• トップ
  • リリース
  • 高松建設 設計・施工の賃貸マンション「エスペランサ海老江」           「住宅金融支援機構 2016年度 理事表彰」受賞

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

高松建設 設計・施工の賃貸マンション「エスペランサ海老江」           「住宅金融支援機構 2016年度 理事表彰」受賞

(PR TIMES) 2016年08月10日(水)14時42分配信 PR TIMES

高松建設株式会社(本社:大阪市淀川区 代表取締役社長:西出雅弘)が設計・施工いたしました賃貸マンション「エスペランサ海老江」(大阪市福島区 総戸数:28戸)が、住宅金融支援機構の2016年度「理事表彰」を受賞いたしましたのでお知らせします。

「理事表彰」とは、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の融資を利用し建設された賃貸住宅のうち、子育て世帯や高齢者世帯への配慮といった日本の住宅政策の課題に対応した良質な賃貸住宅の供給や地域のまちづくりの推進に寄与したものとして、住宅金融支援機構が選定・表彰するものです。

<選定基準>

1. 地域の特色を生かした住環境の整備・改善並びにまちづくりに寄与したもの
2. 資源の有効活用やエネルギーの使用削減に寄与する等、環境に配慮したもの
3. 長寿社会への対応を目指したもの
4. 最先端の技術や工法を取り入れたもの 等

[画像: http://prtimes.jp/i/10262/8/resize/d10262-8-644768-1.jpg ]


<「エスペランサ海老江」の主な受賞理由>

・大阪最大のターミナル「梅田」に至近の都心でありながら今後の経済社会を見据え、新婚・子育て世帯をターゲットとしている
・防災性の向上を図るため、建築基準法の1.15倍の地震力で設計し耐震性を強化している
・エントランスホールなど共用部への手すりの設置をはじめ、住戸内の玄関・廊下・トイレにも将来手すりの設置を想定した壁面下地処理を施し、車椅子が通行可能な廊下幅の確保やイージークローズドアの採用など、子供や高齢者にやさしいバリアフリー設計となっている

高松建設株式会社は、オーナー様にとっても入居者様に対しても価値ある商品を創出し、ますます多様化するニーズに応えるとともに、安心・安全でより豊かな都市生活の実現に貢献していきます。


【エスペランサ海老江 物件概要】

所在地    大阪市福島区海老江8丁目1-5
交通     JR東西線「海老江」駅徒歩4分
       大阪市営地下鉄千日前線「野田阪神」駅徒歩7分
       阪神本線「野田」駅徒歩8分
敷地面積   408.39m2 (123.53坪)
延床面積   2,350.69m2 (711.08坪)
構造・規模  鉄筋コンクリート造8階建
総戸数    28戸
間取り    2LDK
専有面積   48.64m2 〜53.20m2
賃料  107,000円〜118,000円
スケジュール 着工 2015年6月
       竣工 2016年3月
       入居 2016年3月開始
設計・施工  高松建設株式会社

http://prtimes.jp/a/?f=d10262-20160810-8160.pdf



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る