• トップ
  • リリース
  • AIGがニュージーランドラグビー協会とのスポンサー契約を更新

プレスリリース

AIGジャパン・ホールディングス株式会社

AIGがニュージーランドラグビー協会とのスポンサー契約を更新

(PR TIMES) 2016年11月07日(月)11時43分配信 PR TIMES

アメリカン・インターナショナル・グループ・インク(以下、AIG)は、ニュージーランドラグビー協会(以下、NZR)とのスポンサー契約の更新を発表しました。2012年から続く両者のパートナーシップを今後も継続し、ニュージーランド代表チーム“オールブラックス”をはじめとする代表チームから地域社会のレベルに至るまで、ラグビーの発展を世界中で支援していきます。
今回の契約更新に関して、NZRのチーフエグゼクティブのスティーブ・チュー氏は、「AIGとのパートナー契約を更新できたことを大変嬉しく思います。AIGは2012年のパートナー契約開始以来、強力なサポーターとして世界中で我々のチームの認知度を上げるために貢献しています。アメリカや中国、その他の国々の数百万人もの新しいファンに、ニュージーランドラグビーのチームやストーリーを紹介し、グラウンドの外でも目覚ましい成果を上げてくれています。これはニュージーランドラグビーにとって非常に前向きな一歩であり、コミュニティーレベルからハイパフォーマンスなレベルまで、二ュージーランドにおけるラグビーを強化するための資金面の確保にも繋がっています」とコメントを述べています。

AIGとNZRは、過去4年間で世界64カ国においてラグビーの普及活動を展開し、東京を含む9都市で国際レベルのラグビーイベントを開催し、世界中の何百万人もの人々にラグビーの魅力を発信してきました。特にアメリカでは、ラグビーは最も競技人口が増加しているチームスポーツとされ、2012年から実に50%以上もの伸びを見せています。

AIGの社長兼CEOであるピーター・ハンコックは、「AIGとニュージーランドラグビー協会がパートナーとして継続できることに対し非常にうれしく思っています。我々のスポンサーシップは価値のあるマーケティングツールであり、AIG社員にとっても素晴らしい刺激を与えるものです」と述べています。

今回の契約更新により、AIGは引き続きNZRのメジャーグローバルスポンサーならびにオールブラックスの公式保険パートナーとして、今後6年間、オールブラックスをはじめ、オールブラックス・セブンズ(7人制ラグビー代表)、マオリ・オールブラックス(ニュージーランド先住民族のマオリ代表)、ブラックファーンズ(女子代表)、U20ニュージーランド代表をサポートしてまいります。

AIGが2012年にパートナー契約を開始して以来、ニュージーランドのチームはラグビーワールドカップで史上初の2大会連続優勝を果たし、オールブラックス・セブンズおよびブラックファーン・セブンズは7人制ラグビーのワールドカップで優勝、U20ニュージーランドは世界選手権で優勝、さらにブラックファーン・セブンズはリオ五輪でも銀メダルを獲得するなど、数々の成功を収めています。

AIGはスポンサーオブザイヤーとして認められ、初年度のスポンサーシップが名誉あるスポーツニュージーランドレクリエーション賞を受賞しました。また、たった4年間でAIGは過去10年間の最優秀スポンサーシップを決めるラグビー・スポンサー・オブ・ザ・デケード賞を受賞しました。

この契約は、ラグビーにおける準備の重要性や、互いを尊重しながら安全にラグビーに参加することの大切さを強調するもので、ラグビー文化の発展はもちろん、プレーの安全面や選手の健康サポートを推進していくための啓蒙活動や地域社会への働きかけを継続していくことも含まれています。

オールブラックスのコーチであるスティーブ・ハンセン氏は、「AIGはラグビーや我々の選手、伝統を理解してくれる良いパートナーです。こうした強固な基盤を更に強めていくことで、我々はホームや世界中でラグビーをさらに成長させていきます」とコメントを述べています。

また、AIGとNZRのパートナーシップにより、今年の12月初旬にオールブラックスのメンバーが来日し、東京で小学生や一般市民を対象としたイベントを開催します。

今回の契約更新についてAIGジャパン・ホールディングスのロバート・L・ノディン代表取締役社長兼CEOは、「最近のラグビーの盛り上がりもあり、日本で開催される2019年のラグビーワールドカップに向けて、ラグビーへの関心が高まっています。AIGとオールブラックスの継続的な提携は、子どもたちとのタグラグビーをはじめ、日本のトップリーグ、世界的にも有名なオールブラックスに至るまで、あらゆるレベルでラグビーとその理念への強いサポートを象徴しています。AIGジャパンがコミュニティで存在感を示す意味でも、このパートナーシップは非常に価値のあるものであると考えています」と述べています。

AIGは、こうした活動を通じて、今後も世界規模でのラグビーの普及活動を支援してまいります。


<AIGについて>
AIG グループは、世界の保険業界のリーダーであり、100 以上の国や地域で顧客にサービスを提供しています。1919年に創業し、現在では、損害保険、生命保険、リタイヤメント商品、モーゲージ保険およびその他の金融サービスを幅広く提供しています。AIGグループの商品・サービスを通じた多岐にわたるサポートは、法人および個人のお客様の資産を守り、リスクマネジメントおよび確かなリタイヤメント・セキュリティをお届けします。持株会社 AIG, Inc.はニューヨークおよび東京の各証券取引所に上場しています。
日本では、AIU損害保険株式会社、アメリカンホーム医療・損害保険株式会社、富士火災海上保険株式会社、AIG富士生命保険株式会社、ジェイアイ傷害火災保険株式会社、AIG富士インシュアランスサービス株式会社、テックマークジャパン株式会社などが事業を展開しています。
詳細は、ウェブサイトwww.AIG.comをご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る