• トップ
  • リリース
  • リーチしにくい理系学生に広報!理系学生向けWebメディア「Lab-On(ラボオン)」がオープン。企業や研究機関、メディアなどの募集開始。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

リーチしにくい理系学生に広報!理系学生向けWebメディア「Lab-On(ラボオン)」がオープン。企業や研究機関、メディアなどの募集開始。

(PR TIMES) 2017年05月09日(火)11時42分配信 PR TIMES

読者層は、東大を始めとした旧帝大や難関私大の学部・修士・博士の理系学生。

研究室のインフラを目指す株式会社POL(本社:東京都中央区、代表取締役:加茂 倫明、以下 POL)は、理系学生向けWebメディア『Lab-On(ラボオン)』を本日オープン致しました。理系学生の研究生活、今後のキャリア形成に役立つ情報などを提供していきます。
■Lab-Onとは
Lab-On(ラボオン)は、理系学生の研究生活や今後のキャリア形成に役立つ情報を配信する、理系学生向けWebメディアです。“Make academia open & cool.”をコンセプトに、参考文献の探し方などの研究に役立つハウツー記事に加えて、大学院で研究した後に民間企業に就職しそこで活躍されている方へのインタビュー記事などの、理系学生の視野を広げキャリアについて考える参考になるような記事なども配信していきます。

https://lab-on.jp
[画像1: https://prtimes.jp/i/20282/7/resize/d20282-7-464925-0.jpg ]


■理系学生に広報したい企業や研究機関などを募集中
多くの理系学生は研究室にこもっている時間が長く、研究室の同期・先輩・教員が主な情報の入手元となっています。就職活動に関しても同様で、教授や学科の推薦でいける企業の中だけで考える人も少なくありません。また、実際に就職したらどんな仕事、働き方になるのかも分からないまま就職してしまう人も多くいます。Lab-Onでは、そういったリーチしにくい理系学生に広報したい企業様や研究機関様を募集しています。インタビュー記事や寄稿記事などによって彼らへの広報が可能です。

■タイアップしたいメディアや団体などを募集中
Lab-Onでは、他メディア様や他団体様とのタイアップ、提携を積極的に進めたいと思っております。理系学生にリーチしたい方やLab-Onのビジョンに共感してくださった方は、ぜひお気軽にご連絡いただければと思います。

■今後の目標・展開
Lab-Onは「make academia open & cool.」というキャッチコピーを掲げています。理系学生の視野を広げるだけでなく研究の面白さを伝えることで、一般的に難しく硬いイメージである研究を、明るく親しみやすいものにすることを目指しています。研究内容をわかりやすく解説することで、科学と社会と繋ぐサイエンスコミュニケーションも促進します。

■株式会社POLについて
株式会社POL(ポル)は、『研究室所属学生の研究データベース LabBase(ラボベース)』を提供しています。採用市場に出てきにくい研究室所属理系学生の研究内容を見て、個別にスカウトメッセージを送れるサービスです。LabBaseは2017年2月27日に正式リリースし、登録学生は900人を超え(2017年5月時点)、そのうち33%が東大生、20%が東北大生、残りが北海道大学、東京工業大学、筑波大学、早稲田大学、慶應大学など理系が強いトップ大学の学生が登録しています。また利用企業はAmazon Web Service、Sansan、電通デジタル、日産化学工業を筆頭に、約20社にご利用いただいています。

http://labbase.strikingly.com
[画像2: https://prtimes.jp/i/20282/7/resize/d20282-7-694375-1.jpg ]



■会社概要
会社名:株式会社POL(ポル)
代表者:代表取締役 加茂 倫明
所在地:〒104-0031 東京都中央区京橋2−11−3服部ビル602
設立:2016年9月
事業内容:研究室所属学生の研究データベース『LabBase(ラボベース)』
     理系学生向けWebメディア『Lab-On(ラボオン)』
資本金:5,000,000円(資本準備金含む)
URL :https://pol.co.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る