• トップ
  • リリース
  • Nayuta、兵庫県とブロックチェーンを用いた直接取引するデータ流通マーケットの実験を実施

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

Nayuta、兵庫県とブロックチェーンを用いた直接取引するデータ流通マーケットの実験を実施

(PR TIMES) 2017年05月02日(火)12時21分配信 PR TIMES


株式会社Nayuta(本社:福岡市中央区、代表取締役:栗元憲一)は、兵庫県(兵庫県次世代材料開発研究会)と、大型放射光施設「SPring-8」内の兵庫県放射光ナノテク研究所において、ブロックチェーン技術を使ったデータ流通の実験を行いました。

兵庫県では、企業が持つSPring-8での測定データの有効活用を図り、企業の次世代材料開発を促進させるため、企業間で測定データとそれに付随する情報を流通させる新たな仕組みを検討しています。

このたびの実験では、Nayuta社が開発した、ブロックチェーンを用いたデータ流通インフラシステムのプロトタイプを使用し、売買を行う者同士の直接データ取り引きを行いました。

ビッグデータ時代において、データの取り扱いに対するブロックチェーンの適用の期待が高まっています。ブロックチェーンを用いると、一社が支配的な立場を築くことのない公正で安全なマーケットを構築することが可能になります。Nayutaは今後もブロックチェーンを用いた新しい社会インフラの実現に向けて取り組んでまいります。
[画像1: https://prtimes.jp/i/16959/7/resize/d16959-7-973177-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/16959/7/resize/d16959-7-259584-1.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る