• トップ
  • リリース
  • 株式会社BYD、株式会社エナジードの提供教材を教育現場へアクティブラーニング型授業として導入・実施するに伴い、本格的な業務提携を開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社BYD、株式会社エナジードの提供教材を教育現場へアクティブラーニング型授業として導入・実施するに伴い、本格的な業務提携を開始

(PR TIMES) 2017年01月30日(月)10時16分配信 PR TIMES

〜これからの日本の教育現場で必要とされるアクティブラーニング型導入に向けて〜

若者向けキャリア教育スクール「3rd Class」を運営する株式会社BYD(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:井上創太、以下「BYD」)と、次代型キャリア教育「ENAGEED」を運営する株式会社エナジード(本社:東京都港区、代表取締役社長:氏家光謙、以下「エナジード」)が、「今、予想されている未来で戦う力を身につける」ための教材"ENAGEED"をアクティブラーニング型授業として学校現場や企業研修へ導入・実施するにあたり、本格的な業務提携を決定致しました。


提携に至った背景



ENAGEEDは、「未来に予測されていること」や「社会に価値を生む方法」など「用意された正解」ではなく「自分で見出した納得解」を考える力を学生でも身につけることのできる教材です。しかし、既存の教育にはない全く新しい教材であるため、実際の教育現場にどのように導入していくかが大きなポイントでした。
このような中、ほぼ全ての授業がアクティブラーニング型授業で構成される3rd Classでは、ENAGEEDをいち早く導入し、生徒から大きな反響を呼びました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/22326/7/resize/d22326-7-576958-1.jpg ]

(ENAGEEDをアクティブラーニング型授業で進めている様子)

そこで、「答えのないものを考える教材×答えのないものを考えさせる授業スタイル」という、学習の効果の最大化を図り、且つ、ENAGEEDを全国の小中学校・高等学校・塾などにアクティブラーニング型授業として導入するため、BYDとエナジードにて本格的な業務提携を行うに至りました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/22326/7/resize/d22326-7-695612-2.jpg ]

(BYD代表取締役 井上創太とエナジード代表取締役 氏家光謙)

※BYDの授業を元にアクティブラーニング型授業導入に向けた参考動画も作成され、現場教員が既存の教育には取り入れづらかったアクティブラーニング型授業を現場単位で行えるよう推進していく予定です。
(動画名:イメージ動画〜アクティブラーニングの導入に向けて〜)
(動画URL: https://www.youtube.com/watch?v=n_1VFJRezxo)


【3rd Classとは】


3rd Classとは、既存の義務教育では教わらないが社会に出ると必要とされるスキルやマインドを学ぶ事のできる様々な授業を提供し、それらを通じて1人1人の”夢中”を発見し実現するための力を身につけていく教室です。
具体的な講座として、アイディア発想力講座・グローバル思考講座・コミュニケーション講座をセットとした社会人基礎となる「ベーシック講座」、英語プレゼンテーション講座や実践マーケティング講座等のより専門的なスキル習得の「アドバンスド講座」の大きく2つのレベルに分類し提供しています。

※本記事で取り上げたENAGEEDを用いた授業である「アイディア発想力講座」の開講情報は以下のURLの「(火曜日〜木曜日)Basicコース」からご参照することが可能です。
http://www.3rd-class.jp/class

また、授業はすべてアクティブラーニング型で進められていきます。問いに対する答えを講師から伝えるだけの一方通行型の授業ではなく、問いに対し自分の頭で考え、講師や仲間からのフィードバックを受けるスタイルで進められるため、学習効果の高い双方向的な授業の提供が可能です。
授業の中では、ディスカッションやプレゼンテーションを通じて自分を表現することにより、相手からのフィードバックが得られ、自分自身を振り返ることができます。その繰り返しの中で自分自身のことをさらに深く知ることができ、「本当にやりたいことは何か、自分が夢中になれることは何か」を知ることができます。
こうして、見つかった夢中になれるものに挑戦するための実力をつけ、仲間を見つける場所が3rd Classです。

以上を通し、『他人を大切にするから、自分を大切にできる「認め合い、高め合う」を学ぶ教室を創り出すこと』をミッションに、『「夢中」になって輝く人で溢れる社会の実現』をBYDはビジョンとして3rd Classを運営しています。

3rd Classホームページサイト
URL:http://www.3rd-class.jp/
[画像3: https://prtimes.jp/i/22326/7/resize/d22326-7-888273-0.jpg ]




株式会社BYDについて


《会社概要》
商号   :株式会社BYD
代表者  :代表取締役 井上創太
所在地  :〒150−0031 東京都渋谷区桜丘町15-8高木産業会館423号室
設立   :2015年1月5日
事業内容 :キャリア教育スクール「3rd Class」事業
      セミナー事業
      採用コンサルティング事業
      企業研修事業
URL   : http://www.3rd-class.jp/
TEL   :03-6809-0064


株式会社エナジード提供教材「ENAGEED」とは


「今、予測されている未来で戦う力」を身につけることを目的とした、7冊のワークシートとムービーを中心とした教材です。
これまで学校で扱われてきた教材とは異なり、エッジの効いたデザインとワークシートであり、決められた正解が一切無いことが特徴です。
2020年の入試改革後に求められる「用意された正解」ではなく「自分で見出した納得解」を考える力を学ぶことができます。
また、初めて授業を実施する先生が取り組みやすいよう、先生用の指導書や研修会なども完備しています。
IoTやグローバル化など、教科書で取り上げられにくい未来に関するテーマを題材に、自分の未来と社会に対しての課題開発・立案を繰り返すことで「自己肯定感」「社会に対する主体性」「自身の可能性の理解」を育てます。

【試験的な導入/国内の導入校抜粋】
・同志社中学校
・滋賀学園中学校・高等学校
・目白研心中学校・高等学校
・滝川中学校・高等学校
・帝塚山中学校・高等学校
・浦和実業高校

※同教材は、学習塾「栄光ゼミナール」を運営する株式会社栄光(Z会グループ)のグループ会社である株式会社エデュケーショナルネットワーク(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:二瓶嘉男)と2020年の入試改革に向けた「21世紀型キャリア教育ENAGEED」の提供を12月1日から正式に開始しています。


【株式会社エナジードについて】


「今予想されている未来で必要な課題開発力・解決力」の育成を目的とした教材「ENAGEED」を作成しています。
「課題開発力」と呼ぶ「身の回りの不具合を、人のせいや社会のせいにせずに、自ら取り組むことで解決できる課題だと認識する力」を根源に、次世代の職業観・人を巻き込み実現する力などを体系化させ、「自分の可能性を正確に理解」し、「社会と自分の人生に主体的になる」考え方を展開しています。

《会社概要》
商号   :株式会社エナジード
代表者  :代表取締役 氏家光謙
所在地  :〒108−0023 東京都港区芝浦3-14-19大成企業ビル8F
設立   :2012年10月1日
事業内容 :次世代型キャリア教育「ENAGEED」の企画・運営
      人材育成・コンサル事業の企画・運営
URL    : http://enageed.jp
TEL:03-6453-9024


【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】


株式会社BYD 広報担当:山口
Tel:03-6809-0064
メールアドレス:t.yamaguchi@b-y-d.co.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る