• トップ
  • リリース
  • 日本初!福井工業大学 あわらキャンパスサッカー場にてゴムチップの再利用を実現。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

オールスポーツ株式会社

日本初!福井工業大学 あわらキャンパスサッカー場にてゴムチップの再利用を実現。

(PR TIMES) 2016年10月21日(金)17時15分配信 PR TIMES

コスト削減及び環境保全に役立つ!ゴムチップ、硅砂、芝カスの充填材を除去後、新装置:ターフカズマーを利用することで、ゴムチップと硅砂、芝カスを分別でき、ゴムチップを再利用できます。

日本初!人工芝リノベーション事業を展開するオールスポーツ株式会社(本社:千葉県千葉市 代表取締役社長 橋川昌弘)は、独自の人工芝リノベーション工法(ターフリユース)により、充填物を分別し、産業廃棄物を出さない工法を確立しました。
[画像1: http://prtimes.jp/i/14746/7/resize/d14746-7-913204-0.jpg ]

写真:福井工業大学 あわらキャンパンサッカー場 実例写真

毎年、廃棄される人工芝は約50万m2 と言われています。通常人工芝は産業廃棄物として扱われ、最終処分場へ運搬されています。今後も廃棄物が増加し、最終処分場が不足していきます。
弊社のターフリユース工法は、人工芝と充填材を分別し、人工芝・充填材を再利用する工法です。可能な限り、使用出来るものは再利用し、廃棄物を減らしていくよう、皆様にご提案いたします。


新工法!ロングパイル人工芝のゴムチップ・不純物除去装置
新装置:ターフカズマーのご紹介映像
https://youtu.be/1BIfsgfOXOo


[画像2: http://prtimes.jp/i/14746/7/resize/d14746-7-696265-1.jpg ]



弊社独自の工法により、現場にて分別作業を可能にしました。
ゴムチップ、硅砂、芝カスの充填材を除去後、新工法!ゴムチップ・不純物除去装置【新装置:ターフカズマー】を利用することで、ゴムチップと硅砂、芝カスを分別でき、ゴムチップを再利用できます。
また、回収したゴムチップの再利用だけではなく、ゴムチップの買取も可能です。
(古物商許可:千葉県公安委員会 第441010002533)

■施工実績
・福井県あわら市:福井工業大学サッカー場(8,200m2)
・福井県福井市:健康の森テニスコート(5,800m2)
・群馬県前橋市 総合運動公園テニスコート(4,000m2)
・愛媛県松山市 北条スポーツセンター球技場(10,260m2)
・兵庫県神戸市 甲南大学 岡本キャンパス多目的場(2,060m2)
・埼玉県所沢市 ミズノフットサルプラザ所沢(2,223m2)
その他多数

運営会社:
オールスポーツ株式会社
〒260-0034 千葉市中央区汐見丘町13-11創建第2ビル301
代表取締役社長:橋川昌弘(はしかわまさひろ)
古物商許可:千葉県公安委員会 第441010002533
TEL.043-301-5512
E-mail:info@allsports.co.jp
オールスポーツ 公式ホームページ http://www.allsports.co.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る