プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

DJIとFLIR Systems社、空撮向け赤外線画像技術開発で協力

(PR TIMES) 2015年12月11日(金)11時39分配信 PR TIMES

初めての空撮用赤外線カメラ「DJI Zenmuse XT」を2016年第一四半期に導入

米国カリフォルニア州サンフランシスコ発 - 無人航空機(UAV)技術で世界トップのDJIが、空撮向け赤外線画像技術の開発で、FLIR Systems社と協力していくことを12月10日に発表しました。
DJIの空撮プラットフォーム分野でのリーダーシップと、FLIR Systems社が持つ最先端の赤外線画像技術を組み合わせることで、消火活動、農業、点検、その他産業分野の活動で必要とされる様々なセンサーデータの収集が可能となり、空撮システムの活用が広がります。
[画像: http://prtimes.jp/i/15765/7/resize/d15765-7-139538-1.jpg ]

DJI創業者兼CEOフランク・ワンは、「ほぼ毎週のように、当社の空撮技術の新しい活用事例が報告されています。赤外線画像技術をセンサーオプションとして新たに加えることで、ユーザーによる新たな用途の道を開くことになります。例えば、農作物の生育を把握し必要な対応をとる、あるいは火災の広がりをいち早く正確に知ることが可能となります」と述べています。

DJIとFLIR Systems社のパートナーシップによる新製品は、世界最高峰の空撮赤外線画像ソリューション Zenmuse XTとして、2016年第一四半期に発売されます。

Zenmuse XTは、FLIR社の高品質な赤外線画像デバイスと、DJIの基幹技術であるジンバル安定化システムとLightbridge映像伝送システムがシームレスに統合されています。DJIの映画撮影用カメラ Zenmuse X3、X5、X5Rと同じジンバルマウントを採用しているZenmuse XTは、 DJIの空撮プラットフォーム Inspire 1、Matrice M100に対応しています。

Zenmuse XTの赤外線カメラは、最大640x512の解像度を実現することが可能です。

FLIRの社長最高経営責任者(CEO)であるAndy Teich氏は、「世界をリードするDJIのUAV技術とFLIRの伝統である赤外線カメラを組み合わせた戦略的なコラボレーションは、商業ドローン市場における当社の成長性を加速することになります。このパートナーシップは大変良い機会であり、当社は今回のZenmuse XTの発売と、今後多くの製品が後に続くことにとても興奮しています」と述べています。

Zenmuse XTについての詳細は、DJI公式ウェブサイトをご覧ください。
http://www.dji.com/ja/product/zenmuse-xt

Zenmuse XT紹介ビデオはこちらをご覧ください。
http://wdrv.it/1NWnzpj

Zenmuse XT製品の画像はこちらからダウンロードください。
https://www.dropbox.com/sh/929y6i6n2teep79/AACNMh3J7-OINie96SAyhz53a?dl=0

DJIについて
DJIは、プロ、アマチュアユーザーのために、革新的なカメラ技術を開発、製造しているグローバルリーダーです。リモートで操縦できるヘリコプターに情熱を傾けるスタッフにより創業、運営されており、飛行制御技術と手ぶれ補正の分野におけるエキスパートです。世界中のクリエイター、イノベーターが空撮を行う際に、使いやすく、安全な商品を作ることをミッションとしています。営業拠点は北アメリカ、ヨーロッパ、アジアまで拡大しており、 世界100ヵ国のユーザーが、映画、広告、建設、消防、農業、その他多くの産業分野においてDJI の商品を愛用しています。

DJIホームページ: http://www.dji.com/ja
Facebook: https://www.facebook.com/dji.jp
Twitter: https://twitter.com/djijapan
YouTube: https://www.youtube.com/c/DJIJapan
Instagram: https://instagram.com/dji_japan/



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る