• トップ
  • リリース
  • Luminar 4.2は、空をベースにした合成写真でクリエイティビティの扉を開く

プレスリリース

Skylum Software USA, Inc.,

Luminar 4.2は、空をベースにした合成写真でクリエイティビティの扉を開く

(PR TIMES) 2020年03月20日(金)11時25分配信 PR TIMES

新機能AIオーグメンテッド・スカイにより、ユーザーは個性的かつ唯一無二のデジタルアート作品を作成できます。

NEW YORK, NY - March 19, 2020 - ニューヨーク州、ニューヨーク - 2020年3月11日 - 本日、Skylumは同社の主力製品であるLuminarバージョン4.2の最新アップデートを発表しました。全Luminar 4ユーザー用のこの無料アップデートには、アプリケーション全体にわたる重要な機能強化に加えて、素晴らしいデジタルアートの作成を可能にする新機能「AI 空の拡張」が含まれています。
[画像1: https://prtimes.jp/i/40209/5/resize/d40209-5-311940-5.jpg ]


Luminarは、その一流の写真編集能力を保ちながらもクリエイティブな機能をさらに進化させ、アーティストは新しく、楽しく、型破りな方法で画像を編集できるようになりました。
新しいAIオーグメンテッド・スカイツールは、ユーザー独自のデジタルアート作成を支援し、写真を新たな高みへと導きます。このツールを使用すると、ユーザーはさまざまなオブジェクトを写真の空に直接配置できるため、リアルな風景を作成したり、おとぎ話のような世界を演出したりできます。

新しい「AI 空の拡張」
Luminar 4.2の[クリエイティブ]タブには、新機能「AI 空の拡張」ツールが追加されています。これにより、Luminarデータベースからオブジェクトを選択したり、独自のオブジェクトを使用できます。木や建物のような複雑な背景を持つ写真であっても、マスキングやレイヤーを使用する必要はありません。オブジェクトは写真にシームレスに収まり、リアルな表現をもたらします。


「AI 空の拡張」は、写真の空を自動的に検出し、選択した要素を空の部分に追加します。対象物認識テクノロジーのおかげで、前景オブジェクトは自動的に考慮され、オブジェクトを空に自然に融合させます。また、配置をより精密に制御したい場合は、空の部分の周囲に新しい要素を簡単にドラッグすることができます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/40209/5/resize/d40209-5-549295-2.jpg ]


Skylumの共同創立者兼最高製品責任者ディマ・シトニックは、次のように語っています。「ユーザーの方々がAI空の拡張を用いてデジタルアートを作成する様子を見るのが本当に楽しみです。AI空の拡張は、写真の空にある月を動かすといった微調整から、写真の風景をがらりと変えることにまで、幅広く使用できます。その可能性はまさに無限大です!」
[画像3: https://prtimes.jp/i/40209/5/resize/d40209-5-370226-3.jpg ]


ポートレートツールの新たなる機能強化
画期的な自動顔検出テクノロジーを利用することで、Luminar 4.2はより効果的にスリムな顔を実現するのみならず、過度に明るい部分の修正もできるようになりました。

「顔特徴検出ニューラルネットワーク」の新しいアーキテクチャにより、Luminar 4.2はポートレートの強化に関してより優れた自動化システムを提供します。このテクノロジーは、あらゆる位置のさまざまなパターンの顔を検出するように意図されており、頭部の傾き、特殊な角度、明るすぎる部分、隠れてしまった部分、化粧の濃さなども考慮します。また、肌の色合いや年齢に関係なく、集合写真のすべての顔を見分けることができます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/40209/5/resize/d40209-5-976135-4.jpg ]


