• トップ
  • リリース
  • 実は日本酒ファン!ラベルに似顔絵をあしらった「エド・シーランボトル」の「純米吟醸酒」と「スパークリングSAKE」の2種類を4月8日(月)より限定発売開始!

プレスリリース

小西酒造株式会社

実は日本酒ファン!ラベルに似顔絵をあしらった「エド・シーランボトル」の「純米吟醸酒」と「スパークリングSAKE」の2種類を4月8日(月)より限定発売開始!

(PR TIMES) 2019年04月03日(水)19時40分配信 PR TIMES

エド・シーラン来日記念!!


 小西酒造株式会社(代表取締役社長:小西新太郎、所在地:兵庫県伊丹市)は、この度、4月9日(火)・23日(火)の来日公演を記念し、「エド・シーランボトル」の日本酒2種類の数量限定発売を4月8日(月)より開始します。

 エド・シーランは、2011年のデビューから類まれなる楽曲のセンスで世界中を魅了してきたシンガーソングライターです。このたびの「エド・シーランボトル」は、今回「Ed Sheeran DIVIDE WORLD TOUR 2019(エド・シーラン ディバイド ワールドツアー 2019)」で日本を訪れるエド・シーランが大の日本食、日本酒のファンであることから、小西酒造とのコラボレーションを快く承諾いただいたことにより実現した記念商品です。

 ラベルにはご本人の似顔絵をあしらい、「ED SHEERAN 純米吟醸」は1stアルバム『+(プラス)』のジャケットカラーのオレンジを、そして「ED SHEERAN スパークリング」はCDアルバム『÷(ディバイド)』のジャケットカラーのブルーを用いています。さらにエド・シーランの愛猫の手も描かれた温かみの溢れるデザインとなっています。

『ED SHEERAN 純米吟醸 720ML瓶詰』
きれいでなめらかな口あたりと、純米吟醸らしいおだやかな香りとキレを持ち合わせたお酒です。
[画像1: https://prtimes.jp/i/34837/5/resize/d34837-5-330371-1.jpg ]


[商品データ]
メーカー参考小売価格:2,000円(消費税別)
酒質:純米吟醸酒
原材料名:米(国産)、米こうじ(国産米)
アルコール度数:15度以上16度未満
日本酒度:+2
容量:720ML瓶詰
店頭展開開始時期:2019年4月8日(月)
販売先:イオン 他
数量:3,000本(初回予定数)

『ED SHEERAN スパークリング 720ML瓶詰』
フルーティな香りと爽やかな酸味と甘みのバランスがとれた発泡性の日本酒です。
[画像2: https://prtimes.jp/i/34837/5/resize/d34837-5-891038-2.jpg ]


[商品データ]
メーカー参考小売価格:2,000円(消費税別)
酒質:清酒(発泡性)
原材料名:米(国産)、米こうじ(国産米)/炭酸ガス
アルコール度数:9度以上10度未満
日本酒度:11
容量:720ML瓶詰
店頭展開開始時期:2019年4月8日(月)
販売先:イオン 他
数量:3,000本(初回予定数)

小西酒造URL:http://www.konishi.co.jp

■エド・シーラン プロフィール
1991年生まれ。ロンドンで数多くのライヴを繰り返しながら、2011年9月に『+(プラス)』でアルバム・デビュー。 英国だけでなく、欧州や豪のほか、北米や日本でも大ヒット。 ブリット・アワード2012では男性ソロ部門と新人賞の2冠を達成する。 FUJI ROCK2012では収容人数4万人以上のグリーンステージに大抜擢。 巨大なグリーンステージにアコースティック・ギター1本だけを抱えて登場し、喝采を浴びた。 2014年の2ndアルバム『x(マルティプライ)』が全英・米1位(英アルバムチャート13週連続で第1位)となり、“2014年、世界で最も多くのセールスを記録した男性ソロ・アーティスト”の称号を得る。
[画像3: https://prtimes.jp/i/34837/5/resize/d34837-5-259894-0.jpg ]

★エド・シーラン「ディバイド ワールド ツアー 2019」来日公演情報
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b1824661



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る