• トップ
  • リリース
  • 山口県初上陸 ラーメンウォーカー殿堂入り 元祖替玉10円 とんこつラーメン専門店「博多三氣」

プレスリリース

株式会社博多三氣

山口県初上陸 ラーメンウォーカー殿堂入り 元祖替玉10円 とんこつラーメン専門店「博多三氣」

(PR TIMES) 2019年04月06日(土)10時40分配信 PR TIMES

カフェのようなセルフスタイル新業態で登場

元祖替玉10円 とんこつラーメン専門店博多三氣(はかたさんき)を運営する株式会社博多三氣(岩本志郎社長、本社大野城市)が、山口県下関市のゆめシティ内に 博多三氣 ゆめシティ店を4月9日(火)午前11時に新規開店すると発表しました。
[画像: https://prtimes.jp/i/22591/7/resize/d22591-7-967334-3.jpg ]

元祖替玉10円 とんこつラーメン専門店博多三氣(はかたさんき)を運営する株式会社博多三氣(岩本志郎社長、本社大野城市)が、山口県下関市のゆめシティ1階レストラン街に 博多三氣 ゆめシティ店を4月9日(火)午前11時に新規開店すると発表しました。
博多三氣は、福岡市近郊で店舗展開をしている博多とんこつラーメンの専門店です。
山口県内では初出店となります。

店舗は1階のレストラン街ですが、店内はフードコートのようなセルフスタイルの形式となっています。
店内の作りは博多の祭り 「博多祇園山笠」、「博多どんたくみなと祭り」をモチーフにしながらもカフェのような新感覚の空間でラーメンを食べることができます。

博多三氣といえば、福岡県産ラーメン専用小麦 ラー麦100%の自家製麺と老若男女を問わず楽しめるあっさ
りスープ。もちろん、替玉は何玉でも1玉10円。(特定期間除く)
本場の博多でも替玉は、ここ10年で1玉200円にまで値上げとなり話題になっていますが、国産小麦100%のこだわりの自家製麺を1玉10円で提供しているのには理由があります。
一般的に麺は、コスト面と麺づくりの難しさから、外国産小麦を利用するラーメン店が多い中、あえてコストの高い
国産小麦のみにこだわるのは、国内の農業の活性化に貢献したいという思いと、食の安全性にこだわったからです。
麺、スープ、ねぎ、餃子などほとんどの食材を九州内で調達し、地産地消にこだわったラーメンを提供しています。
新名物として同店から新発売となる とんこつカレー&とんこつカレーラーメン はとんこつスープを出汁にした独自開発のカレールーは深い旨みが特徴。カレーラーメンは発売記念で小ライスもついてくるので、麺を食べた後にご飯を投入することでシメのカレーライスにできるので、2度美味しい得なメニューとなっています。


博多三氣 ゆめシティ店
山口県下関市伊倉新町3-1-1ゆめシティ1階レストラン街
電話:083-250-7878
営業時間 11:00〜22:00  最終入店 21:30
客席数 32席
共同駐車場2200台

博多三氣公式ホームページ https://hakata-sanki.jp/
博多三氣フランチャイズ募集 https://fc.hakata-sanki.jp/
博多製麺処 https://www.hakata-seimensho.com/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る