プレスリリース

  • 記事画像1

H2L、総額2億円の資金調達を実施

(PR TIMES) 2017年02月23日(木)10時28分配信 PR TIMES

〜VR/AR向けコントローラ「UnlimitedHand」シリーズの開発と事業展開を本格化〜

H2L株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:岩崎健一郎)は、環境エネルギー投資株式会社、ソニー株式会社のコーポレートベンチャーキャピタルであるSony Innovation Fundを引受先とした第三者割当増資により、総額2億円の資金調達を実施いたしました。
[画像: https://prtimes.jp/i/6831/6/resize/d6831-6-493751-0.jpg ]


H2Lは、これまで研究者向けに、コンピュータで人間の手指を制御する機能的電気刺激キットPossessedHandを製品化し、VR/AR向けに応用したUnlimitedHandを開発しました。2016年に販売を開始し、VR/AR分野で大きな注目を集めています。H2Lは今回調達した資金を活用し、今後成長が見込まれるVR/AR分野に向けて、「UnlimitedHand」シリーズの開発と事業展開を本格化し、ジェスチャ入出力インタフェースの世界標準を目指して行きます。

■引受先の概要(50音順)
・EEIスマートエナジー投資事業有限責任組合
本社:東京都品川区
 無限責任組合員 株式会社環境エネルギー投資
 代表取締役社長 河村 修一郎
  環境エネルギー分野に特化したVC として、リスクマネーの提供にとどまらず、ベンチャーの起業及び成長を後押しし、ベンチャー企業の創業・経営経験のあるメンバーを中心に様々な支援を行っている。主な投資領域は、スマートハウス/グリーンビル分野、太陽光・太陽熱/蓄電池・燃料電池/次世代照明・次世代空調等の需要サイド分野、次世代自動車インフラ/サービス・グリーン物流分野、ホームネットワーク・グリーンIT 分野等。

・Sony Innovation Fund
2016年7月にソニー株式会社が設立。AIやロボティクスを始めとした今後ソニーが注力する
事業領域において、優れた外部の研究者やスタートアップなどとの協業を従来以上にグローバル
に推進し、また、グループ内リソースを活用した投資先の事業成長支援などを通じて、より
オープンなエコシステムの創出を目指している。

■H2L株式会社について
2012年7月設立。米TIME誌「Best 50 Inventions 2011」に選出された発明、PossessedHandと、TechCrunch Disrupt SF 2015にて発表されたUnlimitedHandを主な製品として、遠隔地に触覚を伝える技術の研究開発を行っています。H2Lは、手の動作を検出する技術と触感を伝える技術の研究開発を積み重ねています。H2Lは、国際的なピッチコンテストであるTechCrunch Disrupt Startup Battlefieldに選出された最初の日本企業です。2016年には、ソニーの新規事業創出プログラム「Seed Acceleration Program」が主催する、スタートアップを対象としたビジネスプラン・コンペティション「Sony - Startup Switch」の第1回にて優勝いたしました。

■会社概要
社名:H2L株式会社
代表取締役:岩崎健一郎
所在地:東京都江東区青海2-7-4 the SOHO 1304
資本金:105,350,000円
事業内容:VR、ARを用いたゲームや観光などのエンターテインメントに係る事業
URL:http://h2l.jp
問い合わせ先: info@h2l.jp

UnlimitedHand: http://unlimitedhand.com

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る