• トップ
  • リリース
  • 認定NPOもやいとSVP東京との協働が決定。社会問題に取り組む団体へのパートナーシップ支援を受け、共に複雑化した貧困問題の解決へ。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやい

認定NPOもやいとSVP東京との協働が決定。社会問題に取り組む団体へのパートナーシップ支援を受け、共に複雑化した貧困問題の解決へ。

(PR TIMES) 2016年08月29日(月)11時18分配信 PR TIMES

〈もやい〉は、「貧困問題を社会的に解決する」というミッションに向かって、今後さらなる一歩を踏み出すにあたり、「ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京)」(http://www.svptokyo.org/)からの支援を受けることになりました。
■〈もやい〉の現状と今後の課題

ホームレス状態にある人たちのアパート入居の支援から活動をスタートした〈もやい〉は、設立から16年目を迎え、次の一歩を踏み出す必要性を感じています。

[画像1: http://prtimes.jp/i/18247/8/resize/d18247-8-880419-0.jpg ]

貧困をめぐる社会状況も、相談者の年齢・性別・相談内容も、年々複雑化・重層化してきているにもかかわらず、支援のありかたが現状に追いついていないのではないか?
無事アパート入居まで支援できても、入居後の課題に対応しきれていないのではないか?
貧困問題を「社会的に」解決するためには、まだまだインパクトが足りないのではないか?
相談は全国から寄せられるのだから、日本各地の支援団体や公的機関ともっとうまく連携できないか?
こころおきなく活動するための組織基盤や財政基盤の強化が必要なのではないか?

時代状況的にも、団体としても、岐路にさしかかり、上記のような課題にどうやって立ち向かおうかと議論していたところ、絶妙のタイミングでSVP東京との協働が決定しました。

■SVP東京との協働でおこなうこと

SVP東京には、中長期の事業計画策定やオペレーションの改善、組織基盤の強化のほか、多元的貧困の調査分析、新規事業の立ち上げ等で、資金面・技術面のサポートをいただきます。

[画像2: http://prtimes.jp/i/18247/8/resize/d18247-8-174280-1.jpg ]

SVP東京について
SVP東京は、社会的な課題の解決に取り組む革新的な事業に対して、資金の提供と、パートナーによる経営支援を行っている団体です。パートナーとは、多様なバックグラウンドと専門性をもった社会人のメンバーで、自らの時間、資金を投資し、専門性を発揮することを通じて、投資・協働先たる団体との協働を行います。
http://www.svptokyo.org/

認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやいについて
認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやいは、2001年の設立以来、生活困窮者に対する相談支援や政策提言をおこなってきました。住まいを失った方を支援する「入居支援事業」、生活に困窮された方に対する支援として年間のべ3000件を受けている「生活相談・支援事業」、アパート入居後の孤立化を防ぐための居場所作り「交流事業」、地方自治体などの公的機関に対して社会的弱者である当事者の立場から提言を行う「広報・啓発事業」の主に四事業を行っています。
http://www.npomoyai.or.jp/

*****
この件に関するお問い合わせは

認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやい
担当 加藤歩
TEL: 03-3266-5744, e-mail: info@npomoyai.or.jp

SVP東京
担当 青木三紀
e-mail: info@svptokyo.org



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る