• トップ
  • リリース
  • 火も水もいらない冷し中華はじめました。「流水麺」冷し中華 醤油味・ごまだれ味 新発売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

シマダヤ株式会社

火も水もいらない冷し中華はじめました。「流水麺」冷し中華 醤油味・ごまだれ味 新発売

(PR TIMES) 2017年04月03日(月)10時18分配信 PR TIMES

2017年4月3日(月)より発売開始


 シマダヤ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:木下 紀夫、以下、シマダヤ)は2017年4月3日(月)より、火も水を使わず、スープでほぐすだけですぐに食べられる「流水麺」冷し中華を発売いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/1724/6/resize/d1724-6-108095-1.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/1724/6/resize/d1724-6-139867-0.jpg ]



商品ページURL:http://www.shimadaya.co.jp/products/ryusui/

 「流水麺」は1988年の発売以来29年以上にわたりお客様から支持を得ているロングセラー商品です。今回新たに発売する「流水麺」冷し中華は、“ゆで”も“水で流す”も必要ありません。袋を開けて、添付のスープをかけてほぐすだけですぐに食べることができる、袋タイプの冷し中華です。

 ほぐれ性の高さの秘訣は、丸形タイプになった独自製法の麺にあります。従来の四角い麺線形状から丸い麺線形状に変更し、シマダヤ独自の製法と配合によるなめらかな麺を新たに開発いたしました。

 発売する種類は、すっきりとした清涼感が特徴の「醤油味」と、焙煎したごまを使用したコクと香りが特徴の「ごまだれ味」の2種類です。お好みの具をトッピングすれば、時間がない時でも簡単に本格冷し中華を味わえます。

〜「流水麺」冷し中華〜開発の背景〜

[画像3: https://prtimes.jp/i/1724/6/resize/d1724-6-907103-2.jpg ]


 従来の 生冷し中華の調理時の不満点として1.麺をゆでること2.ざるで冷すことが挙げられます。
 この生活者の不満点を解消するため「ゆでずにスープでほぐすだけで食べられる」という圧倒的簡便調理を実現した「流水麺」冷し中華を開発致しました。この「流水麺」で冷し中華市場の拡大を図ります。

【商品特長】
・“ゆで”も”水すすぎ”も必要なし!スープをかけてほぐすだけで食べられる冷し中華
・国産小麦粉100%、シマダヤ独自の製法で実現した「ほぐれる麺」
・すっきりした清涼感の「醤油味」と焙煎ごまのコクと香りの「ごまだれ味」の2種類の味
・消費期間はおいしさそのままで買い置きできる6日間

【商品詳細】「流水麺」冷し中華

[画像4: https://prtimes.jp/i/1724/6/resize/d1724-6-108095-1.jpg ]


「流水麺」冷し中華 醤油味 2食
めん重量:180g×2
消費期限:6日間
希望本体価格:300円(税抜)
発売日:4月3日(月)
販売エリア:関東・甲信越・静岡・東北・北陸・中京・近畿・中国・四国
国産小麦粉を使用したのどごしなめらかな中華めんに、すっきりとした清涼感が特徴の醤油ベースのスープをかけてほぐすだけで食べられる冷し中華です。


[画像5: https://prtimes.jp/i/1724/6/resize/d1724-6-139867-0.jpg ]


「流水麺」冷し中華 ごまだれ味 2食
めん重量:180g×2
消費期限:6日間
希望本体価格:300円(税抜)
発売日:4月3日(月)
販売エリア:関東・甲信越・静岡・東北・北陸・中京・近畿・中国・四国
国産小麦粉を使用したのどごしなめらかな中華めんに、焙煎したごまの風味と香り、コクが特徴のごまだれベースのスープをかけてほぐすだけで食べられる冷し中華です。

今後もシマダヤはお客様のニーズにマッチした新商品を提供してまいります。


会社概要 シマダヤ株式会社
設立:1949年3月(創業1931年)
代表取締役社長:木下 紀夫
本社所在地:東京都渋谷区恵比寿西1-33-11
事業内容:麺類及び関連食料品の製造及び販売

(一般の方の問い合わせ先)
シマダヤ株式会社 お客様相談室
150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-33-11
TEL 0120-014-303
受付時間:9:00〜17:00 (土日・祝日・年末年始を除く)



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る