• トップ
  • リリース
  • BeLL Wallet/ベルウォレット IEO実施が決定。世界で一番安全で便利なウォレットを目指す

プレスリリース

BeLL Wallet/ベルウォレット IEO実施が決定。世界で一番安全で便利なウォレットを目指す

(PR TIMES) 2019年07月18日(木)15時40分配信 PR TIMES

保険機能、遺産相続が可能なBeLL Walletはトルコ最大の取引所、SistemkoinにてIEOを実施する。IEO実施に伴いパートナーシップ契約を締結した。
[画像1: https://prtimes.jp/i/40117/5/resize/d40117-5-532829-0.jpg ]

■Sistemkoin
https://sistemkoin.com/ieo

IEO完了後はSistemkoinに上場予定。

■IEO実施期間

2019年8月8日~2019年8月31日

※販売予定数量を超え次第早期終了となります。

■IEOリリース動画
https://youtu.be/TgoE3P0WhfE

■BeLL Wallet / ベルウォレットとは

BeLL Walletは100%安全な資産管理、仮想通貨ウォレットの完成形を作ることを目的としています。

「世界で一番安全で便利なウォレット」と呼ばれることを目指しています。

「保険機能付きのウォレット」「遺産相続が可能なウォレット」「共同所有が可能なウォレット」が主な特徴で仮想通貨の問題点をカバーしたウォレットとして注目されている。

[画像2: https://prtimes.jp/i/40117/5/resize/d40117-5-159724-1.jpg ]



1・保険機能付きのウォレット

一般的なウォレットで保管する際、管理責任は100%個人 にあり、
アクセスできなくなった場合は、資産は戻って こないリスクが常にあります。
BeLL Walletはそれらのリスクを回避でき、資産が安全に 守られるウォレットです。

2・遺産相続が可能なウォレット
ウォレットの所有者は条件を設定することで、所有者に何か起きた際、指定した人がウォレットにアクセスできます。

3・共同所有が可能なウォレット
多くのウォレットはID, PASSさえ知っていれば誰でもアクセスができてしまいます。法人で仮想通貨資産を管理する場合、一般的なウォレットや取引所アカウントは一個人の意思のみで資産を動かす ことができ、様々なリスクが伴います。BeLL Walletでは、指定した複数の認証がないと資産の引き出しができないように設定することが可能です。

■IEOとは
IEOはInitial Exchange Offering の略称で、ブロックチェーンプロジェクトが発行するトークンを、
取引所がプロジェクトの信用性、チーム、実現性を調査し、取引所公認のもと販売される仕組み。

実現性のないプロジェクトの取り扱いは取引所の信用を落とすことになるため、調査は慎重に行われています。

■チームコメント
私達は世界で一番安全なウォレットを作ることを目的にしています。
この業界がさらに発展するためには必ず必要なことです。

保険機能、遺産相続、共同所有で大切な資産を守ります。

このプロジェクトを成功させるには、皆さんの協力が必要です。
この業界を自分達の力で発展させ、より便利で安全な世界を一緒に作っていきましょう。


■公式サイト
http://bellwallet.io/

■YouTube
https://youtu.be/TgoE3P0WhfE

■ホワイトペーパー
https://bellwallet.io/japan.pdf

■BeLLBitcointalk
https://bitcointalk.org/index.php?topic=5090103

■BeLL Twitter
https://twitter.com/BeLLPlatform

■BeLL Telegram
https://t.me/BeLLPlatform

■BeLL Facebook
https://www.facebook.com/BeLLPlatform.Version1.01

■BeLL Medium
https://medium.com/bellplatform



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る