• トップ
  • リリース
  • SNSで話題の手裏剣ボード、ついにアーケード版が登場 「NINJA TRAINER ARCADE」ロケーションテストを開始

プレスリリース

株式会社ダーツライブ

SNSで話題の手裏剣ボード、ついにアーケード版が登場 「NINJA TRAINER ARCADE」ロケーションテストを開始

(PR TIMES) 2019年12月19日(木)16時05分配信 PR TIMES

株式会社ダーツライブ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:桝本 菊夫)が開発・製作を行っているアーケード版手裏剣ボード「NINJA TRAINER ARCADE(ニンジャトレーナー アーケード)」のリリースが2020 年に決定しました。2019 年 12 月 17 日(火)から、都内各所でロケーションテストを実施しています。
[画像1: https://prtimes.jp/i/43246/7/resize/d43246-7-252772-1.jpg ]

手裏剣を“狙って投げる” シンプルなゲーム性
インバウンド向け施設への設置も推奨
2019 年6 月の発売開始以来、ご好評をいただいている家庭用手裏剣ボード「NINJA TRAINER」。2020 年にアーケード版「NINJA TRAINER ARCADE(以下、本マシン)」のリリースが決定しました。

本マシンは、“最高の忍者体験の提供”をコンセプトに作られた世界初の「手裏剣を狙って投げる」アーケードゲームです。家庭用ボード同様の「やわらかい手裏剣」と「刺さり心地抜群の盤面」を再現し、さらに盤面にLEDを採用して「狙いどころが色でわかる光るボード」に生まれ変わりました。また、本マシンには専用手裏剣が購入できる自販機機能が搭載されており、購入した手裏剣は何度でもお使いいただけます。

マシンの実装ゲームは4 種類。手裏剣技術による点数の競い合いや、陣取り対戦などをお楽しみいただけます。点数配置はLEDで色分けされており、手裏剣が刺さった場所を感知して点数の自動計算を行います。プレイを盛り上げる勝敗の演出にもぜひご注目ください。

日本忍者協議会(※)とダーツライブは、手裏剣技術を競い合うスポーツ化を目指した公式大会を計画中です。来日観光客の方が訪れる観光・インバウンド向け施設への設置も推奨しており、「忍者」という日本ならではの文化に楽しく触れられる新しいアミューズメントマシンとして、ぜひ導入をご検討ください。

[画像2: https://prtimes.jp/i/43246/7/resize/d43246-7-275848-0.png ]

------------
■NINJA TRAINER(ニンジャトレーナー)とは?
日本忍者協議会顧問であり、甲賀伴党二十一代目宗師家の川上仁一氏が監修・公認する世界唯一のソフト手裏剣です。2019 年6 月10 日に発売され、SNS やネットメディアで話題になりました。

■日本忍者協議会とは?
忍者という存在を日本の文化資産として世界に発信すべく作られた自治体等によって構成される世界唯一の忍者の公式組織です。
------------
■NINJA TRAINER公式Webサイト
https://www.ninja-trainer.com/jp/

■ロケーションテスト実施スケジュール
2019月12 月17日〜2020 年1 月20日:EXBAR TOKYO
2019月12 月19日〜2019 年12 月26日:セガ 新宿歌舞伎町
2019月12 月19日〜2019 年12 月26日:セガ 秋葉原5号館

来日観光客向けのお仕事をされている方のご来訪も歓迎しております。
ぜひお気軽に、ロケーションテストにご参加ください。
[画像3: https://prtimes.jp/i/43246/7/resize/d43246-7-569078-2.png ]

記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
記載されている情報は、発表日現在のものです。後日、都合により内容が予告なしに変更になる可能性があります。あらかじめご了承ください。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る