• トップ
  • リリース
  • 米グリーンズボロ市が、ザイトロニックのタッチテクノロジーを採用し、インタラクティブなCityPost(TM)キオスクが、ダウンタウンでの訪問者の体験向上に貢献

プレスリリース

  • 記事画像1

Zytronic Displays Ltd.

米グリーンズボロ市が、ザイトロニックのタッチテクノロジーを採用し、インタラクティブなCityPost(TM)キオスクが、ダウンタウンでの訪問者の体験向上に貢献

(PR TIMES) 2020年10月20日(火)13時45分配信 PR TIMES


[画像: https://prtimes.jp/i/40145/6/resize/d40145-6-377296-0.jpg ]

タッチテクノロジーのイノベーターである英ザイトロニック・ディスプレイ(Zytronic Displays Ltd., 本社: 英ニューカッスル、CEO: マーク・ケンブリッジ、以下: ザイトロニック)は、米ノースカロライナ州グリーンズボロ市がダウンタウンエリアに設置した新しいキオスクに、同社の全天候型静電容量式タッチセンサーが採用されたと発表しました。耐久性のあるザイトロニックのインタラクティブなテクノロジーは、巨大なサイズのスマートフォンのように見える、両面55インチの13台の公共情報端末「CityPost™」スマートキオスクのユーザーインターフェイスを実現しました。グリーンズボロ市は、レストランをはじめ、地元の小売店の宣伝、地域のイベント、さらには公共交通機関などで、通行人にタイムリーな情報を提供するためにキオスクを配備しました。

グリーンズボロ市は、人々にダウンタウンで行われているイベント情報を、告知するのに苦労していました。多くの都市と同様に、訪問者はよく知られた一つか二つの場所を訪れ、その地域で他に何を提供しているのかを知らずに都市を離れる傾向がありました。CityPost™スマートキオスクは、地方自治体のスマート・コリドー・イニシアチブを構築し、地元の人々や観光客に周囲をナビゲートし、新しい興味のあるポイント発見を支援します。

CityPost™スマートキオスクは、地域に関するリアルタイムのコンテンツを配信し、近くのイベント、地元のビジネス情報及び交通機関の選択肢などの公共情報の提供を高めるのに役立ちます。さらに、これらは無料のWi-Fiホットスポットでもあり、エンゲージメントをさらに促進します。もう一つの人気機能は、無料でダウンロードできるCityPostアプリを介し、スナップした画像をユーザーのスマートフォンに直接送信できる「自撮り」カメラです。

情報ディスプレイと、キオスクのグローバル液晶表示装置ハードウェアメーカーのナノブ・ディスプレイ社が、両面式のスマートキオスクを設計および製造しました。ナノブ社は、55インチのタッチスクリーンに、特に屋外アプリケーションでの高い信頼性が証明されていることから、ザイトロニックの投影型静電容量技術(PCT™およびMPCT™)を選択しました。

各CityPost™ユニットには、二つの55インチZyBrid(R)タッチセンサーとザイトロニックのZXY100™タッチコントローラーが使用されています。スマートキオスクは屋外にあり、ほとんど監視されていない場所に設置されていて、それぞれが5ミリ厚さの熱強化ガラスで作られています。ザイトロニックのタッチセンサーのユニークな特徴は、厚いオーバーレイ素材を通してもそのタッチ機能が動作し、さらに手袋をはめた手からでも正確にタッチに反応し、雨水や画面表面の汚れの影響を受けないことです。この例でいうと、ナノブは、各タッチセンサーの上にさらに5ミリ厚さの強化ガラスを配置し、潜在的な破壊工作に対する保護を目的として、その下の液晶表示装置および電子機器との間に10ミリの耐衝撃性バリアを作成しました。

