• トップ
  • リリース
  • 「第1回 新電力切り替え後の生活における満足度調査」 電力自由化1年、新電力ユーザー2,815名へアンケート

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社 東急パワーサプライ

「第1回 新電力切り替え後の生活における満足度調査」 電力自由化1年、新電力ユーザー2,815名へアンケート

(PR TIMES) 2017年04月05日(水)14時30分配信 PR TIMES

“おトク実感”は約90% おトク分は“エンターテイメント費へ”66.9%


株式会社 東急パワーサプライ(以下、東急パワーサプライ)は、電力小売り市場の全面自由化1年を迎えるにあたり、東急でんき加入者2,815名を対象に新電力切り替え後の生活における満足度をテーマとしたアンケート「第1回 新電力満足度調査」(以下、本調査)を2017年3月17日(金)〜21日(火)に実施しました。

第1回目となる本調査は、東急でんき加入後に「東急グループ各社のサービスと組み合わせたバンドルメニューにおトクを感じた」「電気料金が安くなった」「各種イベント・キャンペーン・加入者向け特典が良かった」など、“おトクを実感している人”が89.5%と高い数値となり、電気使用量が多くても少なくても電気料金がおトクになる価格設定に加え、東急グループのさまざまなバンドルメニューによるメリットを多くの加入者が体感していることが明らかになりました。

また、節約したお金の使い道として「旅行・レジャー・外食」といったエンターテイメント費と回答した人が66.9%と、積極的な消費意欲がうかがえる結果となりました。

本調査の概要、主な調査結果は以下となります。

<第1回「新電力満足度調査」の実施概要、主な調査結果>

<実施概要>
調査期間:2017年3月17日(金)〜21日(火)
調査対象:「電車と電気でたまるたまるキャンペーン」登録会員/※3月17日時点の登録数:15,390人、13,059世帯
回答方法:オンライン調査
有効回答数:2,815人
年代構成:〜20代:172人、30代:492人、40代:860人、50代:914人、60代:328人、70代〜:49人

<主な調査結果>
・東急でんき加入後、おトクを実感してる人は89.5%
・東急でんきへの切り替えにより「電気料金が安くなった」(44.5%)より、「東急グループ各社のサービスと組み合わせたバンドルメニューにおトクを感じた」(71.1%)という回答の方が多く、料金プランやバンドルメニューへのメリットを感じている人が多い
・節約したお金の使い道トップは「旅行・レジャー・外食」(66.9%)となり「貯金」(35.2%)を30ポイント以上上回る

※本調査を一部抜粋した調査資料は下記になります。
※詳細な内容につきましては、添付資料をご参照ください。

<抜粋 調査資料1.>
[画像1: https://prtimes.jp/i/20242/6/resize/d20242-6-477909-0.jpg ]


<抜粋 調査資料2.>
[画像2: https://prtimes.jp/i/20242/6/resize/d20242-6-851138-1.jpg ]


■株式会社 東急パワーサプライ
代表者: 代表取締役社長 村井 健二
所在地: 東京都世田谷区玉川2丁目21番1号 二子玉川ライズ・オフィス6F
設立: 2015年10月
事業内容: 電力小売業
小売電気事業者登録番号:A0069
資本金: 18億円
URL: https://www.tokyu-ps.jp/

サービス開始時期:2016年4月1日
サービス対象顧客:主に一般家庭
サービス対象エリア:東京都、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、山梨県、
静岡県の一部(富士川以東) ※離島除く



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る