• トップ
  • リリース
  • 【UGC活用】SNS投稿自動収集ツールの決定版「groove(グルーヴ)」を提供開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

【UGC活用】SNS投稿自動収集ツールの決定版「groove(グルーヴ)」を提供開始

(PR TIMES) 2017年02月28日(火)09時23分配信 PR TIMES

Instagram,LCC(本国)のAPI利用許諾を取得済み。

企業と生活者の距離を縮めることをテーマに、SNSマーケティング支援を行う株式会社BOKURA(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:宍戸 崇裕、以下「BOKURA社」という。)がInstagram、Twitterの画像/動画自動収集ツール「groove(グルーヴ)」の提供を開始したことをお知らせいたします。
groove公式サイト http://groove.bokura.biz/
お問い合わせフォームはこちら http://bokura.biz/contact/index.html
■grooveの特徴
【ハッシュタグ収集】
指定のハッシュタグを設定して、ユーザー投稿を自動的に収集することができます。
タグを貼るだけでWEBサイトへの掲載が簡単に行えます。

【投稿画像/動画の活用】
画像はもちろん、基本機能で動画投稿も自動的に収集することができます。
マーケティング戦略に合わせて動画コンテンツとして活用することができます。

【WEBサイト掲載の検閲】
公開/非公開ボタンを設置していますので、ワンクリックで検閲操作を行うことができます。

【指定URLの設置】
ハッシュタグで自動収集した投稿に対してECサイトや商品・店舗詳細ページへのリンクを設定することができます。 投稿毎に個別に設定可能となります。 目的とするページへの導線強化に活用することができます。

【アプリへの組み込み】
WEBサイトだけでなく、アプリに組み込むことが可能となります。
投稿の表示枠も自由に設計することができます。

【レポート機能】
いいね!数やフォロー数、投稿数以外に接触頻度の高いユーザーを可視化することができます。
csvデータとして一括ダウンロードできるので、マーケティングデータとしてご活用いただけます。

【ファン候補発見】
投稿ユーザーの中から、ブランドロイヤリティの高いユーザーを見つけ出す為のサポートを行います。
該当ユーザーとインタラクティブコミュニケーションを行い、企業との距離を縮めることができます。

■開発の背景
SNSマーケティング支援させていただく中で、多くの企業担当者様とお話させていただく機会をいただきました。 担当社様のニーズに応えられる汎用性のあるソリューションとして提供させていただきます。


[画像1: https://prtimes.jp/i/18065/6/resize/d18065-6-507398-1.jpg ]



■導入後の展開について(特別パッケージプラン)
grooveのご利用から、ロイヤルカスタマーへの接触・育成をサポートさせていただきます。
最終的には、WEB/SNSコンテンツ企画から制作までをワンストップでサポートいたします。
継続的かつ強化なファンベースを構築していくプランとなります。
インフルエンサーとのコラボプランも用意しております。
[画像2: https://prtimes.jp/i/18065/6/resize/d18065-6-238140-0.jpg ]

■料金、導入までの流れ
【料金】
初月費用15万円(税別) 月額費用10万円(税別)

【導入までの流れ】
弊社サイト(http://bokura.biz/contact/index.html)の問合わせフォームより受け付けます。
※お問い合わせ、お申し込みいただきましたお客様に弊社担当より連絡させていただきます。
※最短1週間で導入可能です。

■株式会社BOKURA 会社概要
『企業と生活者の距離を縮める』をテーマに、SNSソリューションを展開。
インタラクティブコミュニケーションを軸に企業のマーケティング支援を行っています。
会社名:株式会社BOKURA(http://bokura.biz/
所在地:東京都渋谷区神宮前1-10-34 原宿コーポ別館
設立日:2015年8月
代表:代表取締役社長 宍戸崇裕



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る