AIスキン・エンハンスメントツールには、てかり除去テクノロジーの新しいオプションが加わりました。この新しいオプションを使用すると、額や頬の過度のてかりを抑え、より美しい写真を作成できます。それは、過度に光が当たった顔の部分を修正するように機能します。リアルな肌を自動的に生成し、顔の他の部分と調和させます。
AIポートレート・エンハンサーには、改良されたスリムフェイス2.0テクノロジーも搭載されています。Luminar 4.2以前は、顔のスリム化は顔の下部にしか機能せず、時折リアルさと程遠い修正をしてしまう原因となっていました。スリムフェイス2.0は、顔全体を比例的に小さく、自然な形でスリムにし、ユーザーはよりリアルで優れた修正結果を得ることができます。

Luminar 4.2のその他の改善点
Luminar 4.2では、「AI 空の拡張」とLuminarのポートレートツールの新しい機能強化に加え、いくつかのツールのアップグレードとパフォーマンスのアップデートが行われました:

AIスカイ・リプレースメントツールの中にあるのは、改良された「リライト・シーンテクノロジー」です。Luminar 4.2以前では、AIスカイ・リプレースメントが、まれに鮮明な明るいオブジェクトのような、黄色のリアルでない光を与えてしまうことがありました。「リライト・シーンテクノロジー」はこの問題を解決する機能であり、カメラで最初に補足した時の色を保持します。

MLキャッシュも改善されており、マシンのプロセッサとのやり取りの効率と速度が向上しています。

また、Windowsユーザーには、以下の特有のアップデートがなされています:

プレビュー・プリセット・マルチスレッド - マルチコアシステムの場合、プレビューの生成が促進され、表示と使用がより速く、より快適になりました。
サードパーティ・プラグインの実装 - 人気のプラグインを使用できるようになりました。現時点では、Aurora HDR、DxO Nik Collectionファミリー、Topazプラグインコレクションといったプラグインがサポートされています。


[動画: https://www.youtube.com/watch?v=cfDXZOXcHCY ]



機械学習の先駆的存在に
Skylumは、Luminar 4.2のアップデートにより、引き続き最先端の機械学習機能を向上させました。「AI 空の拡張」機能により、ユーザーはユニークなデジタルアートを作成でき、ポートレートツールの向上により、写真をよりリアルに調整できるようになります。

Luminar 4ユーザーの方々は、Luminar 4.2に無料でアップデートすることができます。Macでは、トップメニューバーをクリックし、[Luminar 4] > [アップデートをチェック]を選択します。Mac App Storeから購入した場合は、App Storeを開いて[アップデート]タブに移動するだけです。Windowsでは、トップメニューバーをクリックし、[ヘルプ] > [アップデートをチェック]を選択します。

Photoshop、Lightroom Classic、Photoshop ElementsでLuminarをプラグインとして実行している場合は、プラグインインストーラを再起動することをお勧めします。

拡張ユーザーマニュアルも追加されており、ユーザーのソフトウェアに対する疑問の答えを検索するのがこれまで以上に簡単になりました。

今すぐLuminar 4を入手しましょう!
期間限定で、Luminar 4を10560円で購入し、インスピレーションLooksパック(6640円相当)を無料で入手しましょう!あるいは、Luminar 4、インスピレーションLooksパック、カリフォルニアの夕焼け空のパックを含む「プラスエディション」に11800円でアップグレードすることもできます。さらに、わずか20000円でLuminar 4、インスピレーションLooks、カリフォルニアの夕焼けパック、Aurora HDR 2019を入手することもできます。

skylum.comでLuminar 4の詳細情報を入手し、購入を検討してみてください。

Skylum Softwareについて
Skylumは、アメリカ合衆国のニューヨーク、 ウクライナのキエフ、日本の東京にオフィスを構える国際的な画像テクノロジー企業です。Skylumの製品は、何百万人もの写真家たちが高品質な画像を素早く作ることを可能にし、すべてのクリエイティブな操作を人の手に委ねつつ、人工知能の力で写真編集を自動化します。Skylumチームは、レッド・ドット賞、Appleの年間最優秀賞、TIPAとEISAの「Best Imaging Software」賞およびその他の業界トップクラスの賞を受賞しています。Skylumの詳細情報については、http://skylum.comをご覧ください。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る