プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

一般財団法人 日本文明研究所

禅とマインドフルネス

(PR TIMES) 2017年05月08日(月)11時00分配信 PR TIMES

日本文明研究所 2017年 第8回シンポジウム

東京都・渋谷区にて、2017年5月26日金曜日に、禅とマインドフルネス双方に精通する藤田一照師、社団法人MiLI(マインドフルリーダーシップインスティテュート)創設者、木蔵シャフェ君子理事をお招きして猪瀬直樹とのシンポジウムを開催いたします。一般参加申し込み受付中。
日本文明研究所 2017年 第8回シンポジウム
「禅とマインドフルネス」

戦前に英文で書かれた鈴木大拙『禅と日本文化』により、禅は世界で独自に展開した。21世紀に入ってからは米シリコンバレーで「マインドフルネス」として急速に普及し、グーグルはじめ著名企業の社員研修プログラムにも組み込まれるようになった。仏教の禅と世俗的文脈でのマインドフルネスの相違を踏まえながら、あらためて日本文明にとって禅とは何かを考えたい。

曹洞宗国際センター所長で、17年間米国にて坐禅指導、マインドフルネスを西洋に普及することに貢献したティク・ナット・ハン師やジョン・カバット・ジン氏と親交を持つなど禅とマインドフルネス双方に精通する藤田一照師、脳科学とマインドフルネスを基にGoogle本社が開発した社員研修プログラムを日本企業に提供する社団法人MiLI(マインドフルリーダーシップインスティテュート)創設者、木蔵シャフェ君子理事、を登壇者に迎え、パネルディスカッションを行う。

*参加者には実際に椅子に腰掛けたまま瞑想を体験していただけます。

■登壇者
[画像1: https://prtimes.jp/i/16621/8/resize/d16621-8-457175-0.jpg ]

愛媛県生まれ。灘高校から東京大学教育学部教育心理学科を経て、大学院で発達心理学を専攻。
院生時代に坐禅に出会い深く傾倒。28歳で博士課程を中退し禅道場に入山、29歳で得度。33歳で渡米。以来17年半にわたってマサチューセッツ州ヴァレー禅堂で坐禅を指導する。2005年に帰国し現在、神奈川県葉山の「茅山荘」にて坐禅の研究・指導にあたっている。

著作に『現代坐禅講義 – 只管打坐への道』)、共著に『<仏教徒3.0>を哲学する』、『アップデートする仏教』、『安泰寺禅僧対談 』、『禅の教室』、訳書に『禅への鍵』(ティック・ナット・ハン著)『法華経の省察』、『禅マインド ビギナーズ・マインド2』など

[画像2: https://prtimes.jp/i/16621/8/resize/d16621-8-394328-1.jpg ]

ICU卒、ボストン大学MBAを取得後、外資系大手企業の有名ブランドにて、多数のブランドマネ ジメントを行い、香水、石鹸、スキンケアなどで高いマーケットシェアを獲得する。
2000年より渡米・独立。コミュニケーションとリーダーシップについての講師・コーチとして、各国で講演活動を行う。
2013年、一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート(MiLI)創立。Google本社開発の社員研修プログラムSearch Inside Yourself (SIY)講師に日本人として初めて認定された一人。グローバルな人脈と情報を日本に橋渡しする。
著書に、NLPイノベーション(春秋社 共著)、 Innovations in NLP (Crown Publishing共著)、 100歳までウォーキング(日本フィットネス協会 共著)、シリコンバレー式頭と心を整えるレッスン(講談社)

■モデレーター
[画像3: https://prtimes.jp/i/16621/8/resize/d16621-8-975489-2.jpg ]

作家。1946年、長野県生まれ。

87年『ミカドの肖像』で第18回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。『日本国の研究』で96年度文藝春秋読者賞受賞。2002年小泉首相より道路公団民営化委員に任命される。
07年6月、東京都副知事に。2012年12月、東京都知事に就任。2013年12月辞任。2015年12月に大阪府市特別顧問に就任。

代表作に『昭和16年夏の敗戦』『ペルソナ三島由紀夫伝』『ピカレスク太宰治伝』。近著に『救出』『戦争・天皇・国家』『正義について考えよう』『民警』『東京の敵』。


■日時

2017年5月26日(金)


19時〜21時(18時30分開場予定)




■会場




日本経済大学東京渋谷キャンパスホール






定員100名、抽選


参加費 : 2,000円





日本文明研究所は年会員を募集しております。




年会費5000円で年4回のシンポジウムに優先的に無料で参加できます。猪瀬所長のサイン本のプレゼント等、特典多数。入会ご希望の方はチケット抽選申込時のフォームにてお申込ください。





年会員から一年経過された会員様はシンポジウム会場にて継続のお手続きが可能でございます。ぜひ2年目の継続にお申込みください。





※当日の会の様子はニコニコ生放送の中継でご覧いただけます。


 (予約と視聴には無料のニコニコ動画会員登録が必要です)


■参加方法
以下URLから、お申込みいただけます。

http://www.japancivilization.org/

一般財団法人・日本文明研究所とは
日本のアイデンティティを追求すべく、主に「思想・哲学・倫理領域」「経済経営領域」「工芸・技術領域」「医療領域」「総合領域」の5領域に関する日本文明への研究を深め、日本及び世界の未来の平和と継続的発展へ貢献することを目的とする研究所です。


研究所理事長:都築仁子(都築学園総長)
研究所会長 :後藤俊夫(日本経済大学特任教授)
研究所長  :猪瀬直樹(作家)財団法人日本文明研究所
〒151-0031 東京都渋谷区桜丘町24-5
TEL : 03-5456-8082
FAX : 03-5456-8388
Mail : info@japancivilization.org
[画像4: https://prtimes.jp/i/16621/8/resize/d16621-8-751907-4.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る