• トップ
  • リリース
  • ドロンソンが国内最大級の祭典にてBest of Drone Aword 2017を受賞 秋からは高等学校教育にも導入予定

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

ドロンソンが国内最大級の祭典にてBest of Drone Aword 2017を受賞 秋からは高等学校教育にも導入予定

(PR TIMES) 2017年05月01日(月)09時33分配信 PR TIMES

株式会社skyerが運営する「ドロンソン」が国内最大級のドローンの祭典であるJapan Drone 2017にて審査員特別賞を受賞した。

2017年3月23~25日で毎年開催される国内最大級のドローンの祭典「Japan Drone 2017」において株式会社skyerが運営するドロンソンが産業支援部門・審査員特別賞を受賞した。
ドロンソンはこれまでに「ドローン×農業」「ドローン×地方自治体」新入社員研修での活用など過去4回を実施してきた。
これからも地方での展開を予定している。
「世の中はドローンでもっと楽しくなる」
ドローンの啓発活動を行う株式会社skyer(代表取締役 宇佐美 孝太)は「世の中はドローンでもっと楽しくなる!」を提供するドロンソン運営事務局を2016年12月に開設し、これまで地方を中心に全4回を実施し、3月に開催されたJapan Drone 2017にて審査員特別賞を受賞した。
[画像1: https://prtimes.jp/i/22818/6/resize/d22818-6-748946-2.jpg ]


ドロンソンとは
ドロンソンは「ドローン」と「アイデアソン」を組み合わせた造語であり、ある特定のテーマについて参加者の皆さまがドローンの活用方法を話し合い、自由にアイデアを出し合うプログラムです。
こちらのプログラムでは、分野を問わず、様々な世代・年代・性別・職種で構成された皆さまがチームを組むことにより、より幅広いアイデアを生み出す”場”を提供いたします。 より良いアイデア創出のために以下のコンテンツを用意しております。

優秀なアイデアを出したチームにはドローンが用意され、
アイデアを実現させるために、運営事務局がプロジェクト立ち上げを全面にサポートする。

ドロンソンはこれまでに東京・秋田で4回実施してきた。ドローンに関する知識に加え、チームワーク形成にも貢献するため、社員研修にも活用される。

また、秋からは地方の大学・専門学校・中高一貫校と提携し、ドロンソンを通じてドローン人財の育成をしていく予定だ。
地方からドローンの有効性を発信していきたい。
[画像2: https://prtimes.jp/i/22818/6/resize/d22818-6-456378-1.jpg ]


□ 主催
株式会社skyer
ドロンソン運営事務局
https://dronethon.net/

本件に関する問い合わせ先
ドロンソン運営事務局(株式会社skyer内)
担当:宇佐美
TEL:080-3948-9017 E-mail:info@skyer.biz

※ドロンソン運営事務局では協賛いただける企業様・個人の方を募集しております。
WEBページ(https://dronethon.net/)への掲載権利や当日での告知タイムなど様々なメニューを用意しております。詳細資料がございますのでお気軽にご連絡ください。
E-mail:sponsorship@dronethon.net(担当:宇佐美)



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る