• トップ
  • リリース
  • VRアプリの収益化を、広告ネットワークの「gaze課金」で簡単に

プレスリリース

  • 記事画像1

VRアプリの収益化を、広告ネットワークの「gaze課金」で簡単に

(PR TIMES) 2016年10月06日(木)11時32分配信 PR TIMES

〜株式会社DONIKAのVR Labが、『SpeAD(スペアド)β版』の利用者募集を開始〜

株式会社DONIKA(所在地:大阪府大阪市)は、2016年10月4日にVRコンテンツを対象とした、アドネットワークサービス『SpeAD(スペアド)β版』の利用者募集を開始致しました。
『SpeAD(スペアド)』は、株式会社DONIKAのVR Labが開発した、VRスペースに広告を表示する、新しいタイプのアドネットワークサービスです。スマートフォン向けにVRアプリを開発する企業又は個人開発者は、『SpeAD(スペアド)』を利用することで、自身のアプリ内に簡単にVR広告を設置し収益を立てる事が可能になります。

[画像: http://prtimes.jp/i/15733/8/resize/d15733-8-486708-0.jpg ]


『SpeAD(スペアド)β版』利用登録ページ
URL: http://spead.jp/lp/developer/

■VR広告とは?
既存のスマートフォン広告では、デバイスのスクリーン上に表示を行う為、VRアプリでは正常に表示することができません。『SpeAD』では「3D空間」内に広告を表示するため、VRアプリでも広告の表示が可能になります。

■『SpeAD(スペアド)』の仕組み
・アドネットワーク
複数の広告主と、複数のVRアプリを結ぶ、プラットフォームシステムです。VRアプリ側は、自身のアプリに広告を設置するだけで、『SpeAD(スペアド)』から最も収益性の高い広告が自動配信されます。広告主側は、『SpeAD(スペアド)』への広告出稿をするだけで、複数のアプリへ広告配信が行え、効率的にユーザーへのリーチが可能となります。

・収益の発生について
『SpeAD(スペアド)』から配信されたVR広告を、アプリを利用するユーザーが見た(視点が合った)時点で「gazeカウント」し、収益が発生する『gaze課金』を採用致します。広告主は、自身の製品をVR空間に表示するなどのプロモーションや、動画の配信、Webサイトへの誘導等を行えます。
※今後、広告出稿主のニーズと、VRアプリ側のニーズを合わせて調整。
※一部開発中の機能も御座いますので、お問い合わせください。

■ご利用までの流れ
『SpeAD(スペアド)β版』利用登録ページ
URL:http://spead.jp/lp/developer/
※上記URLから、登録フォームで利用登録をお願い致します。株式会社DONIKAのVR Labからご連絡致します。

■サービス開始時期
『SpeAD(スペアド)β版』は、10月中旬からサービス提供予定


■株式会社DONIKA
企業HP:http://donika.co.jp/
お問い合わせ:donika@donika.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る