• トップ
  • リリース
  • 【注目食材】米粉を使って時短で料理・パン・ケーキを作ってみませんか?

プレスリリース

  • 記事画像1

一般社団法人日本キッズ食育協会

【注目食材】米粉を使って時短で料理・パン・ケーキを作ってみませんか?

(PR TIMES) 2017年03月01日(水)09時38分配信 PR TIMES

「米粉」は栄養価もアップ美容効果もあることを知っていますか?

(社)日本キッズ食育協会(千葉県柏市 代表理事榊原理加)は、新講座をスタートしました。名称は「米粉プロフェッショナルトレーナー講座」。今、米粉の活用は小麦アレルギー対策、グルテンフリーの実践で、注目され始めています。もっと身近に感じてもらい、食の選択肢を増やす、という目的で、米粉をつかった料理・ケーキ・パンの講座を始めます。
これまでもマクロビオティックや、アレルギー対応の食材として対象方には注目されていた食材ですが、米粉の扱いやすさ、美味しさ、栄養面の優位性を、一般のご家庭でも感じてもうことができます。
[画像: https://prtimes.jp/i/20193/7/resize/d20193-7-556977-0.jpg ]

米粉の6つの特徴

1. 米粉は栄養価が高い(米粉=お米である)
 お米には、たんぱく質・炭水化物・脂肪・無機質・ビタミンB1・ビタミンEなどの栄養素が含まれており、 体に必要な栄養素を多く含んでいます。小麦粉よりもアミノ酸バランスが良い。
 *アミノ酸とは:細胞を新しくする物質で、ほかに多く入っている食材に、肉、魚、卵、豆類など

2. 美容効果が期待できる
・水溶性の食物繊維がある為便秘になりにくい
・保水保持力があるので乾燥しにくく美肌に効果的
・油の吸収率が少なくヘルシー

3. 色々な食感が出せる
 「もちもち」が特徴と思われがちですが、とろり、しっとり、もっちり、さっくり、といろんな食感を楽しむこと ができます。
・とろり:プリン、クリーム、シチュー
・しっとり:ケーキ、パン
・もっちり:和菓子、団子、チヂミ
・さっくり:天ぷら(揚げ物)、クッキー

4. グルテンがない
 米粉にはグルテン成分が含まれていないので、作る際に、「混ぜすぎないように」と言われるケーキでも、 混ぜ過ぎても固くなったり、膨らみが足りなくなってしまったりせず、初心者でも美味しく作れます。小麦アレルギーの方でも、代用食材として使えます。

5. 時短効果が期待できる
 料理のとろみづけをする際、ダマにならない、ケーキに使用する際に、ふるわなくてよい、と時短効果が期待で きます。洗い物をする際も、こびりつきがなく、お湯でさらっと洗い流すことができます。 パンをこねる時間が必要ないので、調理時間10分程度で、あとはオーブンで焼くだけの食パンや総菜パン、菓子パ ンを作ることがでできます

6.自給率アップにつながる
ほぼ100%国内産で、地産地消にも貢献、米の自給率アップにもつながり







全国で体験講座も6月よりスタート
http://kids-shokuiku.jp/guide/米粉プロフェッショナル講座詳細/


◆ 本件に関するお問い合わせ:(社)日本キッズ食育協会 担当 :榊原理加
電話/FAX:04-7132-6668
メール:info@kids-shokuiku.jp
HP:http://kids-shokuiku.jp

日本初、子どものための食育スクール青空キッチン
HP:http://aozora-kitchen.com

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る