• トップ
  • リリース
  • フューチャーベンチャーキャピタル、日本初の量産化試作にフォーカスしたベンチャー支援プログラム「Makers Boot Camp」を運営する株式会社Darma Tech Labsと資本業務提携

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

フューチャーベンチャーキャピタル株式会社

フューチャーベンチャーキャピタル、日本初の量産化試作にフォーカスしたベンチャー支援プログラム「Makers Boot Camp」を運営する株式会社Darma Tech Labsと資本業務提携

(PR TIMES) 2015年12月17日(木)15時10分配信 PR TIMES

〜ものづくりベンチャーの支援体制を強化〜

フューチャーベンチャーキャピタル株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役社長:今庄啓二、以下「FVC」)は、ものづくりベンチャーの支援体制を強化するため、日本初の量産化試作にフォーカスしたベンチャー支援プログラム「Makers Boot Camp」(以下「MBC」)を運営する株式会社Darma Tech Labs(本社:京都府京都市、代表取締役社長:牧野成将、以下「ダルマテックラボ」)と資本業務提携を行いました。
 近年、3Dプリンターやクラウドファンディングなどの出現により、ものづくりの製造、資金調達コストが低下したことで、従来参入が容易でなかったものづくり分野のベンチャー企業が世界で続々と生まれています。しかしながら、これら企業の多くが製造面でのノウハウに乏しく、特に試作品から量産化に移行する「量産化試作の壁」に直面し製品化に繋げることができていません。

[画像1: http://prtimes.jp/i/11403/8/resize/d11403-8-721958-2.jpg ]



 ダルマテックラボはこの「量産化試作の壁」を解決するため、量産化試作のノウハウを持つ「京都試作ネット」(京都の中小企業100社以上が加盟する試作ネットワーク)と連携したMBCを実施、12月2日には第1回目のDemo Dayを開催し大きな注目を集めました。


 
[画像2: http://prtimes.jp/i/11403/8/resize/d11403-8-963217-1.jpg ]


FVCは創業以来製造業への投資を活発に行ってまいりました。その結果、FVCのポートフォリオの約半数が製造業となっています。近年は、これらのベンチャー企業に資金面のみならず、大手企業との連携を促すことで開発や販売面での支援にも注力しています。

今回のダルマテックラボとの資本業務提携でFVCはものづくりベンチャーに資金以外の面で支援できる体制(開発〜試作〜量産〜販売に至るものづくりの製造・販売プロセス)を強化することを目的としています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【会社概要】
フューチャーベンチャーキャピタル株式会社 http://www.fvc.co.jp
所在地 :〒604-8152 京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町659番地  烏丸中央ビル
代表者 :代表取締役社長 今庄 啓二
問合せ先:担当 事業推進部 矢野(やの) y-yano@fvc.co.jp

株式会社Darma Tech Labs(ダルマ テック ラボ) http://www.makersboot.camp/
所在地 :京都市下京区烏丸通仏光寺下ル大政所町680-1第八長谷ビル2F
代表者 :牧野 成将
問合せ先:担当 牧野(まきの) 080-5061-7808 makino@makersboot.camp

京都試作ネット
京都試作ネットは2001年7月に京都府下の機械金属関連の中小企業で構成された、部品加工から装置開発まで「試作に特化したソリューション提供」を専門とするサイト。現在は100社以上の中小企業が加盟しており、試作加工の集積地となりつつある。
ウェブサイト:http://www.kyoto-shisaku.com/ 問い合せ先:070-5669-8194



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る