• トップ
  • リリース
  • (株)ダイレクトマーケティングゼロ、第31回 『全日本DM大賞』 5部門同時受賞

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社ダイレクトマーケティングゼロ

(株)ダイレクトマーケティングゼロ、第31回 『全日本DM大賞』 5部門同時受賞

(PR TIMES) 2017年03月07日(火)13時44分配信 PR TIMES

コンサルティング・企画制作を行ったDMが、5年連続・通算26部門受賞!


通販事業のコンサルティング・企画制作を行う株式会社ダイレクトマーケティングゼロ(東京都渋谷区、代表取締役 田村雅樹)は、戦略性・クリエイティブ・実施効果などにおいて優れたDMを表彰する日本郵便株式会社主催のアワード「第31回 全日本DM大賞」において、コンサルティング・企画制作を行ったDMが銀賞2作品、銅賞2作品、審査委員特別賞1作品の5部門同時受賞をいたしましたのでご報告いたします。同社は今回で5年連続、通算26部門での受賞を達成いたしました。

「全日本DM大賞」は、優れたDMの審査・表彰を通じて、DMの企画・表現技術の向上および広告メディアとしての役割・効果の紹介を図るとともに、DMの広告主、制作者にスポットを当てることで、DMというメディアが広く認知され、多くの方に親しまれる存在となることを目的とした公募賞です。
今回、ダイレクトマーケティングゼロは、コンサルティング・企画制作を行ったDM4作品において、「デジタル時代のDM」という今回のテーマに沿ってDMの新たな可能性を追求した点を評価され、4作品5部門で受賞いたしました。概要は以下となります。

[画像1: https://prtimes.jp/i/15779/7/resize/d15779-7-149771-0.jpg ]

審査委員特別賞を受賞したディセンシア山下氏(中央)と代表・田村(右)。
         左は審査委員の加藤公一レオ氏。


[画像2: https://prtimes.jp/i/15779/7/resize/d15779-7-295069-1.jpg ]

今回受賞した4作品(左上から自社年賀状、ディセンシア様リニューアル告知DM、
同会報誌、ポーラ様アペックスDM)


【銀賞】
「世界同時新年会を実現した、世界にひとつだけの贈り物DM」
 広告主 株式会社ダイレクトマーケティングゼロ

[評価コメント]DMの新たな可能性を切り開くべく制作された力作。得意先の担当者にサプライズギフトを贈るという定番のプログラムに、プロジェクションマッピングを追加して新鮮味を出した。企画時からある程度の効果を見込み、斬新で面白味のあるテクノロジーをDMに盛り込んだところがポイント。 
[画像3: https://prtimes.jp/i/15779/7/resize/d15779-7-272703-2.jpg ]



【銀賞】【審査委員特別賞 実施効果部門】
「ロイヤリティを直感できる“Give&Given DM”」
広告主 株式会社 ディセンシア

[評価コメント]豪華な箱に、トライアルセット、ブックと、かなりのコストをかけたDMだと一発で分かる。その投資リスクをかき消すほど、全体的に丁寧で繊細に創りあげた芸術品のようなDM。様々な施策を実施し、効果測定を重ねているディセンシアは、抜け目のない攻め方ができる企業。今回のDMは、パッケージからWeb連動まで全体を通して綿密なプログラムが組まれている。それだけなら一般的だが、筋の通ったコンセプトを立ててDMをギフト化し、コストをかけた分の結果を出した。
[画像4: https://prtimes.jp/i/15779/7/resize/d15779-7-445272-4.jpg ]



【銅賞】
「初のブランド発信DMで熱烈ファン化を実現した“両想いDM”」
広告主 株式会社ポーラ

[評価コメント]意見を言いたい、貢献したいという世の中の思いをうまく汲み取ったDM。特別感の創出をしながら、あえて限定し間口を狭める「気の引き方」。そしてその後に関係を深くするアプローチ。どちらも素晴らしい。ターゲットの行動を促すよう、QRコードを大きく配置している点が好印象。DMは幕の内弁当のように情報を詰め込みがちだが、これは第一目的を徹底している。
[画像5: https://prtimes.jp/i/15779/7/resize/d15779-7-347867-5.jpg ]



【銅賞】
「顧客とのエンゲージメントを高める、1年がかりの真の1to1 CRM DM」
広告主 株式会社ディセンシア

[評価コメント]「顧客との関係性を一つのDМとして捉えるのではなく、連続した想いが関係性となる」との考え方に共鳴する。それでいて、顧客属性別のコミュニケーション手段を効果的にセットした高い次元のDМ。ターゲットに対してきめ細かな対応ができているため、年間を通じてDMから企業メッセージが伝わってくる。
[画像6: https://prtimes.jp/i/15779/7/resize/d15779-7-668122-6.jpg ]


受賞作品の詳細は、ダイレクトマーケティングゼロHP「受賞歴」よりご覧いただけます。
https://www.dmzero.co.jp/award/

【全日本DM大賞とは】
日本郵便主催で、過去1年間に企業から実際に発送されたダイレクトメールを全国から募集し、優れた作品を表彰する賞。1987年から毎年実施され、今年で31回目を迎える。応募されたDMと応募用紙記載の情報に基づき、「戦略性」「クリエイティブ」「実施効果」の3項目について各審査員が5段階で評価し、受賞作品を決定する。

【株式会社ダイレクトマーケティングゼロ】
2009年3月設立。本社:東京都渋谷区、代表取締役:田村雅樹。通信販売に関するコンサルティング業務、マーケティング戦略立案・企画、広告の企画・制作、ウェブコンテンツ企画・制作等を行う。「結果が出なければ報酬はいただかない」という設立当初からのモットーが社名の由来。
コーポレートサイト:https://www.dmzero.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社ダイレクトマーケティングゼロ 広報担当:土屋(ツチヤ)、小泉(コイズミ)
TEL:03-6407-2231 / Email:pr@dmzero.co.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る