• トップ
  • リリース
  • グリーン・ヒルズ・ソフトウェアとArcherMind Technology (Nanjing) Co., Ltd.、協業を開始

プレスリリース

Green Hills Software Ltd

グリーン・ヒルズ・ソフトウェアとArcherMind Technology (Nanjing) Co., Ltd.、協業を開始

(PR TIMES) 2019年05月20日(月)12時40分配信 PR TIMES

GHSは、自社のINTEGRITY RTOSの顧客と連携するVAI (Value-Added Integrator) に、ArcherMind Technlogyを追加


[画像: https://prtimes.jp/i/43181/5/resize/d43181-5-115404-0.jpg ]



組込み向け安全性・セキュリティ分野の世界的トップ企業である、グリーン・ヒルズ・ソフトウェア (Green Hills Software、本社: 米カリフォルニア州サンタバーバラ、以下: GHS)は、業界をリードするエンジニアリング・サービスを提供するArcherMind Technology (Nanjing) Co., Ltd. (以下: ArcherMind Technology)がGHSのINTEGRITY RTOSおよびINTEGRITY Multivisor仮想化ソリューション向けの、公式VAI(Value-Added Integrator)に加わったことを発表しました。ArcherMind TechnologyとGHSが緊密に協力することで、中国および日本の共通の顧客へのINTEGRITY RTOSボード・サポート・パッケージ(BSP)のエンジニアリングおよびカスタマーサポートサービスの提供が可能となります。

車のコックピットは将来、インフォテインメント、クラスタ、ナビゲーションを含む広範なグラフィック情報の表示とドライバモニターやドライバーアシスタンス情報、他の安全関連の機能などの追加サービスを、同時に行うようになります。GHSのINTEGRITY RTOSおよびINTEGRITY Multivisor仮想化ソリューションは、ISO26262 ASIL Dをはじめとする要求の厳しい自動車業界の機能安全規格を取得しており、自動車メーカーの高性能や安全性に対する最も厳しい要求を満たし、完全に統合されたシングルチップのコックピット・ソリューションの開発を可能にします。ADAS(Advanced Driving Assistance Systems)や半自立走行システムが、車の設計においてますます普及するにつれて、安全面においても有益で楽しい運転経験においても、より多くの情報をドライバに提供するニーズが高まっています。

安全性の認証を受けているGHSのINTEGRITY RTOSおよびINTEGRITY Multivisor仮想化ソリューションをAndroid Automotiveなどの既存の汎用オペレーティングシステムと組み合わせることで、自動車メーカーが両方のメリットをシングルチップ上に実現することを可能にします。ArcherMind Technologyの統合されたコックピット設計の経験とGHSの先進的な安全ソリューションの設計における専門知識を組み合わせることで、国内自動車メーカー(OEM)とサプライヤ(Tier 1)は、最も複雑かつ要求の厳しい安全システムを構築するために、国内最高レベルの組込みソフトウェア・エンジニアとの協業が可能です。

ArcherMind Technologyで社長を務めるWang Jiping氏は次のように述べています。「ArcherMind Technologyは、自動車向けソフトウェア・サービスを提供しています。近年、コックピットがより多機能になり、インテリジェント化していく中で、ソフトウェアはますます重要な役割を担うことが期待されています。Green Hills Softwareとの新しいVAIパートナー契約の一環として、AndroidおよびLinux OSソフトウェアエンジニアリングにおける13年以上の経験を、GHSのINTEGRITY Multivisorと共に活用することで、Archermind Technologyはスマートコックピットの発展に貢献できると考えています。GHSと共に、世界中の人々のために完璧なスマートコックピットを作り出せることを楽しみにしています」

GHSで、アジア太平洋地区オペレーション担当バイスプレジデントを務めるマシュー・スレイガーは、次のように述べています。「GHSは、ArcherMind Technologyとの協業を大変嬉しく思います。すでに中国と日本のさまざまな自動車産業の機会をサポートするために彼らとの協業を開始しています。これら地域の顧客にエンジニアリング・サービスを提供してきたArchermind Technologyの経験が、安全な製品を製造し、スケジュール通りに市場投入するのに必要なリソースを予算内に確保することを可能にします。お客様が市場で最先端技術の安全性に優れた自動車を製造するために、ArcherMind Technologyとともに尽力していきます」

ArcherMind Technology (Nanjing) Co., Ltd.について
2006年に設立されたArcherMind Technology (Nanjing) Co., Ltd.は、業界を代表するインテリジェント技術の専門家として、スマートフォン、インテリジェントカー、インテリジェントハードウェア並びにモバイルインターネットに注力し、世界中の顧客に完全なライフサイクル・ソリューションの提供を行っています。ArcherMind Technologyは中国・南京に本社を置き、成都、武漢、西安、蕪湖に研究開発(R&D)、北京、上海ならびに米国、ドイツ、日本、インドなど国内外の重要地域に技術サービス拠点を置いています。ArcherMindは、世界的に有名なモバイルチップ、モバイルターミナル機器、自動車並びにモバイル向けインターネット・メーカと、長期的かつ安定した協力関係を築いています。ArcherMind Technologyは、CMMI 5、ISO 27001、システム統合レベル2、品質、情報セキュリティ、環境、労働安全衛生およびその他の管理システムの認証を取得しています。

グリーン・ヒルズ・ソフトウェアについて
1982年に創業したグリーン・ヒルズ・ソフトウェア(Green Hills Software、以下: GHS)は組み込み分野においての安全性とセキュリティに関して世界的なリーダーです。2008年に開発したGHSのINTEGRITY(R)-178は、NIAP(NSAとNISTで構成のNational Information Assurance Partnership、国家情報保証パートナーシップ)からセキュリティ規格EAL6+のHigh Robustnessの認定を受けた最初にして唯一のオペレーティングシステムとして、これまでのあらゆるソフトウェア製品の中で最高レベルのセキュリティを実現しています。GHSのオープン・アーキテクチャー統合開発ソリューションは、機能安全認証が必要な軍事・航空、医療、工業、自動車、ネットワーク、コンシューマーその他マーケット向けの高度な組み込み型で絶対的な安全性を持ち、高い信頼性のアプリケーションに対応します。本社は米カリフォルニア州サンタバーバラ、欧州本社は英国にあり、アジアパシフィック(APAC)の本社は東京にあります。GHSの詳細は www.ghs.com をご参照ください。

Green Hills、Green Hillsロゴ、及びINTEGRITYは、米国内外においてGreen Hills Softwareの商標もしくは登録商標です。他のすべての商標はそれぞれの所有者の所有物です。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る