• トップ
  • リリース
  • グループの事業体制強化に伴う代表取締役および役員交代のお知らせ

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

アストロラボ株式会社

グループの事業体制強化に伴う代表取締役および役員交代のお知らせ

(PR TIMES) 2016年04月01日(金)17時16分配信 PR TIMES

人間中心に設計された業務システムを世界最速クラスの処理速度で提供するアストロラボ株式会社(東京都世田谷区)は、2016年3月25日の株主総会において、代表取締役および役員の交代が決定いたしました。本交代は、親会社である株式会社アストロ数理ホールディングス(東京都世田谷区:代表取締役会長 小川浩二)と兼任体制であった代表役員を専任とし、今後の更なる事業拡大にむけた体制強化を目的としています。
[ 新役員体制 ]

[表1: http://prtimes.jp/data/corp/10489/table/8_1.jpg ]



*退任
取締役CDO久保 信介(以後、株式会社アストロ数理ホールディングス 取締役CDO 専任)
取締役CTO横幕 哲史

[ 新代表取締役 戸田知礼コメント ]
このたび、前代表である日下の後任としてアストロラボ代表取締役に就任した戸田です。アストロラボでは世界最速クラスのオンメモリデータベースCore Saver(R)やUI/UXの追求、独自の開発スキームの推進、アストロ数理ホールディングスのグループ力を活かしたオンリーワンの企画及びプロジェクトマネジメントを推進して参ります。これまで培ってきた経験を活かしながら、10年後の業界標準となる「本物の基幹システム」を提供するというグループのコンセプトを実現すべく全力を上げ、微力ではございますが寄与していく所存ですので、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

[株式会社アストロ数理ホールディングス 代表取締役社長 日下康幸コメント]
2012年12月のアストロラボ設立から3年。基幹業務システムの企画・デザインから始まったアストロラボは、数理技研・INDEXとの経営統合により企画〜開発〜保守までをワンストップで提供できるホールディングス体制となりました。日下は設立から代表を努めさせていただいたアストロラボの代表権を戸田に引き継ぎ、グループとして10年後の業界標準となる「本物の基幹システム」を提供するホールディングス体制の経営に尽力して参ります。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------

[画像: http://prtimes.jp/i/10489/8/resize/d10489-8-674669-2.jpg ]



《アストロ数理ホールディングスグループ》
流通・小売業様をはじめとした幅広い業態の企業様に向け、情報系・基幹系の大規模業務システム「AstroBlasterシリーズ」を展開しております。今、消費者が求めるサービスの質とスピードを実現するために、多くの企業様が必要としている圧倒的な処理速度と、それぞれの業務に即した機能。そして利用者の心地よさを追求したユーザーインターフェースを兼ね備えた、私たちが考える本物の基幹システムを、ワンストップで提供します。

《アストロラボ株式会社 http://www.astrolab.co.jp/
導入企業様の課題解決に向け、業務調査および分析を実施し、ビジネスプロセスの再構築を行います。その基盤を元に要件定義を行い、実際の利用者が流れるように使えるインターフェースデザインを実現いたします。

《株式会社数理技研 http://www.suri.co.jp/
処理性能を最大限に高め、効率的に稼働するシステムアーキテクチャを設計。市場の流れにリアルタイムで対応できる業務システムを、世界最速クラスのオンメモリーデータベースシステムCore Saver(R)を基盤に開発いたします。

《INDEX株式会社 http://www.index-biz.co.jp/
BPOによる幅広い業務経験のあるチームを整え、新システム導入後の運用を迅速にバックアップいたします。

【会社概要】

[表2: http://prtimes.jp/data/corp/10489/table/8_2.jpg ]



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る