• トップ
  • リリース
  • SEGAの名作アーケードゲーム「三国志大戦」のIPライセンスを受けたスマホ向け超本格戦略型カードRPG『三国志大戦M』高度な戦略性を楽しめる戦闘システムの概要を公開

プレスリリース

Hero Entertainment Co., Ltd

SEGAの名作アーケードゲーム「三国志大戦」のIPライセンスを受けたスマホ向け超本格戦略型カードRPG『三国志大戦M』高度な戦略性を楽しめる戦闘システムの概要を公開

(PR TIMES) 2019年07月26日(金)19時40分配信 PR TIMES

オンラインエンターテイメント企業のHK Hero Entertainment Co., Ltd(本社:香港、以下HK Hero Entertainment)は、株式会社セガ・インタラクティブ(本社:東京品川区、以下 セガ・インタラクティブ)のアーケード向け戦略型カードアクションゲーム「三国志大戦」シリーズのライセンスアウト契約を株式会社セガホールディングス(本社:東京品川区、以下 セガホールディングス)より受けて開発されたスマートフォン向けゲームアプリ『三国志大戦M』(Android版、iOS版)に関しまして、本作のメインコンテンツとなる戦闘システムについて紹介いたします。
◆『三国志大戦M』とは
『三国志大戦M』は、セガホールディングスより「三国志大戦」シリーズのIPライセンス使用許諾を受けて開発されたスマートフォン向けゲームアプリです。武将カードのオリジナルイラストや一部のボイス、戦場デザイン等は「三国志大戦」シリーズの素材を引き継ぎつつ、軸となるゲームシステムをスマートフォン向けに最適化し、戦略型カードRPGアプリの決定版といえる仕上がりとなっております。
三国志の本場の中国大陸や韓国等ですでにサービスを提供し、累計ダウンロード数が100万を突破するなど、大変好評をいただいております。

◆『三国志大戦M』の戦闘システム
本作のメインコンテンツとなる戦闘システムの大まかな流れは、デッキ編成・布陣後、戦闘を開始、制限時間内に全ての敵部隊を撃破すると勝利、自分の部隊が全て撃破されるか、制限時間内に敵を撃破できなかった場合に敗北となります。主人公(プレイヤー)が戦闘に参加することはありませんが、最大9名の出陣武将を選び、戦闘準備画面で武将の位置を決定し、戦闘開始後はタイミングを見極めて手動で計略(アクティブスキル)を発動することで戦局を動かすことができます。
[画像1: https://prtimes.jp/i/36746/6/resize/d36746-6-519702-0.jpg ]


1、 デッキ編成
最大で9名の武将を出陣させることができます。全ての武将に「統率力」が、デッキには「統率力上限」が設定されています。出陣武将全員の統率力の合計はデッキの統率力上限を超えることはできないため、限られた統率力の中で武将の組合せを工夫しましょう。また、呂布と貂蝉、曹操と劉備など特定の武将を同時に出陣させることで「絆」効果が発動し、武将の能力値が上昇するので、上手に活用しましょう。
主人公がレベルアップすると出陣可能な武将の人数とデッキの統率力上限が増えます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/36746/6/resize/d36746-6-268419-1.jpg ]

※画面は開発中のものです。実際の仕様とは異なる場合があります

2、 布陣
戦闘準備画面では、全部で15ヶ所の中から自由に自軍の武将を布陣できます。この画面で敵の出陣武将と布陣を観察できるので、相手の布陣の目的を見切り、敵将の計略範囲を避ける、敵の遠距離部隊を強襲できる位置に騎兵を配置するなど、自分に有利な布陣を組むことが勝利の秘訣です。一度敗北した相手に対して、布陣を工夫して再挑戦することでリベンジを果たせる可能性もあります。
[画像3: https://prtimes.jp/i/36746/6/resize/d36746-6-154829-2.jpg ]

