• トップ
  • リリース
  • 大東文化大学の入学式を学生ら「入学式改革プロジェクトチーム」が演出 -- 書道パフォーマンスや演舞などで新入生を歓迎

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

大東文化大学の入学式を学生ら「入学式改革プロジェクトチーム」が演出 -- 書道パフォーマンスや演舞などで新入生を歓迎

(PR TIMES) 2018年03月26日(月)10時01分配信 PR TIMES

大東文化大学(東京都板橋区)は4月8日(日)、さいたまスーパーアリーナ(さいたま市中央区)で平成30年度入学式を行う。今年は、学生リーダー育成プログラムの中で発足した学生団体「Daito Education PLUS」の入学式改革プロジェクトチームが主体となって式を企画。日本全国、そして海外からの新入生の入学を、書道部のパフォーマンスなどで盛大に祝う。
 大東文化大学の入学式を学生団体「Daito Education PLUS」が演出する。「Daito Education PLUS」は、学生の自主的な活動を促し、課題解決能力やリーダーシップを育む学生団体。「学生がつくる大学」を目指し、正課で専門領域の知識や一般教養を習得するのに加えて、学内外におけるイベント運営やボランティア活動など全てを学びの場として活用している。
 同団体は今回「入学式改革プロジェクトチーム」を発足。新入生参加型のイベントやオープニングセレモニー、同大を代表する学生団体によるパフォーマンスなどを企画し、司会も学生らが行うなど、学生が主体となって新入生を歓迎する。

 中でも目玉となる企画が、漢学や書道などの分野で比類ない伝統と歴史を誇る同大の書道部による書道パフォーマンスである。中国文学者である門脇廣文学長が「論語」の中から新入生に伝えたい一節を選び、それを書道部員約20名が巨大な紙に筆で書いていく。また同部は入学式のしおりの文字も担当している。
 平成30年度は、北は北海道から南は沖縄まで日本全国から、さらに海外からも新入生が集まった。また、新設学科である看護学科、歴史文化学科、社会学科に記念すべき第一期が入学する。

[画像1: https://prtimes.jp/i/26965/6/resize/d26965-6-211081-2.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/26965/6/resize/d26965-6-836299-1.jpg ]



              別イベントでの書道部パフォーマンスの様子

◆入学式概要
【日 程】4月8日(日)
【時 間】13:00〜15:00(12:00開場)
【場 所】さいたまスーパーアリーナ コミュニティアリーナ
【演 目】
・第一部 役職者の紹介や挨拶
・第二部
  映像によるオープニングセレモニー(陸上競技部と学長による襷リレー)
  新入学生参加型のイベント(入学式オリジナルソングにのせた、全学新入生参加型のモザイクアート)
  大東文化大学を代表する学生団体によるパフォーマンス(書道部による書道パフォーマンス、全學應援團による演舞)
  など
【物 販】大東文化大学のロゴ入りカステラ、スポーツ科学科と山崎製パンのコラボ商品、大東まんじゅう、大東クッキーなど
※注意事項:入学式は、新入学生とその保護者、マスコミ関係者のみ参加可能。マスコミ席の用意あり。


●大東文化大学
1923年(大正12年)、当時の国会にあたる帝国議会の決議によって創設された大東文化協会が設置する大東文化学院を前身とし、中国学、日本文学、書道などの分野で比類ない伝統と歴史を誇ってきた。今日では人文・社会科学領域だけでなく自然科学領域までもカバーする、8学部を擁する総合大学へと発展し続けている。また、創設以来、中国やアジアに強い大学として世に認められてきたが、現在では環太平洋さらには全世界に国際交流の輪を広げるなど、創設の理念「東西文化の融合」は脈々と受け継がれている。

公式ホームページ:http://www.daito.ac.jp


▼本件に関する取材申し込み先
大東文化大学学務部 学務課 古田
FAX:03-5399-7334
会社名・代表者氏名・人数・連絡先(住所・電話・FAX)を記載の上、
4月5日までにFAXをお願いいたします。


▼本件に関する問い合わせ先
大東文化大学学務部 学務課 古田
TEL:03-5399-7333MAIL:gakumu@jm.daito.ac.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る