• トップ
  • リリース
  • フィリピン総領事館主催の「フィリピンビジネスセミナー」にフィリピン子会社のAdvanced World Solutions,Inc.取締役ヴィンセント・レモが登壇

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社AWSホールディングス

フィリピン総領事館主催の「フィリピンビジネスセミナー」にフィリピン子会社のAdvanced World Solutions,Inc.取締役ヴィンセント・レモが登壇

(PR TIMES) 2017年01月19日(木)20時44分配信 PR TIMES

フィリピンソフトウェア産業協会を代表して「フィリピンのITサービス産業」について講演

 主にフィリピンでのオフショア拠点を活用したITソリューション開発事業とレセプト点検専用ソフトウェアの開発および医療データ分析を行うメディカル事業を展開する株式会社AWSホールディングス(本社:東京都文京区、代表取締役社長:青木正之、証券コード:3937、以下当社)のフィリピン子会社 Advanced World Solutions, Inc.(本社:Makati City Philippines、代表取締役社長:小西彰)取締役であるVincent Remo(以下、ヴィンセント・レモ)が、フィリピンソフトウェア産業協会(※)を代表し、フィリピン総領事館が主催するCEO商談会&セミナー(大阪府)に登壇したしました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/21142/6/resize/d21142-6-200423-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/21142/6/resize/d21142-6-731418-1.jpg ]

 CEO商談会&セミナーは、日本とフィリピンの企業のマッチングを目的に開催され、フィリピンからは自動車・ITソフトウェア、医療機器関連、航空機用部品などの経営者が多数来日いたしました。そのなかで実施された「フィリピンビジネスセミナー」において、フィリピン政府機関高官によるドゥテルテ大統領就任後の経済政策に関する講演や、産業動向についての講演が行われました。

 ヴィンセント・レモは、「フィリピンのITサービス産業」をテーマに、IBMとのコアパートナー締結を皮切りに、フィリピンにて最も卓越した日本企業のオフショア化の成功事例として評される当社の「R&D側のオフショア開発」についての説明を実施、AI(人工知能)、Analytics(分析)、Automation(自動化)のテクノロジーを駆使した当社のビジネスモデルの認知度が上がると同時に、今後の更なる受注拡大が期待されます。

(※)フィリピンソフトウェア産業協会(PSAI)1980年設立。約140社が加盟するフィリピン最大のソフトウェア産業協会。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る