• トップ
  • リリース
  • 株式会社キャスター 大和企業投資より1億円の資金調達を実施

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社キャスター 大和企業投資より1億円の資金調達を実施

(PR TIMES) 2016年08月08日(月)11時25分配信 PR TIMES

株式会社キャスター(本社:東京都渋谷区、代表取締役:中川祥太、以下「当社」)は、当社が提供するオンラインビジネスアシスタントサービス「CasterBiz(以下「キャスタービズ」)」事業及び「remotestyle」「在宅派遣」などリモートワーカー派遣事業の拡大を目的とし、大和企業投資株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川崎 憲一)を引受先とした第三者割当増資より、総額1億円の資金調達を実施しましたのでお知らせいたします。

[画像: http://prtimes.jp/i/12003/6/resize/d12003-6-864287-1.jpg ]



■増資の目的と背景

リモートワークや在宅勤務、テレワークをとりまく環境は、就業者側の強いニーズにも関わらずマネジメント難度や制度の不整備、業務切り分けの難しさなどが浸透への足かせになっている状況でした。

キャスターは強い期待の寄せられるリモートワーク、テレワーク領域において「IT活用による在宅時間勤務マネジメントの手法」を確立させ、在宅社員化での安定的な就業形態を提供する日本初のリモートワークの人材企業となります。

現在は「経理業務、人事業務、秘書業務、Web運用業務」の4領域へサービス提供を行っており、大企業へカスタマーサポートなど大型オペレーションの提供なども増加しております。

また、専門職ニーズに応えるべく「在宅派遣」「remotestyle」などリモートワークと組み合わせた派遣型サービスの提供も開始いたしました。

 今回の増資により、「更なる拡大に向けた採用加速」と「徹底した効率化を図るシステム開発」を促進してまいります。具体的にはエンジニア及びマーケティング担当者の追加採用を行い、ユーザー分析に基づいたマーケティング施策の実行とオペレーション効率化を可能とするシステム開発をおこなってまいります。

 今後もリモートワーク、テレワーク業界の持つ課題にテクノロジーを融合させ「リモートワークを当たり前にする」というビジョンを達成すべく、成長を図ってまいります。

<サービスサイト>
CasterBiz(キャスタービズ):http://cast-er.com/
Remotestyle(リモートスタイル):http://remotestyle.cast-er.com/
在宅派遣:http://www.zaitakuhaken.com/

■ 株式会社キャスターについて
 株式会社キャスターは、2014年12月より提供を開始したオンラインアシスタント「キャスタービズ」及び2016年3月より提供を開始した「在宅派遣」「remotestyle」などリモートワーカー派遣事業を運営する企業です。

■キャスタービズについて
採用倍率100倍を超える難関をクリアした、優秀なオンラインアシスタントがあなたのビジネスをサポートいたします。人事、経理、秘書、Web運用など様様なご依頼に対応することが可能です。

■リモートスタイルについて
「RemoteStyle」はフリーランスで活躍している優秀なデザイナー/エンジニア/ディレクター/広報などに週2日〜業務を委託できるマッチングサービスです。リモートワークOK、複業OKなどフレキブルな仕事を中心に紹介しています。

■在宅派遣について
全国の優秀なリモートワーカーをご紹介可能。
選りすぐりの人材で企業の抱える様々な問題を解決いたします。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る