• トップ
  • リリース
  • ビデオチャットプラットフォーム『FaceHub』がミドル層専用の転職サイト『ミドルの転職』に導入されました

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

ビデオチャットプラットフォーム『FaceHub』がミドル層専用の転職サイト『ミドルの転職』に導入されました

(PR TIMES) 2017年02月01日(水)17時00分配信 PR TIMES

FacePeer株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:多田英彦、以下:FacePeer)が提供するビデオチャットプラットフォーム『FaceHub』が、エン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する、ミドル層専用の転職求人サイト『ミドルの転職』( https://mid-tenshoku.com/ )に導入されました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/17335/6/resize/d17335-6-805568-0.jpg ]


■サービスの特長
1.インストール&アカウント登録不要
WEB面談用のURLを1クリックするだけでエージェントと繋がります。Webブラウザ・スマホアプリで誰でも今すぐかんたんに利用できます。

2.求人票を画面共有しながら面談
エージェントから求職者の画面に求人票などの資料をかんたんに共有できます。お互いに同じ資料や画面を確認しながら面談・説明できます。

3.WEBで対面コミュニケーション
ビデオ×ライブ映像でお互いの表情や仕草が見えるので安心して面談・相談できます。リアルさながらの対面コミュニケーションが可能です。

■FaceHubについて

[画像2: https://prtimes.jp/i/17335/6/resize/d17335-6-154091-1.jpg ]

FacePeerは「対面コミュニケーションでインターネットをもっと便利に!もっと安心に!」というミッションの下、BtoBtoCに特化した新しいビデオチャットプラットフォームとして「FaceHub」を開発し、2015年7月より提供しています。


現在、ビデオチャットを利用した類似サービスは多くありますが、そのほとんどがアプリケーションであり、ピア・ツー・ピアで提供されています。そのため、企業利用ではサービス利用時にアプリのインストールやアカウントの取得が必要になる、企業利用で必要な機能が提供されていないなどの課題を抱えています。

そこで、FaceHubではWebRTCに独自技術を掛け合わせることで、インストール&アカウント不要、URL1クリックでかんたん接続、会話内容の管理監視や録画録音、音声の自動文字起こしなどのサービス・機能をの提供を実現しました。さらに「1対1」の通信はもちろん「1対多」「多対多」の複数人での通信にも対応しているため、企業担当者と顧客のコミュニケーションにおける様々な課題を適切に解決することができます。

■お問い合わせ先
FacePeer株式会社
URL:https://www.face-peer.com/
Tel : 03-6432-9020 Mail : info@facepeer.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る