• トップ
  • リリース
  • IMGがAMERICAN GREETINGS ENTERTAINMENTの「CARE BEARS(TM)」との日本と韓国におけるブランドライセンスビジネスのパートナーシップを発表

プレスリリース

  • 記事画像1

IMGがAMERICAN GREETINGS ENTERTAINMENTの「CARE BEARS(TM)」との日本と韓国におけるブランドライセンスビジネスのパートナーシップを発表

(PR TIMES) 2016年09月30日(金)19時17分配信 PR TIMES

IMGは、キーカテゴリーでケアベアブランドをリローンチ


東京 (2015年9月30日 付け) - IMGは本日、アメリカングリーティングスエンターテイメントと日本と韓国における「ケアベア」ライセンスのエージェント契約を結んだことを発表した。

IMGは今後、「ケアベア」ブランド35周年にあたる2017年から、ぬいぐるみ、アパレル、アクセサリーなどのカテゴリーでアイテムを展開し、DTRなどのプログラムを始動する予定。また、ブランドのソーシャルメディアとデジタルでの存在感を強めるべく、日本での公式「ケアベア」ウェブサイト等の開発を進めていく。

「ケアベア」は1982年にグリーティングカード用のキャラクターとして誕生し、83年にはアニメ化され、グッズの販売もスタート。気持ちや感情をコンセプトにしたブランドで子供たちに「気持ちの共有や共感」を伝える手段として広がりを見せている。キャラクターにはグランピーベア、チアベア、テンダーハートベア、ファンシャインベア、シェアベアの性格の違う50匹以上の熊がいる。

全世界200以上のライセンシーが主要なカテゴリーで展開しており、販路はオンラインのみではなく、メジャーなショップ、トイザラス、ウォルマート、ターゲット、コストコなど多岐に渡る。

「ケアベアの日本と韓国のエージェントになれて非常に嬉しく思っています。我々は今年、キャラクターブランドでいくつかの重要なプログラムを実施しており、その経験を活かしながらアメリカン・グリーティングス・エンターテイメント社と共に、彼らの最も有名なブランドを更に成長させていきます」(山本美樹・IMGシニアバイスプレジデント・ライセンシングアジア)

「IMGはトップの代理店であり、彼らの有能なチームと一緒に働けることを嬉しく思っています。また、今までマーケットで見たことがない新しいアートワークを使用した商品を、日本と韓国のファンに届けるのが楽しみです」(ジャニス・ロス、グローバルライセンシング・プレジデント)

IMGはセサミストリートやシンプソンズの代理人も務め、今年はセサミストリートカフェが原宿でオープン。また、シンプソンズの中国におけるライセンシーが本格的な出店を開始し、最初の店舗が5月に北京でオープンするなど、ライセンスビジネスのコンテンツはさらに広がっている。

[画像: http://prtimes.jp/i/14662/8/resize/d14662-8-127315-0.jpg ]



<IMGについて >

IMGは世界25カ国以上で事業を展開しているスポーツ、イベント、メディア、ファッションのグローバルリーディングカンパニー。IMGは、世界的に著名なスポーツ選手やファッションモデルのマネジメントや、年間で何千ものイベントやブランデッド エンタテインメント エクスペリエンスを主催しており、世界最大の独立したスポーツメディアの制作、配給会社でもある。またIMGは、スポーツトレーニング、スポーツリーグ創設、およびブランド、スポーツ団体、アメリカのカレッジのマーケティング、メディア、ライセンシングも、専門に取り扱っている。2014年IMGは、世界トップクラスのエンターテイメントエージェンシーであるWME傘下の企業、WME | IMGとなった。


<American Greetings Entertainmentについて>

American Greetings Corporationのアウトバウンドのライセンス部門であり、「ケアベア」のリローンチ及びその他のエンターテイメントブランド、Holly Hobbie™、Madballs™、Packages from Planet X™、Twisted Whiskers™、Buddy Thunderstruck™などのの成功により、始動されたエンターテイメント会社である。マルチプラットフォームのエンターテイメントを全てのメディアチャンネルで提供し、子供から大人までが楽しめる豊富なマーチャンダイジングプログラムを展開している。


<ケアベアとは>

「ケアベア」は1982 年にグリーティングカードのデザインとしてスタートし、その後アニメ化された最も有名で歴史のある子供向けのキャラクターブランドのひとつ。現在は幅広い世代のファンに愛され、世界中で「ケアベア」のライセンス製品が展開されている。1983年に初めてアニメ化されてから、翌年には映画化もされ、1985年〜1988年テレビでアニメが放送されていた。このアニメシリーズは現在ネットフリックスにて視聴可能。ネットフリックスのオリジナルとして「ケアベア&カズンズ」が2015年に発表されている。YouTubeでは500万以上のビューを記録し、ソーシャルメディアやモバイルデバイス用のアプリなど、様々なポートフォリオを持っている。気持ちや感情をコンセプトにしたブランドで子供たちに気持ちの共有・共感を伝える手段として広がりを見せており、「ケアベア」と共に育った親世代も安心して子供に紹介できるブランドである。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る