• トップ
  • リリース
  • 長崎・ハウステンボスで平成28年熊本地震からの復興を祈願した『ハウステンボス ニューイヤースペシャルライブ2017』が大盛況!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

ハウステンボス株式会社

長崎・ハウステンボスで平成28年熊本地震からの復興を祈願した『ハウステンボス ニューイヤースペシャルライブ2017』が大盛況!

(PR TIMES) 2017年01月11日(水)11時56分配信 PR TIMES

 ハウステンボスでは、1月3日「がんばろう!九州キャンペーン ハウステンボス ニューイヤースペシャルライブ2017」
を開催しました。晴天にも恵まれ、音楽ファン約7,000人に来場いただきました。
 “音楽のチカラ”で、被災地支援と九州全体に元気をお届けしたい想いから、出演者とハウステンボスがタッグを組み、ライブイベントが実現した本イベント。会場には復興支援募金箱が設置され、収益金の一部を復興義援金として活用いたします。
「がんばろう!九州キャンペーン」での音楽イベントは、2016年6月11日の「ハウステンボス MUSIC FES.2016」以来、2回目となりました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/23462/6/resize/d23462-6-933273-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/23462/6/resize/d23462-6-292134-1.jpg ]

 オープニングは長崎が誇るスリーピースバンド「SHANK」が登場。
 Vo.庵原将平はMCで「デートばするならハウステンボスに来んば!」と長崎弁を交えながら、14曲を演奏し会場を盛り上げました。
 そのあと、熊本から「熊本城おもてなし武将隊」が登場。4人の武将らが華麗な演舞を披露。復興支援に対する感謝と、熊本の今を伝え、来場者から大きな拍手をいただきました。
 そしてラストは、頭はオオカミ、身体は人間という究極の生命体5匹からなるロックバンド「MAN WITH A MISSION」。
 Vo.ジャン・ケン・ジョニーの「お正月から実家に帰らずに、ライブに来てくれてありがとう!」とファンへの感謝から始まったライブは、オープニング曲「evils fall」から、会場は熱狂に包まれました。
  ライブの中盤には、彼らがハウステンボスで開催中の世界最大イルミネーションイベント「光の王国」や、レンタサイクルで場内を満喫する映像が流れ、DJサンタモニカがバンジージャンプに挑戦するシーンでは、会場中に笑いが広がりました。「MAN WITH A MISSION」は、アンコールを含む全15曲を熱唱し、最後はハウステンボスのキャラクター「キラリ」も加わり、出演者そして来場者とともに記念撮影。Vo.ジャン・ケン・ジョニーが「九州のみなさんが、このライブで少しでも元気になればうれしいです!」とライブを締めくくりました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/23462/6/resize/d23462-6-819910-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/23462/6/resize/d23462-6-407447-3.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る