• トップ
  • リリース
  • TKP、シンジケートローン契約締結により70億円の投資資金枠を確保〜投資余力100億円超により、M&Aや新規物件の開発などに〜

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社ティーケーピー

TKP、シンジケートローン契約締結により70億円の投資資金枠を確保〜投資余力100億円超により、M&Aや新規物件の開発などに〜

(PR TIMES) 2017年03月31日(金)12時47分配信 PR TIMES

0から1を創り出す空間再生流通企業を手掛ける株式会社ティーケーピーは、株式会社三井住友銀行をアレンジャー兼エージェントとして、複数の金融機関との間で総額70億円のシンジケートローン契約を締結しました。
0から1を創り出す空間再生流通企業を手掛ける株式会社ティーケーピー(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:河野貴輝、資本金:2億8,779万5千円、以下TKP)は、株式会社三井住友銀行をアレンジャー兼エージェントとして、複数の金融機関との間で総額70億円のシンジケートローン契約を締結しました。

■シンジケートローン契約の背景と目的
このたびの70億円のシンジケートローンの契約締結は、将来の機動的な資金ニーズへの対応を図り、財務基盤をより強固にするためのものです。TKPは2017年3月27日の上場による資金調達により約21億の資本を確保しておりますが、さらにシンジケートローンによる資金調達枠を確保し、手元資金とあわせて総額100億円を超える将来の戦略的な投資資金余力を備えます。
新築・築浅物件の会議室施設の取得・既存会議室などの改装、また有効なM&A、システム投資など機動的に進め、さらなる企業価値の向上に努めてまいります。

■想定している資金の使途
現時点では具体化しておりませんが、以下のような使途に用いることにより、さらなる企業価値の向上に努めてまいります。
<トランシェA> ※7年間の借入期間
・新築・築浅の会議室施設の取得
・会議室施設のアップグレードを図る改装
<トランシェB>
・顧客基盤を強固にするためのシステム投資
・空間再生流通事業とシナジーのある企業のM&A

■シンジケートローン契約の概要
(1)トランシェA
1.組成金額:5,000百万円
2.契約締結日:平成29年3月31日
3.コミット期間開始日:平成29年4月5日
4.コミット期間満了日:平成31年4月5日
5.資金使途 :設備資金
6.エージェント:株式会社三井住友銀行
7.シンジケート団:
株式会社三井住友銀行
株式会社京葉銀行
株式会社七十七銀行
株式会社りそな銀行
株式会社商工組合中央金庫
株式会社東邦銀行
株式会社西日本シティ銀行
株式会社武蔵野銀行
株式会社八十二銀行

(2) トランシェB
1.組成金額:2,000百万円
2.契約締結日:平成29年3月31日
3.コミット期間開始日:平成29年4月5日
4.コミット期間満了日:平成31年4月5日
5.資金使途 :運転資金
6.エージェント: 株式会社三井住友銀行
7.シンジケート団
株式会社三井住友銀行
株式会社北洋銀行
株式会社山形銀行
株式会社北海道銀行

■業績への影響等について
本件は、当社の平成30年2月期の連結業績予想に織り込み済であり、連結業績予想の修正はありません。

TKPは今後も遊休不動産・土地を活用して空間を再生し、そこに付加価値を加えた快適な「場」「空間」
「時間」を創出する空間再生流通事業において、事業領域の拡大を目指します。


【株式会社ティーケーピー会社概要】
代表者:代表取締役社長 河野 貴輝
本社所在地:東京都新宿区市谷八幡町8番地 TKP市ヶ谷ビル2F
東証マザーズ:証券コード3479
設立:2005年8月15日
資本金:2億8,779万5,000円
決算期・売上高:2月 179億円(2016年2月期連結)
[画像: https://prtimes.jp/i/24137/6/resize/d24137-6-568210-0.jpg ]

従業員数:1,909名(パート・アルバイト含む)
事業内容:空間再生流通事業
・ホテル宴会場・貸会議室運営事業
・ホテル&リゾート事業
・料飲・ケータリング事業
・イベント運営・制作事業
・コールセンター・BPO事業
URL:http://tkp.jp

※プレスリリースに記載されている情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る