• トップ
  • リリース
  • 老舗企業 ”神宗のおだし講座” 親と子が参加できるおけいこ ”KOYORI”

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社ラヴィプラス

老舗企業 ”神宗のおだし講座” 親と子が参加できるおけいこ ”KOYORI”

(PR TIMES) 2017年03月27日(月)09時22分配信 PR TIMES

ORIENTAL HOTEL KOBE × plus em が贈る 本物に触れるエデュケーショナルプラン

株式会社 La vie plus(東京都渋谷区)は2017年4月19日(水)に、ORIENTAL HOTEL KOBEとコラボレーションした
キッズとママのお稽古プラン”KOYORI”第4回を開催する。
子育てのなかにいる今だからこそ"本物"に触れ感性を磨きたい。
子供達と「本物」にふれる体験をしたい。
そんな想いに応えられる場所や出会いを作りたい。
その思いからこのKOYORIは誕生しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/22794/8/resize/d22794-8-947224-11.jpg ]



2017年1月に第一回目を迎えたKOYORIは、今回で4回目を迎えます。

4月は「お花見」をテーマに“神宗のおだし講座”
日本人の生き方そのものを語る「和食」
その「和食」のいちばんベースとなるお出汁を学びます。

本当に上質なお出汁そのもののお味ってどんなだろう?
どんな風にしたらいいお出汁がでるのだろう?
この度ワークショップにお招きするのは、日本の伝統素材を活かした
上質な佃煮などを製造・販売されている神宗。
関西では馴染みの深い「素にして上質」を経営理念の企業。

[画像2: https://prtimes.jp/i/22794/8/resize/d22794-8-893283-4.jpg ]



そんな「食」のベースをつきつめた今回のワークショップは、
基本五味(甘味・塩味・酸味・苦味・旨味)の試飲に始まり
削り節体験・基本のいちばん出汁の取り方
そして出し殻を使った佃煮の作り方
最後は出し殻をつかっておにぎりを作る

子育て真っ最中である母親の「知りたい」がつまった
また、子供達のこれからの食卓をワクワクさせるような「楽しい」がつまった
そんなワークショップをお送りします。

そして毎回開催される生演奏は『琴』
琴の生演奏、ご経験あるでしょうか?
音だけでなく、その佇まい、その旋律
西洋音楽の魅力とはまた違った奏
その美しさをぜひ感じていただきたいと思います。

[画像3: https://prtimes.jp/i/22794/8/resize/d22794-8-966170-10.jpg ]



今回は「春」をイメージした音楽で
四月の花の色彩あふれるこの時期に耳から感じる「春の和奏」
お子様の耳に、心にどのように響くのでしょう?

そして食育のお話は前回に引き続きHINATAYAの向所様をお迎えし
発酵のお話しをさらに深めていただきます。
今回のテーマは日々食卓にあがるお味噌のお話。
白味噌と赤味噌の違いなど知っているようで知らなかったこと
そんな知識を深めていきます。

[画像4: https://prtimes.jp/i/22794/8/resize/d22794-8-427795-8.jpg ]



1日で様々な分野の「本物」をたっぷり体験できる”KOYORI”は
4月19日(水)オリエンタルホテル神戸で開催。


LESSON
■日時■
2017年4月19日(水)
【午前の部】(0歳〜3歳対象)
受付10:30 11:00〜14:00(ランチの時間も含む)
【午後の部】(3歳〜6歳対象)
受付12:00 12:30〜15:30(ランチの時間も含む)

場所:ORIENTAL HOTEL KOBE
4階 The Teracce Room

料金:10,800円(税・サービス料込)
(お稽古・ランチ大人1名・お子様1名分・消費税・サービス料は含まれております)
※2歳以下のお子様についてランチなしの場合の参加費 9,720円
※ご兄弟・姉妹でのご参加の場合 0歳〜2歳のお子様も午後の部に参加可能です
その場合はお稽古にご参加されるかご見学かお知らせくださいませ
お稽古にご参加の場合 料金は15,000円
(お稽古・大人1名分子供2名分お料理・消費税・サービス料含)
お料理のみ追加の場合 別途1名1,620円

各回限定20組
(定員になり次第締め切り)

予約締切日:2017年4月12日(水)
※材料・料理の手配の関係上にて、ご了承くださいませ。


■講師プロフィール■

おだし講座
株式会社 神宗
神宗は、天明元年(1781年)
初代・神嵜屋宗兵衛が大坂・靭に海産物問屋(三町塩魚問屋)を構えたことより始まる。
以来代々の店主が、素材を厳選して品質と味覚の向上一筋に精進を重ね
独自の加工法で当店にしかない商品を生み出し現在にいたる。
現在は「素にして上質」を経営理念に、大阪淀屋橋に本店を構え
日本の伝統素材を活かした上質な佃煮などを製造・販売。

代表取締役社長 小山 鐘平
2009年 神宗 入社
2012年 宗達 代表取締役社長に就任
3月 姉妹店として一番だし専門店 だし工房宗達を京都に開店
正しいだしの普及のためセミナーや講演会など通算100回以上開催
だしについて詳細を記した書籍「だし噺」を刊行
2014年 神宗 代表取締役社長に就任
事業経営の傍ら和食の素晴らしさを伝える子供たちへの食育セミナーや
創業の地である大阪・船場を盛り立てる活動などの社会貢献運動も行っている。

[画像5: https://prtimes.jp/i/22794/8/resize/d22794-8-668410-6.jpg ]



琴演奏
阿部 亨穂
7歳より生田流筝曲・9歳より野川流三絃を始める
20歳 職格を取得
玲亨月(れいゆきつき)の名を取得
故二代目小泉玲紫氏 川崎玲月氏に師事
20年以上にわたり「がんこ平野郷屋敷」にて定期的に演奏を行っている他
ブライダル・企業・旅館・老人福祉施設での演奏
小学校にて授業や音楽の先生に向けたレッスン指導
自宅にて流派にこだわらない楽しいレッスンを行う。
デュオでの活動
姉 山野琴衣(フルート)と共に関西を拠点に演奏活動を行っている。


HINATAYA
向所真由美
歯科衛生士歴25年
忙しい日々の中で、3人の娘たちに「母の味を忘れないでほしい」という思いでつくる
「おうちごはん」
成長を補う食事は何かと、食事に注目する酵素が豊富で食品を美味しく変化させる「糀」に魅せられ
発酵食文化伝承人、伏木暢顕氏に手ほどきを受け「醸せ師」となる
2015年「糀おうちごはん教室HINATAYA」を開講


■plus em プロフィール■
2013年に「HAPPY PLUS」として発足
関西・名古屋を中心に子育て中のママへ向けてイベントを企画・運営する
ママだからこそ自分時間を大切にしてほしい
そんな想いをベースにした感度の高い企画が定評をよび
いまでは会員数が1000名を超える
2017年より「plus em」と名前を改め
ママ向けのイベントだけではなく
子供達にも本物にふれる機会や可能性を広げることをテーマに
日常に彩りをプラスできるようなプログラムを展開。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る