ナノブ・ディスプレイのオペレーション担当上級副社長であるミョンクネ・ムーン氏は次のように述べています。「ザイトロニックのインタラクティブなタッチスクリーンは、雷雨、吹雪、熱波、ハリケーンなど最も過酷な条件下で、信頼性の高いパフォーマンスを発揮することで有名です。非常に感度の高いZyBrid(R)テクノロジーにより、究極のユーザーエクスペリエンスを構築することができました。利用者は手袋を着用している場合でも、ミリ秒の高速で正確なタッチ応答を提供し、スワイプなどの簡単なジェスチャーコントロールをサポートします」

ザイトロニックは、垂直統合型の製造施設で、そのタッチセンサーを完全に社内で製造している点が、極めてユニークです。ISO クラス5のクリーンルーム内で完全に機能するタッチパネルに製造される前に、ガラスシートのカット、成形、印刷、強化、場合によっては曲げる段階から始まります。必要な量にかかわらず、耐久性のあるカスタムソリューションを作成してきた20年の経験を持つザイトロニックは、このプロジェクトの中で明確な選択でした。

スマート・シティ・メディアの最高クリエイティブ責任者カール・ターケル氏は、次のように述べています。「あらゆる『スマートシティ』プロジェクトで一般の人々に使っていただくには、キオスクが直感的に操作ができて、楽しく及び機能的であり、とりわけ、あらゆる気象条件で信頼できるものである必要があります。ザイトロニックのタッチセンサーは、このような公的にアクセス可能なアプリケーションにとって当然の選択です。観光客とグリーンズボロの住民の両方はキオスクを使用することにより、地元の最新情報にアクセスすることが可能となります」

CityPost™キオスクの設置以来、サウスエルムストリートはより活気のある多目的エリアになり、人々が楽しめる地域の人気場所の一つになりました。

CityPost™キオスクの映像
https://youtu.be/pfO-jrXaIF4

最新のプロジェクトニーズについて検討されたい場合は、info@zytronic.co.ukまでメールで問い合わせいただくか、 send us an enquiryからタッチセンサーテクノロジーの詳細について問い合わせてください。ザイトロニックのタッチセンサーテクノロジーの詳細については、www.zytronic.co.uk/technology/single-touch/をご覧ください。

###

ザイトロニックについて
ザイトロニックディスプレイ社の国際的に賞を受賞したタッチセンサーは、ATM、デジタルサイネージ、セルフサービスキオスク、ゲーム機、および産業用や医療用OEM(相手先ブランド供給業者)などの領域でグローバルに使用されています。同社の成功は、85インチ以上のカスタムデザインで提供できる、特許取得済みの耐久性の高いタッチセンシングテクノロジーに基づいています。ザイトロニックは英国のニューカッスルにある製造およびR&Dセンターに加えて、東京、台北、テキサス州オースティン、ジョージア州アトランタに営業所を置き、代理店の世界的なネットワークを持っています。詳細は当社Webサイトをご参照ください(www.zytronic.jp)。

ナノブ・ディスプレイについて
ナノブ・ディスプレイ社は、屋外LCDディスプレイのハードウェアメーカーおよび設計者です。同社の製品は、あらゆる気候の変化、商取引き環境に耐えられる様に設計されています。フロリダ州マイアミを拠点とするナノブ・ディスプレイ社は、1999年に設立され、塩水侵食の影響を受けないように構築された密閉型海洋モニターを専門としていました。同社はそれ以来、メディアが掲載されたキオスク端末と、世界中のあらゆる商取引き環境に対応ができる、グローバルに認知された情報ディスプレイの LCDハードウェアメーカーに成長しています。詳細については、https://www.nanov.info/をご覧ください。

スマート・シティ・メディアについて
ニューヨーク市に本社を置くスマート・シティ・メディアは、北米全体の都市、交通システム、大学、空港、不動産開発、および全国規模または地方規模で視聴者に情報提供しようとしている広告主と提携している株式非公開企業です。同社のリーダーシップは最高レベルのメディアからもたらされ、2017年のエディソン・ゴールドメディアのイノベーション賞、および複数のエミー賞、ピーボディ賞、エフィー賞、グレイシー賞などの受賞があります。詳細については、www.smartcitymedia.us.をご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る