• トップ
  • リリース
  • 日本全国の病産院に選ばれて10年以上No.1「パンパースのはじめての肌へのいちばん」の病産院向け低出生体重児用製品を改良新発売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社

日本全国の病産院に選ばれて10年以上No.1「パンパースのはじめての肌へのいちばん」の病産院向け低出生体重児用製品を改良新発売

(PR TIMES) 2017年03月16日(木)10時15分配信 PR TIMES

世界初の800g未満低出生体重児用紙おむつ「P-3」も新たに開発 4月末より順次発売

P&G(本社:神戸市)は、赤ちゃんの健やかな成長を応援する乳幼児用紙おむつブランド『パンパース』より、プレミアムライン「パンパースのはじめての肌へのいちばん*2」の病産院向け製品フルラインを大型改良し、4月末より順次発売いたします。全ての赤ちゃんの成長をサポートすべく、サイズ展開を細かく設定し、世界初*3となる800g未満低出生体重児用紙おむつ「P-3」とフラットタイプの紙おむつも新たに新登場いたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/20334/7/resize/d20334-7-408128-7.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/20334/7/resize/d20334-7-428677-4.jpg ]

日本全国の病産院に選ばれて10年以上No.1*1のパンパースは、生まれてくるすべての赤ちゃんの健やかな成長を応援すべく、この度、国内外150名以上のNICU(新生児集中治療室)看護師のみなさまのご意見をお伺い*4し、赤ちゃんの発育ニーズを考えたミニマルハンドリングをテーマとした新しい低出生体重児用おむつを大型改良いたしました。通常の新生児用おむつは、3,000g前後の赤ちゃん用に作られていますが、それよりも小さく生まれてくる様々な大きさの赤ちゃんに対応するために細かいサイズ展開をしています。

【発売の背景】
厚生労働省の「人口動態調査」によると、現在ほぼ10人に1人の赤ちゃんが低出生体重児(2,500g未満)として生まれており、医療の発達や高齢出産の増加などその理由は様々ですが、20-30年前と比較すると年々増加しています。
低出生体重児の器官は未発達で皮膚も繊細なため、発育には睡眠、適切な発育ポジショニング、平穏な発育環境が必要です。しかし、病産院の先生や看護師の方のお話を伺うと、NICUにおいておむつ替えの時に赤ちゃんに負担が掛かってしまったり、サイズの合わないおむつを使用している現状がありました。とても繊細な赤ちゃんにはなるべく刺激を与えないケアが必要なため、そのミニマルハンドリングを可能にする製品が必要でした。
パンパースが目指したのは、すべての赤ちゃんの健やかな発育と、親子の絆づくりを支えること、そして病院でのケアをサポートすることです。パンパースは、低出生体重児を含むすべての赤ちゃんのために、おむつ替えの際の安全性、心地よさ、やさしいケアを届ける信頼性の高い製品を提供するため、病産院やNICUと協力しながら研究や開発を続けています。
生まれてきたすべての赤ちゃんに合う製品を提供し、NICUの医療現場をサポートしていくために、「パンパースのはじめての肌へのいちばん*2」の病産院向け製品を大型改良します。

[画像3: https://prtimes.jp/i/20334/7/resize/d20334-7-519447-6.jpg ]

出生体重児の発育ニーズに基づき、ミニマルハンドリングの実現を追及した製品。生まれてきたすべての赤ちゃんに対応し、NICUの医療現場をサポートします。

● 大幅新改良したP-1、P-2
やわらかくなめらかなトップシートと足周りふわふわギャザーを採用。P-1はサイズを見直し、従来品より20%小さくしました。P-2は股の幅を従来品に比べて34%狭くしました。

● 世界初*3 P-3サイズの登場
世界で初めて*3開発された800g未満の低出生体重児用サイズは、リバーシブル(前後どちらでも使用可能)で使うことができ、うつ伏せで寝ている赤ちゃんを仰向けにしなくてもおむつ替えを可能にしました。また、ぴったりフィットの吸収体とやわらかくなめらかなトップシートを採用しています。

