• トップ
  • リリース
  • 食事時の「息への不安」から起こる職場のミスコミュニケーションを岡田将生さんがクロレッツでスッキリ解決!クロレッツ新TV-CM2018年9月10日(月)からオンエア開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

モンデリーズ・ジャパン株式会社

食事時の「息への不安」から起こる職場のミスコミュニケーションを岡田将生さんがクロレッツでスッキリ解決!クロレッツ新TV-CM2018年9月10日(月)からオンエア開始

(PR TIMES) 2018年09月03日(月)15時01分配信 PR TIMES

モンデリーズ・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区 / 代表取締役社長:辺 丙三)のガム製品で、32年にわたり日本国民のお口スッキリを実現している「クロレッツ」は、製品のリニューアルに伴い、昨年に引き続き岡田将生さん起用し、”いい息、いいクウキ”を表現した新TVCMを2018年9月10日(月)から全国で放送開始致します。
新CMでは息を気にしてジェスチャーで要件を伝えようとするが、上手くかみ合わない浅野和之さんと大津尋葵さんのコミカルなやり取りに対し、岡田さんがクロレッツを提案することで、2人の息への不安が解決することを表現しています。上司や同僚の息への不安を冷静かつ爽やかに解決する、岡田さんの演技に是非ご注目ください。

なお、今回リニューアルした「クロレッツ」は、多くの消費者から支持されているクロレッツの味わいはそのままに、緑茶ポリフェノールを新配合※1致しました。
※1 健康増進目的ではありません。
[画像1: https://prtimes.jp/i/30752/7/resize/d30752-7-947048-3.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/30752/7/resize/d30752-7-728974-9.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/30752/7/resize/d30752-7-704402-10.jpg ]


●CM概要
・CMタイトル:クロレッツ「ジェスチャー」篇
・秒数:15秒 / 30秒
・放送開始日:2018年9月10日(月)
・放送エリア:全国
・出演:岡田将生(スターダストプロモーション)
    浅野和之(シス・カンパニー)
    大津尋葵(ダックスープ)

●CMの見所
「珍しいキノコ舞踏団」代表の伊藤千枝さんに開発していただいたジェスチャーです。息が気になって話せない上司と部下のコミカルな動き、それとは対照的に常に爽やかな岡田さんにご注目ください。

●撮影エピソード
岡田さん、浅野さん、大津さんには早めに撮影現場に入って頂き、撮影当日にジェスチャーのふりつけを覚えて頂きました。みなさん、さすがの役者魂で少しの練習時間で完璧に振りや動きを覚えてくださり、スムーズに撮影を進めることができました。決められた動きだけでなくアドリブもあったりなど、終始和やかなムードで楽しい撮影でした。

●岡田将生さんの起用理由
昨年から引き続き、「スッキリなクロレッツ」の顔として岡田さんを起用しています。老若男女から人気があり、清潔で爽やかな岡田さんはまさにクロレッツにぴったりです。また、近年の岡田さんの出演作品は多岐に渡り、様々な役柄、表情を演じ分ける岡田さんに是非ジェスチャーをやっていただきたく、製品カットでは岡田さんにもジェスチャーして頂きました。

●その他キャストの起用理由
ジェスチャーが中心にある企画だったため、とにかく「動きがキレる人」を探しました。また、ストーリー内容的に、会話が噛み合わない状態が続きますが、その動きや表情がコミカルで、見ていてどんどん引き込まれて楽しくなる絵作りができる方を探していました。浅野さんはパントマイムが特技とのことで、動きを拝見して一発でこの方にお願いしたいと思いました。大津さんも、オーディションをさせていただき、動きと表情のかわいらしさから満場一致で起用しました。

≪岡田将生さんプロフィール≫

[画像4: https://prtimes.jp/i/30752/7/resize/d30752-7-590507-11.jpg ]

1989年生まれ、東京都出身。
2006年デビュー。2009年に初主演映画「ホノカアボーイ」などで第33回日本アカデミー賞新人俳優賞ほか、その年に公開された映画で国内映画賞を多数受賞。主な映画出演作に「重力ピエロ」「告白」「悪人」「雷桜」「プリンセストヨトミ」「アントキノイノチ」「宇宙兄弟」「潔く柔く」「想いのこし」「秘密 THE TOP SECRET」「銀魂」「ジョジョの奇妙な冒険」「伊藤くんA to E」など。
現在「銀魂2 掟は破るためにこそある」が公開中。主演映画「家族のはなし」の公開が今年、「そらのレストラン」 の公開が来年春に控えている。
ドラマでは主演NHKドラマ10「昭和元禄落語心中」 が10月から放送予定。NHK2019年度前期 連続テレビ小説「なつぞら」 の出演も控えている。


≪浅野和之さんプロフィール≫

[画像5: https://prtimes.jp/i/30752/7/resize/d30752-7-757824-0.jpg ]


1954年2月2日生まれ。東京都出身。
安部公房スタジオ、劇団夢の遊眠社を経て、舞台・映像と幅広く活躍する。
主な受賞は、第40回紀伊國屋演劇賞個人賞受賞、第13回読売演劇大賞最優秀男優賞受賞、第18回読売演劇大賞最優秀男優賞受賞。
近年の主な出演作に、映画「ギャラクシー街道」「海賊と呼ばれた男」「キスできる餃子」「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」テレビ TBS「コウノドリ」NTV「母になる」NTV「もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜」TBS「義母と娘のブルース」
舞台「コペンハーゲン」「エノケソ一代記」「子供の事情」「スーパー歌舞伎II ワンピース」「て」などがある。


■TVCM制作意図
スッキリガムの代名詞であるクロレッツが、緑茶ポリフェノール新配合。クロレッツの最大の特徴である「息スッキリ」を印象的に伝えるため、CMでは自分の息が心配で会話ができずジェスチャーしてしまう上司と部下のやりとりを表現。岡田将生さんが差し出すクロレッツによって「いい息」になり、二人の関係性も「いいクウキ」になる様子をユーモラスに描いています。

■CMストーリー
とあるオフィスを歩く、岡田さんと同僚(大津尋葵)。そこへ、同僚の上司(浅野和之)が通りかかり、同僚へ声を掛けようとするが、声を発しようとした瞬間、自分の息に不安を覚える。「俺の息、平気かな?」そう思った上司は、言葉を発することをせず部下へジェスチャーを使ってコミュニケーションを試みる。部下も自分の息に不安を感じジェスチャーで答えるが、二人の会話は噛み合わないまま進行していく。それを見た岡田さんは、彼らが息を気にするあまり声を出してコミュニケーションできていないことに気づき、クロレッツを差し出す。クロレッツを食べた上司・部下は緑茶ポリフェノール新配合のクロレッツのスッキリを体感、息の心配をせずにお互いの思いを伝えることができ、誤解も解け、彼らの間にはいいクウキが流れる。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る