• トップ
  • リリース
  • フォトジェニックな会席料理を、三古泉の地・有馬温泉で。「もち麦」と兵庫五国の地産地消×レディース会席

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

フォトジェニックな会席料理を、三古泉の地・有馬温泉で。「もち麦」と兵庫五国の地産地消×レディース会席

(PR TIMES) 2017年04月14日(金)10時46分配信 PR TIMES

味はもちろん、見た目も楽しむ。写真映え120点◎の思わずシェアしたくなるレディース会席ができました!

有馬温泉の源泉掛け流し旅館「月光園」を経営する「TKB株式会社」 (兵庫県神戸市北区有馬町、代表取締役社長:奥田真也)は、地産地消にこだわった女性のための会席「Bay Lady "ベイ レディ"コース」宿泊プランを販売いたしました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/18739/7/resize/d18739-7-177814-0.jpg ]

■月光園 鴻朧館の「Bay lady コース」会席宿泊プラン:
http://www2.489ban.net/v4/client/plan/pbview/customer/kourokan/pbid/879167
■月光園 游月山荘の「Bay lady コース」会席宿泊プラン:
http://www2.489ban.net/v4/client/plan/pbview/customer/yuugetu/pbid/879218


[画像2: https://prtimes.jp/i/18739/7/resize/d18739-7-897022-1.jpg ]

まずは食前酒の「子宝梅酒炭酸割り」から。ほどよいスパークリングで、お口をスッと整えます。
先附には低カロリーな自家製汲み湯葉や丹波黒豆、近海の海の幸を少しずつ、彩り豊かに。
「量はそれほど摂りたくない…でも色んな料理を食べたい!」そんな乙女ゴコロを叶えます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/18739/7/resize/d18739-7-936957-2.jpg ]

「こんなカワイイお造り、見たことない!」
お花のように飾られた地元農園のお野菜を中心に、カルパッチョ風のお造里に仕上げました。
[画像4: https://prtimes.jp/i/18739/7/resize/d18739-7-681761-9.jpg ]

「卵をこうやって食べるの、初めてかも♪」
兵庫県で育った平飼い鶏の新鮮卵は、甘みとコクの深さが特徴。じっくりと柔らかく蒸し、キャビアと淡路産の鮑を盛り込みました。一口ずつスプーンですくい、是非じっくりと吟味してください。見た目はシンプルでありながら、絢爛な味わいをお楽しみいただける一品です。
[画像5: https://prtimes.jp/i/18739/7/resize/d18739-7-116142-3.jpg ]

「ヘルシーで嬉しい!…でも、やっぱりお肉も食べたいよね。。。」
メイン料理の神戸肉すき焼きには、兵庫県・三田市の「三田トマト」を丸ごと1個!あま〜いと有名な淡路市の「淡路玉葱」も、丸ごと1個を使用しております。お肉をタップリ食べたぶん、野菜もタップリいただけます♪
[画像6: https://prtimes.jp/i/18739/7/resize/d18739-7-208151-5.jpg ]

そして〆には、<玄米の約4倍以上>の食物繊維を含むと話題のスーパーフード「もち麦“麺”」を!
低カロリーで非常に高いダイエット効果が期待されると、TVや雑誌で人気に火がついた注目の食材。
もっちりと食べごたえがあるのにヘルシー、さらにミネラルやビタミンも豊富と、女性に嬉しい一品です♪

当館の「もち麦麺」は、兵庫県 播州福崎名産の品。
福崎町は古くからもち麦を栽培し、団子として食べていたという歴史があります。古来の石臼製法に基づいて製粉された最高品質の「もち麦麺」は、本来の味と性質を損なわず、香ばしさとのど越しのよさが特徴です。
[画像7: https://prtimes.jp/i/18739/7/resize/d18739-7-602614-4.jpg ]

「もちろん、食後のデザートは別腹で♪」
神戸の海をイメージした、専属パティシエ特製の手作りスイーツをご用意しております。

兵庫五国の地産地消にこだわった女性のための会席料理を、目から舌から、五感でお楽しみくださいませ。


■旅館情報

有馬温泉 月光園 鴻朧館(こうろうかん)/游月山荘(ゆうげつさんそう)
〒651-1401 兵庫県神戸市北区有馬町318

月光園は有馬温泉でも数少ない、敷地内に泉源を持つ元湯旅館です。
60年以上の歴史ある木造数寄屋造りの館「游月山荘」と、1995年開業の新館「鴻朧館」は、川を挟んで架かる「月光橋」を渡ってご自由に行き来でき、館内にいながら充分に有馬の湯めぐりをお楽しみいただけます。  
[画像8: https://prtimes.jp/i/18739/7/resize/d18739-7-228984-6.jpg ]

[画像9: https://prtimes.jp/i/18739/7/resize/d18739-7-271059-7.jpg ]

[画像10: https://prtimes.jp/i/18739/7/resize/d18739-7-972976-8.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る