• トップ
  • リリース
  • 楽天トラベル、シニアに人気の温泉地・温泉宿ランキングを発表

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

楽天トラベル、シニアに人気の温泉地・温泉宿ランキングを発表

(PR TIMES) 2016年09月16日(金)11時35分配信 PR TIMES

シニアの温泉旅行は前年同期比約1.3倍に伸張、温泉地・温泉宿ともに佐賀県の嬉野温泉が1位を獲得

旅行予約サービス「楽天トラベル」 ( http://travel.rakuten.co.jp/ )は、シニア(60歳以上)に人気の温泉地・温泉宿ランキングを発表しました。シニアの宿泊者を対象に温泉宿の宿泊人泊数(宿泊のべ人数)実績をもとに算出した結果、シニアの温泉旅行は前年同期比+26.3%(約1.3倍)と増加傾向で、温泉地ランキングでは温泉地全体でバリアフリー化を促進する嬉野温泉が1位となり、温泉宿ランキングでは同じく嬉野温泉の「嬉野温泉 ホテル華翠苑」が1位を獲得しました。温泉地ランキング2位は岐阜県の飛騨高山温泉、3位は岩手県の八幡平温泉がランクインし、温泉宿ランキング2位は福島県の「野地温泉ホテル」、3位は「皆生温泉 皆生シーサイドホテル 海の四季」がランクインしました。
[画像1: http://prtimes.jp/i/21228/7/resize/d21228-7-832622-1.jpg ]

シニアに人気の温泉地ランキング TOP10

[表1: http://prtimes.jp/data/corp/21228/table/7_1.jpg ]


[画像2: http://prtimes.jp/i/21228/7/resize/d21228-7-265847-2.jpg ]

[画像3: http://prtimes.jp/i/21228/7/resize/d21228-7-374069-0.jpg ]

 シニアに人気の温泉地1位となった佐賀県の嬉野温泉はシニアの予約が前年同期比+196.2%(約3倍)と飛躍的に伸びています。嬉野温泉では賀嬉野バリアフリーツアーセンターを中心に嬉野市や観光協会等と連携しながら温泉地のバリアフリー化を進めています。バリアフリー化は宿泊施設の「ユニバーサルデザイン客室」の整備や温泉街の足湯に車椅子での利用できるスペースの設置といったハード面の充実に加え、簡単に着用ができるユニバーサルデザインの浴衣の販売や介護を必要とする高齢者のお客様向けに入浴介助ヘルパーを派遣するサービスを行うなどのソフト面の充実を行っており、シニアが温泉を楽しめる工夫を凝らしています。2位にランクインした岐阜県高山市にある飛騨高山温泉は、商人町として発達した重要伝統的建造物群保存地区の「古い町並」や飛騨高山の集落博物館「飛騨の里」などの観光に便利な立地の宿でシニアプランの予約が好調です。「飛騨の里」では車椅子と電動カーを数量限定で貸し出し可能で、車椅子利用者向けの見学コースの設置があります。3位の岩手県八幡平温泉はトレッキングやウィンタースポーツなど高原でのアクティビティを年中楽しむことができる温泉地で、自然体験の後で温泉に入ることができ、自然の景色を楽しめるリゾートホテルの宿泊が人気です。

[画像4: http://prtimes.jp/i/21228/7/resize/d21228-7-255752-5.jpg ]

シニアに人気の温泉宿ランキング TOP10

[表2: http://prtimes.jp/data/corp/21228/table/7_2.jpg ]



 人気の温泉宿ランキングでは、シニアの宿泊者のいるグループや全員がシニアのグループを対象に宿泊料金が割引きとなるプランを販売する宿や、宿泊者への車椅子の貸し出しやバリアフリー用のトイレの設置を行う宿がランクインしています。

[画像5: http://prtimes.jp/i/21228/7/resize/d21228-7-585966-4.jpg ]

[画像6: http://prtimes.jp/i/21228/7/resize/d21228-7-480204-3.jpg ]

 1位にランクインした佐賀県の「嬉野温泉 ホテル華翠苑」は嬉野の街並みや星空が眺められる露天風呂や、半身浴や寝湯ができる浅めに設計された地下の大浴場で美肌の湯といわれる嬉野温泉を楽しむことができます。また、大浴場には手すりが備え付けてあるため安心して入浴ができます。食事は嬉野名物の「温泉湯豆腐」や旬の食材を使った会席料理を提供しており、シニアの宿泊者からは「食事は美味しく、量もシルバー層には丁度良かった。夫婦二人でのんびりでき、また来てみたいホテル」との感想が寄せられました。

[画像7: http://prtimes.jp/i/21228/7/resize/d21228-7-155221-7.jpg ]



[画像8: http://prtimes.jp/i/21228/7/resize/d21228-7-595345-6.jpg ]

 2位の福島県「野地温泉ホテル」は乳白色でやわらかい肌触りの単純硫温泉を自然に囲まれた露天風呂で楽しむことができる温泉宿で、山道運転が不安な宿泊者は福島駅もしくは専用駐車場からの無料送迎サービスを利用することができます。シニアの宿泊者の感想では、「とにかく風呂がいい!6か所の浴場は内風呂も露天風呂も広さ十分。湯の花舞う乳白色の湯船にどっぷりとつかれば極楽です。送迎は福島駅から。山道運転に自信がない方は土湯温泉手前の専用無料駐車場からも送迎バスに乗れるので安心です」との声があがっています。



[画像9: http://prtimes.jp/i/21228/7/resize/d21228-7-349637-8.jpg ]

[画像10: http://prtimes.jp/i/21228/7/resize/d21228-7-265032-9.jpg ]

 3位にランクインした鳥取県の「皆生温泉 皆生シーサイドホテル 海の四季」は全客室オーシャンビューの温泉宿で、60歳以上の宿泊者のいるグループ向けのシニアプランを用意しています。シニアプランでは季節や地元の食材にこだわった量が控えめの料理をテーブル席で楽しむことができ、貸し切り風呂では同伴者と一緒に温泉に入ることができます。宿泊者からは「シニアむけに少しずつおいしい食材で料理されて、おいしかったです」との感想が寄せられました。


「シニアの温泉旅行」に関する調査概要
調査日: 2016年8月1日(月)
調査対象: 60歳以上のシニアを対象に、全国の温泉宿の「シニア」のキーワードの入っている宿泊プランの宿泊人泊数(宿泊のべ人数)実績をもとに算出。(温泉地ランキングはプラン販売実績が2宿以上ある温泉地が対象、温泉宿ランキングは2名以上利用の実績が対象)
対象期間: 2015年8月1日(土)から2016年7月31日(日)



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る