プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

大和鋼管工業株式会社、TAMECCO RTLS導入で独自IoT経営開始

(PR TIMES) 2017年05月22日(月)12時29分配信 PR TIMES

大和鋼管工業株式会社(以下、「大和鋼管」)およびタメコ株式会社(以下、「タメコ社」)は、大和鋼管工場へのTAMECCO RTLS技術導入につき合意しましたので、下記のとおりお知らせいたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/9738/8/resize/d9738-8-726603-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/9738/8/resize/d9738-8-112746-1.jpg ]

タメコ社は、Bluetoothを主体に完全独自の位置測位技術を確立し、UWB・RFIDよりも広範囲で、Wi-Fiや一般ビーコン測位システムよりも高精度且つ廉価な独自アルゴリズム方式1m位置測位システム(RTLS)を展開するIoTスタートアップです。

[画像3: https://prtimes.jp/i/9738/8/resize/d9738-8-196925-2.jpg ]

本提携を通じて、大和鋼管はTAMECCO RTLSを関東工場等に導入し、スマホやタブレットを携帯する従業員・作業員の安全と機密情報を最新技術で管理するIoT式経営に乗り出します。

[画像4: https://prtimes.jp/i/9738/8/resize/d9738-8-151090-3.jpg ]


具体的には、TAMECCO RTLS により危険を伴う作業に従事する従業員の屋内外位置をリアルタイムモニターし、さらに危険ゾーン侵入時には本人及び全社にアラート等で生命・身体の安全と安心を向上して参ります。
[画像5: https://prtimes.jp/i/9738/8/resize/d9738-8-285931-4.jpg ]


さらに、機密マニュアルの情報をタブレットでデジタル管理し、TAMECCO RTLSと連携させることで必要な権限者が必要な場所でのみアクセスできるように制御し、知財や工程ノウハウに溢れる大和鋼管の益々の競争優位性を担保してまいります。
[画像6: https://prtimes.jp/i/9738/8/resize/d9738-8-532410-5.jpg ]


さらに、ウェアラブルキットから取得できる歩数・心拍数等の健康バロメーターデータとTAMECCO RTLSを連動させ、従業員一人一人の日々モチベーション向上と健康、そして長寿をサポートして参ります。

■ タメコ株式会社概要
(1) 商 号 :タメコ株式会社(http://www.tamecco.jp
(2) 代 表 者 :代表取締役 オー・ジョナ・ドンギュ
(3) 本社所在地 :東京都港区東麻布3-8-2 麻布マルカビル4階
(4) 設立 :2012年5月
(5) 主な事業の内容:「脱ビーコン」IoT開発
(6) 資 本 金 :481,106,662 円(資本準備金含む)

■ 大和鋼管工業株式会社概要
(1) 商 号 :大和鋼管工業株式会社(http://www.daiwast.co.jp/
(2) 代 表 者 : 代表取締役社長 中村慎市郎
(3) 本社所在地 : 栃木県さくら市鷲宿4530-1
(4) 創業 :1932年(昭和7年)9月
(5) 主な事業の内容:亜鉛メッキ鋼管(一般構造用、機械構造用、等の各種溶接鋼管)、鋼管加工(一般加工、ピン加工、塗装、マーキング、他)
(6) 資 本 金 :1億円



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る