• トップ
  • リリース
  • ECプラットフォーム「BECO'S(ビコーズ)」が、メディアコマースプラットフォームへ「BECOS(ベコス)」へブランドリニューアル。

プレスリリース

ECプラットフォーム「BECO'S(ビコーズ)」が、メディアコマースプラットフォームへ「BECOS(ベコス)」へブランドリニューアル。

(PR TIMES) 2019年06月01日(土)10時43分配信 PR TIMES

私たちは、真に想いと技術が融合した Made in Japan ブランドだけを厳選することで、世界中の方々に、新しい発見と感動体験を届けていきます。

Made in Japan ブランドを世界へ発信する株式会社KAZAANA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:樫村 健太郎)が運営する、ものづくりの現場とカスタマーを繋ぐ越境メディアコマースプラットフォーム「BECOS」< https://www.thebecos.com/ >は、「BECO'S(ビコーズ)」から「BECOS(ベコス)」へと、リブランディングいたしましたのでお知らせいたします。
[画像: https://prtimes.jp/i/31381/7/resize/d31381-7-881385-0.png ]

■新ブランドコンセプト
              Beautiful Crafts Online Store

BECOSは、作り手の想いがこもった、妥協のない Made in Japan ブランドを持つメーカー様だけを厳選させていただいた、越境ECプラットフォームです。

多くのネットショップに見られるような、多種多様なアイテムの品ぞろえを武器にすることなく、カスタマーに向き合う誠実で真摯な姿勢と、高い技術力を持つメーカー様に出店・出品していただくこと。

これにより有象無象のアイテムが溢れるインターネットの世界で、今までは発見しづらかった、素晴らしいメーカー様とカスタマーの方の出逢いをよりスムーズにします。


■メディアの運営をスタート

私たちは、大人の好奇心を刺激するオウンドメディア「BECOS JOURNAL(ベコス ジャーナル)」< https://www.thebecos.com/journal/ >も運営を開始いたしました。

ECページでは語りつくせない、アイテムの魅力や職人のインタビュー、プレゼントシーンごとのおすすめアイテムなどを発信しています。

BECOS JOURNALはわずか数ヶ月で月間PV数が10万PVを超え、以後もPV数は毎月平均150%の成長を続けています。

より身近な存在として Made in Japan ブランドを知っていただけるよう、日本を代表するものづくりの作り手たちの素晴らしさを、世界中に広めていきます。


■BECOSの特徴は?


日本国内はもちろん、世界中へアイテム販売が可能である



Made in Japan ブランドを厳選しているため、出店自体がブランディングとなる




急成長を続けるメディアで、自社のブランドやアイテムの特集記事、イベント情報や新商品発表などを発信できる




平均注文単価が ¥35,000 以上と高品質、高単価のアイテムを安心して販売できる



■プラットフォームとしてのBECOSの特徴は?


月額出店料がかからず、販売手数料のみで出店できる



アイテムの保管、写真・動画の撮影、梱包、発送までの一連の作業を全て任せることができる



アイテムの写真・動画の撮影はBECOSに任せ、保管、梱包、発送は自社という対応も可能



ページ作成、翻訳など販売スタート時の登録作業を全て任せることができる



オーダー管理、顧客対応など運営の手間を全て任せることができる



■BECOSのビジョン

「高品質、高単価のアイテムをインターネット上で世界中の人々へ届ける」

インターネットで靴は売れない

インターネットで洋服は売れない

インターネットで食品は売れない

これまで様々なアウトサイダー達が、上記のような業界の常識を壊してきました。

私たちBECOSも「インターネットでは高単価のアイテムは売れない」という業界の常識を打ち壊していきます。

真に価値があるモノを、きちんと評価し、きちんとカスタマーに届け、きちんと作り手にまで還元されるエコシステムを構築していきます。


■BECOSへの出店

BECOSへの出店に興味のある方は下記よりお問合せください。

http://kazaana.biz/contact/

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る