※画面は開発中のものです。実際の仕様とは異なる場合があります

3、 計略発動
本作の戦闘はセミオートバトルを採用し、戦闘が始まると武将は自動的に行動し、敵と戦闘を行います。戦闘中に各武将の「士気」が最大まで貯まると、手動で「計略」を発動できます。計略は発動する順番やタイミングで、攻撃できる敵の数や効果が変わってきますので、刻一刻と変化する戦局を見極め、「ここぞ!」というタイミングで戦略を発動することが勝利のカギです。
本作の戦闘システムは、武将スキルの特徴、武将同士の「絆」効果、兵種の相剋関係などを十分に把握したうえで、敵の布陣を観察し、相手の一手先を読んでデッキ編成や布陣配置を決定する高度な戦略性が求められます。試行錯誤して編み出した戦略で勝利を掴む醍醐味を、ぜひお楽しみください。
[画像4: https://prtimes.jp/i/36746/6/resize/d36746-6-512943-3.jpg ]

※画面は開発中のものです。実際の仕様とは異なる場合があります

◆公式SNSでも事前登録キャンペーンが始動
『三国志大戦M』公式SNSアカウントでは、正式配信に向けたスケジュール等の最新情報や、武将紹介、声優キャスティング紹介、ゲームの遊び方等のゲーム情報をお届けしてまいります。どうかお気軽にフォローをお願いいたします。
『三国志大戦M』公式Twitter https://twitter.com/3gokushitaisenM
『三国志大戦M』公式LINE https://line.me/R/ti/p/%40898gwird
『三国志大戦M』公式Facebook https://www.facebook.com/sangokushitaisen.m/
今後の日程等につきましても後日改めて送付させていただきます。『三国志大戦M』をどうぞよろしくお願い致します。

---------------------------
タイトル: 『三国志大戦M』
ジャンル: 超本格戦略型カードRPG
対応端末: Android/iOS
価 格: 基本プレイ無料(一部アプリ内課金あり)
運 営: HK Hero Entertainment Co., Ltd
『三国志大戦M』公式Twitterアカウント:https://twitter.com/3gokushitaisenM
『三国志大戦M』公式Facebookアカウント:https://www.facebook.com/sangokushitaisen.m/
『三国志大戦M』公式LINE https://line.me/R/ti/p/%40898gwird
『三国志大戦M』公式YouTubeアカウント:https://www.youtube.com/channel/UCAteFwbfG-WLKOXFylO-vyg
(C)SEGA
(C)HK HERO ENTERTAINMENT CO., LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
---------------------------

【HK Hero Entertainment紹介】
HK Hero Entertainmentは、 中国北京に本社を置くオンラインエンターテイメント企業Hero Entertainment Co., Ltd(以下、 Hero Entertainment)の香港法人です。 Hero Entertainmentは2015年の設立以来、 スマートフォン向けゲームアプリの開発・パブリッシング及びモバイルe-Sports競技大会の組織運営等を中心に中国及び世界各地で事業を展開し、 全国中小企業株式譲渡システム(National Equities Exchange and Quotations、 通称NEEQ)に上場しました。 また、 設立当初より海外進出を視野に入れた事業展開を行い、 全世界154ヶ国・地域の「おすすめアプリ」に選ばれた『Art of War: Red Tides』を始め、 『Crisis Action』、 『Phantom Blade2』、 『一起来冒険』等の人気ゲームアプリを世界各地で配信し、 全世界で4億人を超えるユーザーを獲得しております。
2018年8月には、 HK Hero Entertainmentが、 株式会社コーエーテクモゲームスの監修のもとで開発された育成型戦略シミュレーションゲームアプリ『新三國志』日本語版の配信を開始し、 累計ダウンロード100万突破、 App Storeダウンロードランキング5位、 Google Playダウンロードランキング3位にランクイン、 Google Playの「おすすめゲーム」に掲載されるなど、 ご好評をいただいております。
2019年1月の時点で、 Hero Entertainmentは中国大陸以外にも香港、 台湾、 日本に現地法人を設立しており、 「全てはユーザーのよろこびのため」という経営理念のもと、 今後も全世界のお客様に良質なオンラインコンテンツをお届けするために、 積極的に海外パブリッシング事業を推進してまいります。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る