• トップ
  • リリース
  • プログラミング必修化に先駆け中学生がゲーム作成にチャレンジ!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

プログラミング必修化に先駆け中学生がゲーム作成にチャレンジ!

(PR TIMES) 2018年04月19日(木)17時01分配信 PR TIMES

NSGグループの株式会社チアリーが運営する年長・小学生・中学生向けプログラミングスクール「スタープログラミングスクール」は、4月14日(土)にKCJ GROUP 株式会社が企画・運営を行う こどもの職業・社会体験施設「キッザニア甲子園」で開催された第3回「ジュニア チャレンジ ジャパン」において、ゲームプログラミングの体験イベントを実施。
キッザニア甲子園が開催する「ジュニア チャレンジ ジャパン」は次世代を担うこども達に“自ら考え、行動し、生きる力を育む”きっかけを作ることを目的とした中学生向け企画に460名が参加いたしました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/32951/7/resize/d32951-7-727286-0.jpg ]

2020〜2022年における小中高でのプログラミング教育必修化に先駆け開催されたプログラミング体験イベントには、プログラミングやゲーム作成に興味のある中学生(33名)が参加し、プログラミングへの関心度の高さがみられました。

スタープログラミングスクールが提供したプログラミング体験イベントでは、教育用プログラミング言語“Scratch”を用いてオリジナルのシューティングゲームを作成。
まずは、キーボードを使ってキャラクターを左右に動かしたり弾を発射したりするプログラム作成にチャレンジ。そこに新たな動きを加えたり、キャラクターを追加したりして試行錯誤しながらオリジナルのゲームに仕上げました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/32951/7/resize/d32951-7-160084-1.jpg ]

2020~22年における小中高での必修化に向けて、ますます注目されるプログラミング教育。スタープログラミングスクールはその普及に益々寄与して参ります。

「STAR Programming SCHOOL」について
(株)チアリーが40年で30万人以上が学ぶ児童英語教室と、15年で54万人以上が学ぶパソコン教室で培った指導ノウハウを取り入れた、「自立」を促すプログラミング教室です。開校以降、子ども達が自らの未来を切り拓く力を身に付けるカリキュラムの構築と指導を行っています。
関東・関西圏を中心に、全国で40教室を開校。

<特徴>
★「習得-企画-創作-発表」を一連の学習サイクルと捉え、4つの反復によりチカラの定着を図る。
★自立を促す指導法により、生徒自らが考える環境と、楽しみながら学べる教育メソッドを構築。
★パソコン市民講座や第一ゼミナールの教室内で運営することで受講料の低価格化を実現。
★少人数制クラスによるきめ細やかな指導と、仲間を大切にする共創の気持ちを促進。

<概要>
コース:タブレットプログラミングコース、Scratchプログラミングコース、ロボットプログラミングコース
受講料:通いやすい低価格月謝制(週1回60分〜90分)
その他:振替授業・補講対応、保護者の授業見学可、タイピング指導、自宅学習可能

法人名:株式会社チアリー
所在地:大阪市中央区備後町2-6-8 サンライズビル13F
代表者名:和田 浩一
URL: http://www.star-programming-school.com/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る