなき家事”の存在を突き止めました。今回は11/22の「いい夫婦の日」を前に、20代〜40代の中学生以下の子どもがいる共働き夫婦を47都道府県ごと200人に調査し、「家事シェア力」の全国ランキングを作成しました。

また調査結果をもとに、県民性分析の第一人者である矢野新一さんに「家事シェア力と都道府県ごとの県民性との関係」について、家事シェア研究家の三木智有さんには「家事シェア力向上はどうしたらできるか」という視点で、コメントをいただきました。

          家事シェア力全国総合ランキング 日本の真ん中が家事シェア力の先進エリア
           良好な関係や満足度など、夫婦に大きく影響する「家事シェア力」


[画像1: https://prtimes.jp/i/25915/8/resize/d25915-8-219148-10.png ]


【本リリース トピックス一覧/調査概要】
 ※調査の詳細は、リリースをご参照ください
●P.3 「家事シェア力」全国ランキング 妻と夫の家事分担意識&家事分野別ランキング
・あなたの県は何位!?「家事シェア力」総合ランキング、1位:兵庫県、2位:岡山県、3位:静岡県
・夫の家事分担、夫は自分は3割はやっていると思っているものの、妻は1割と認識。
 夫婦間に家事意識のギャップ有り
・家事分野別第1位 1.片付け力:兵庫県 2.補充・交換力:兵庫県 3.買い物力:静岡県
 4.料理力:岡山県5.掃除力:兵庫県 6.ごみ捨て力:兵庫県 7.洗濯力:兵庫県
 8.育児・その他力:広島県

●P.4 「家事年収」全国ランキング ご当地版“名もなき家事”も
・家事年収ランキング、1位「熊本県」(145万円)、2位「福岡県」(144万円)、
 3位「和歌山県」(141万円)
・家事年収、夫1位「熊本県」(130万円)、妻1位「福岡県」(158万円)と九州勢、
 対して男女格差最小は「北海道」
・県民性が「ご当地版“名もなき家事”」を生んでいた!栃木の餃子や香川のうどんが“
 名もなき家事”の原因に?

●P.5 都道府県ランキングで判明! 夫婦円満・生活満足・家事シェアは三位一体で実現できる!?
・夫婦だけの時間を大切にする「岡山県」(家事シェア力2位)、
 家事について夫婦で話し合う「大阪府」(同4位)、夫婦お互いの人生が楽しくなるよう
 協力し合う「兵庫県」(同1位)、生活満足度が高い「京都府」(同11位)、
 夫婦関係満足度が高い「岡山県」、夫婦間コミュニケーションが良好な「岡山県」。
 いずれも家事シェア力上位県がトップに。

●P.6 家事シェア力TOP3県の家事シェア実態
・WEBで公開「家事シェア力」都道府県ランキング

●P.7 県民性博士・矢野新一さんに聞く、家事シェア力と県民性の関係

[画像2: https://prtimes.jp/i/25915/8/resize/d25915-8-900490-1.jpg ]


●P.8 家事シェア研究家・三木智有さんが回答!どうやったら家事シェア力はあがるの?」

[画像3: https://prtimes.jp/i/25915/8/resize/d25915-8-566565-2.jpg ]


<調査概要>
◇実施時期: 2018年10月24日(水)〜10月29日(月)
◇調査方法:インターネット調査
◇調査対象:
 全国の20〜40代の中学生以下の子どもがいる共働き夫婦(配偶者・子ども以外の同居人がいる方除く) 
 各都道府県200人を上限とし、合計9159人回収
※秋田県、山形県、福井県、山梨県、和歌山県、鳥取県、島根県、山口県、徳島県、高知県、佐賀県、大分県、宮崎県の13県が200人に達しておらず、ウェイトバックをかけて集計を行いました。

家事シェア力=夫婦間の家事分担比率のGAP + 家事負担者の満足度
家計研究家である氏家祥美さん監修のもと作成した全42種の家事を家事8項目(1.片付け 2.補充・交換 3.買い物 4.料理  5.掃除 6.ごみ捨て 7.洗濯 8.育児・その他)に分類し、それぞれの項目における夫と妻の負担度合いの実態を聞きました。
そのギャップの割合を10点から差分をとり(ギャップ1なら9点)、さらに家庭内の家事負担者の満足度を10点満点とし、合計20点満点を家事8項目、計160点満点で「家事シェア力」を点数化しました。
[画像4: https://prtimes.jp/i/25915/8/resize/d25915-8-954998-3.jpg ]


氏家祥美(うじいえ・よしみ)さん
家計研究家。専業主婦、FP会社役員を経て、2010年にFP事務所ハートマネーを開設。女性、共働き家族を対象に、手間のかからない「貯める・増やす仕組み」を提案。教科書執筆や家計診断ツールの開発も手がける。二児の母。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る