● 新登場のフラットタイプ
赤ちゃんへの刺激を最低限にするフラットタイプが新しくラインアップに追加。やわらかくなめらかなトップシートを採用し、おむつと同じくらいの吸収力があり、モレ防止機能が付いています。

● 低出生体重児用P-3/P-2製品特長
赤ちゃんに負担をかけないために、赤ちゃんに負担を与える作業を少しでも減らす工夫をした代表的な4つの特長は以下の通りです。


[画像4: https://prtimes.jp/i/20334/7/resize/d20334-7-278067-5.jpg ]

1.どこでもテープ
赤ちゃんの眠りをできるだけ妨げない替えやすさ
予定日より早く生まれた赤ちゃんにとって、眠りが邪魔されることのない子宮にいるような環境が必要です。「パンパースのはじめての肌へのいちばん*2」病産院向けシリーズの新しい特長である「どこでもテープ」は、機器の配線があっておむつのテープが留めづらい状況でもフィット感を実現。赤ちゃんの向きを変えずにテープを止めることができ、眠りを妨げません。

2.リバーシブルおむつ(前後どちらでも使用可能)
うつぶせでも前後を気にせずおむつ替えが可能
新しくデザインされた吸収体によって前後の吸収性が等しくなり(リバーシブル機能)、赤ちゃんがうつ伏せなどどのようなポジションをとっていても、おむつ替えが簡単になりました。

3.ぴったりフィット吸収体
適切なポジショニングで赤ちゃんの発達・発育をサポート
おむつは股の部分が広すぎると、赤ちゃんの股関節や足を広げてしまいます。子宮の中にいるような体勢にないことで、発育の不良や遅れ、運動機能などへの影響が生じる可能性があります。P-3とP-2は、赤ちゃんの体に合うように35%幅が狭くなっていることで、股関節と足が快適な位置におさまり、発育を妨げません。

4.足周りふわふわギャザー
足周りを心地よく包み込みます
おむつがフィットしていないと、肌がすれて痛くなったり、うんちやおしっこが漏れたりし、デリケートなお肌に影響することがあります。新しいパンパースの「足周りふわふわギャザー」は、やさしくぴったりフィットすることで足周りの心地よさを追求しました。

*1 P&G調べ(パンパースシリーズの新生児用使用率データ)
*2 当社製品内比較
*3 P&G調べ(世界のリーディングブランドとの比較 2016年11月)
*4 P&G調べ(2016年8月 US COINN(国際新生児看護協会・カナダ・ブリティッシュコロンビア州バンクーバー会議)に来場した日本人看護師に対するインタビュー

<P&Gについて>
P&Gは、高い信頼と優れた品質の製品ブランドを通じて、世界中の人々の暮らしに触れ、よりよいものにしています。日本では、紙おむつ「パンパース」をはじめとして、衣類用洗剤「アリエール」「ボールド」「さらさ」、エアケア製品「ファブリーズ」、柔軟剤「レノア」、台所用洗剤「ジョイ」、生理用品「ウィスパー」、ヘアケアブランド「パンテーン」「h&s」「ヘアレシピ」、スキンケア製品「SK-II」、シェーバー「ジレット」「ブラウン」、電動歯ブラシ「ブラウン オーラルB」など、様々な製品を提供しています。(http://jp.pg.com/

<本件に関するお問い合わせ先>
(報道関係)
広報代理:MSLGROUP in Japan (エムエスエル グループ イン ジャパン)
TEL: 03-5719-8940 (担当:草木迫、藤原、坂口)
<上記の番号は紙面に掲載いただかないようお願い致します。 >

P&G 広報渉外本部
TEL: 0120-123021 または 078-336-6060
<上記の番号は紙面に掲載いただかないようお願い致します。 >

(お客様・製品に関するお問い合わせ)
P&G お客様相談室
TEL: 0120-021329

パンパース ブランドサイト
http://www.jp.pampers.com/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る