プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

エスラボ有限会社

プラスチックペレットが使える3Dプリンターを開発

(PR TIMES) 2016年08月08日(月)09時24分配信 PR TIMES

熱溶融積層式3Dプリンターの常識が変わるペレット式3Dプリンターを開発

今まで世間一般の熱溶融積層式の3Dプリンターは、使用できる材質・色・重量に大きな制限があった。
そこで、フィラメントを使わない、ペレットがそのまま材料として使える3Dプリンターを開発した。
ペレットが使用できる3Dプリンターを開発


京都で3Dプリンターを製造するエスラボ(京都府長岡京市 代表 柚山精一)は、プラスチック材料のペレットが使用できる3Dプリンターを開発し、PCT国際出願後、日本国内特許を取得した。

[画像1: http://prtimes.jp/i/20757/8/resize/d20757-8-732325-1.jpg ]



特許第5920859号

発明の名称 三次元プリンター

登録日 平成28年4月22日


エスラボは京都府長岡京市に開発製造拠点を置き「MADE in KYOTO」のものづくり企業として、これまで各社に3Dプリンターを供給してきた実績がある。
[画像2: http://prtimes.jp/i/20757/8/resize/d20757-8-717431-2.jpg ]


小型の押出機を製造してきた実績と、3Dプリンターの技術を融合することにより、今回のペレット式の3Dプリンターが誕生した。
[画像3: http://prtimes.jp/i/20757/8/resize/d20757-8-313244-3.jpg ]


世間一般の熱溶融積層式の3Dプリンターは、糸状に成形されたフィラメントを材料とし、使用できる材質・色・重量に大きな制限があった。

それゆえ実際の成形現場や試作現場では製品により細かく材料のグレードが決まっているにもかかわらず、従来のフィラメント式の3Dプリンターでは使用したい材料で造形できない問題を抱えていた。

「もっと硬い材料で造形したいのにできない。」

「もっと耐熱性のある材料を使いたいのに使えない。」

「フィラメントではできないような材料でテストモデルを作りたいのにできない。」

「スーパーエンプラを使用できないのか?」

「今後、とても大きな造形物を計画している。」

そのような業界の苦悩や要望に耳を傾け、日々研究を重ねた結果、今回の技術が生まれた。


エスラボ代表の柚山社長は

「あるべき姿の3Dプリンターの技術が出来あがった。」

「3Dプリント技術を従来の押出成形・射出成形と並んで一般的な成形技術にするためには、3Dプリンターで汎用材料であるペレットが今後使えないといけない時代が来ている。」

「ペレットに押し出しグレードや射出成形グレードがあるように、3Dプリントグレードが今後開発されていいはずだ。」

「ペレット式3Dプリンターは今後ものづくりの大きな柱になる可能性がある。」

と語っている。

エスラボでは、現在大小様々な造形範囲の3Dプリンターの製造を行っているが、年内には造形範囲2mを超えるペレット式3Dプリンターの製造も決まっており、今後も常識にとらわれない、ニーズに応えられる幅広い開発を続けていく。海外特許は今後連携先を探し拡大していく予定。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る