プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

「横浜FCでんき」リリースのお知らせ

(PR TIMES) 2017年04月01日(土)11時45分配信 PR TIMES

〜地域還元型を目的とした神奈川サッカーチームの新電力サービス〜

株式会社イーネットワークシステムズ(代表取締役:及川 浩)と一般社団法人横浜FCスポーツクラブ(代表理事:奥寺康彦)は、地元のサッカーチームを応援しながら、施設利用者に喜ばれる地元還元型の新しい電力プランとして、「横浜FCでんき」(https://www.yfc-denki.enetsystems-lp.com/)をリリース致しました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/18556/7/resize/d18556-7-746618-0.jpg ]


■横浜FCでんきについて
横浜FCでんきは地元の方々が利用する施設をより充実させ喜んでいただく、地元のスポーツチームを応援しようというコンセプトの元、ニッパツ横浜FCシーガルズとの提携に至りました。

横浜FCでんきの特徴
1.毎月の電気代が今より安くなります
2.削減した電気代の一部を横浜FC東戸塚フットバールパークの施設増設費用に還元
3.削減した電気代の一部をニッパツ横浜FCシーガルズの運営費に寄与

[画像2: https://prtimes.jp/i/18556/7/resize/d18556-7-745909-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/18556/7/resize/d18556-7-599421-2.jpg ]

■電気供給について
「横浜FCでんき」を供給する イーネットワークシステムズは、国内 17 地点の発電所/世界 22 カ国で電力事業の実績のある丸紅グループの電力会社、「丸紅新電力」と提携し、東京電力管内のエリアに対して電力を供給いたします。

■ニッパツ横浜FCシーガルズについて
女性の生涯スポーツとしてサッカーができる環境をつくること、また女子サッカーの普及・強化を目的として、一般社団法人横浜FCスポーツクラブとNPO法人横須賀シーガルズスポーツクラブが提携致しました。この提携により、横須賀シーガルズFCは2013年2月より「横浜FCシーガルズ」とチーム名を変更して新たに発足致しました。
2016年シーズンより、日本発条株式会社(ニッパツ)とスポンサー契約を結び、チーム名を「ニッパツ横浜FCシーガルズ」とし、2016プレナスなでしこリーグ2部にて、1部を目指しています。

■横浜FC東戸塚フットボールパークについてスポーツ活動の普及、育成に寄与する事を目的に開設されました。地元の学校・団体などが利用し、ニッパツ横浜FCシーガルズの練習グランドでもあります。

■株式会社イーネットワークシステムズについて
2015年4月設立。小売電気事業者(登録番号:A0067)のイーネットワークシステムズは、「イニシャルコスト0(ゼロ)での電力事業参入」を可能とする電力小売のプラットフォームを運営し、提携事業者を経由して電力をお客様に供給しています。親会社は創業76 年の老舗LP ガス事業者で、ニッパツ横浜FCシーガルズのスポンサーである三ッ輪産業株式会社(関東地方に直売・卸合わせて約20 万の 顧客基盤を保有)です。



【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
 株式会社イーネットワークシステムズ
 和地 英次郎
 Mail:wachi@enetsystems.co.jp
 TEL:03-6809-4061
 FAX:03-6809-4062
 URL:http://www.enetsystems.co.jp/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る