プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

長谷川ホールディングス株式会社

外部資本の導入に関するお知らせ

(PR TIMES) 2016年09月26日(月)17時42分配信 PR TIMES

長谷川ホールディングスグループ さらなる高みをめざし、成長スピードを加速!

長谷川ホールディングス株式会社(東京都豊島区、代表取締役社長 長谷川 芳博)は、平成28年9月26日付で、資本増強および管理体制強化の一環として、CVC Capital Partnersが投資助言を提供する世界最大規模のファンド(以下、CVC)に対し、主要株主である長谷川芳博および他株主様が保有する株式の大部分を譲渡しましたことをお知らせいたします。
外部資本導入の実施を決定するまでの背景
 弊社グループは中期経営計画である「2020年 売上1000億円」の達成に向け、様々な経営戦略を実行し、財務戦略の中心として株式公開を目指しています。
 当計画の達成のためには、フランチャイズビジネスサービス事業、介護サービス事業、子育て支援サービス事業、人材サービス事業、フードサービス事業という5大既存事業の成長に加え、新規事業や新規市場への進出が不可欠になり、多額の資金投資が必要となります。
 そこで以下の視点から、数カ月にわたり、数多くの外部資本と対話を行い、熟慮・検討を重ねてまいりました。

【選定の視点】
  1.株式上場のノウハウに熟知した組織であること
  2.弊社グループに対し、資本的援助の実施が可能なこと
  3.他分野・他市場への進出が可能なこと

 これらの結果、今後の事業拡大および上場の実現にとって、CVCからの資本導入が、最適であると判断いたしました。

成長スピードを加速化
 今回の外部資本(CVC)の導入後も、グループ理念である「家族とくらしを支える新たな価値を創造し、『感動と満足』を提供します。」を軸に、従来どおり独立性・自立性を維持し、CVCの強力なサポートを受け、成長スピードを加速させてまいります。
 また、長谷川 芳博も引き続き弊社 代表取締役社長として、弊社グループの経営に尽力してまいります。

<CVCについて>
 CVCは、マネジメント・バイアウト投資などを展開する世界最大級のプライベート・エクイティ投資会社です。1981年の設立以来、グローバルに総額612億ドル(約7兆円)の運用を行っており、300社超への投資実績を有します。
 特に、CVCは欧州では業界最大手の老舗として圧倒的な地位にあり、日本を含むアジア太平洋地域においても、1999年以来、総額103億ドル(約1兆円)の資金を運用する業界最大手の一角です。
 現在の投資先はグローバルで51社にのぼり、これらの企業の従業員数の合計は約33万人、売上高の合計は約9兆円という規模であり、グローバルな一大企業グループを構築しています。
 日本においても、過去7件の投資実績を有しています。

<会社概要>
■長谷川ホールディングス株式会社
 □所 在 地 : 〒170-6057
       東京都 豊島区 東池袋3-1-1 サンシャイン60 57F
       TEL : 03-5956-7336    FAX : 03-5992-3560
       URL : www.hasegawa-hd.com/
 □設 立 : 1997年2月
 □資 本 金 : 7億8,000万円
 □事業内容 : • フランチャイスビジネスサービス事業
       • 子育て支援サービス業
       • 介護サービス事業
       • フードサービス事業
       • 人材サービス事業
       • 外食事業
 □代 表 者 : 代表取締役社長 長谷川 芳博



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る